最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最初からずっと独学で行っているのはすごいけど…。

2017-06-10 12:40:04 | 日記

従前は合格率の数字が10%強あった行政書士試験だったけれど、現在、ダウンし一桁のパーセンテージであり続けています。合格率一桁台であると、高い難易度とされる難関国家資格として、広く認識されます。
最初からずっと独学で行っているのはすごいけど、科目勉強の時間配分や学習スタイルに対することなど、気がかりに感じるといった時なんかは、行政書士試験対象の通信講座に頼るのも、1つのパターンなんではないかと思っています。
日中会社に通勤しながら資格をとるための勉強をして、どうにか3度の受験で行政書士に合格することが実現した、わたくし自らの受験を思い返しても、従前以上に難易度は、明らかにアップしてきていると思っています。
現実30万円以上から、あるいは50万円〜必要な、行政書士専門の通信講座というのもしばしば見かけます。それに関しては受講契約の期間も、1年以上継続の長い期間のコースとなっている場合が、多々見られます。
合格率の割合が7%程度と、行政書士試験についてはかなり難易度の高い国家試験です。ただし、過度に構えることはございません。全力を注げば、老若男女誰にでも必ずや合格は目指せるでしょう。

実際行政書士試験に関しては、各々の科目あたり2時間しか受験する時間がありません。その中にて、合格域に入る点数を目指さなければいけないため、やっぱり要領の良さは必要であります。
ずっと昔から、法令知識皆無のレベルから取り掛かり、行政書士試験合格に絶対に要る合計の勉強時間は、少なくとも「3000時間位」とされています。現実を見ても、一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、約3000時間くらいとなります。
実際数多くの受験生は、しばしば見聞きする会社であるため安心といった、何の根拠も存在しないハッキリしない事由で、安易に通信教育を選んでしまいます。けれども、そんなものじゃ高い難易度を誇る行政書士に、合格することは難しいでしょう。
基本5つの科目合格に辿り着くまで、長いスパンを要する行政書士資格取得試験では、勉強を続ける時間を確保できる環境が整っているかが、重要なポイントになり、その中でも通信教育講座は、一段とそれが関係してきます。
実際送られてきたDVD映像や、本を見ての学習方法に、少なからず不安になってしまうのですが、実際通信講座を活用して、行政書士の国家資格を得た先駆者も大勢いますし、独学で行うよりかは、ベターなのではと考えております。

一般的に消費税法については、行政書士試験の主要科目の中では、あんまりレベルの高い難易度ではなくって、簿記の基礎の学識をちゃんと持ち合わせておくことで、他よりも容易く、合格点数のボーダーを越すということが可能になるといえます。
従来より毎年、2〜3万名ぐらいが受験を行い、多くとも900人少々しか、合格に至れません。この1部分をピックアップしても、行政書士試験難易度が超高いというのがみてとれます。
練習問題によりより深く理解してしっかり基礎を固めた後、現実的な総括問題へと切り替える、王道的な勉強法でやるのが、行政書士試験の内におけます簿記論に向けては、効果が期待できるみたいです。
実際に日商簿記資格1級や2級を独学の勉強法で、合格をゲットされた受験生ならば、行政書士試験での試験科目の簿記論かつ財務諸表論の2つの科目に関しましては、同じく完全独学で合格を目指すといったことも、なしえないことではないのではないでしょうか。
日本でも上位の難易度を誇っている行政書士試験に関しましては、全11科目の法律の範囲よりいろんな問題が出題されるので、合格に至るまでには、長きにわたる学習時間が欠かせません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士試験の簿記論につい... | トップ | 弁護士の役目をする街の法律... »

日記」カテゴリの最新記事