最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほぼ独学でやっていて…。

2017-06-28 21:30:02 | 日記

ほぼ独学でやっていて、勉強にあてる時間の管理や勉強スタイルなどに対して、不安な点があるなどの折には、行政書士試験に的を絞った通信講座を受講してみるのも、1種のアプローチ法かと考えます。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは行政書士事務所にて、いろんな経験を積み増しながら、確実にしっかり学ぶとの考えの人なら、通信講座の勉強法が1番合っているだろうと思います。
様々な資格講座が用意されているユーキャンの行政書士コースについては、毎年概ね2万人程度が受けており、そんなに学識が無い人の場合であれど、辛抱強く資格取得を実現する勉強法を自分のものにできるといった、頼りになる通信講座です。
大半の資格取得学校につきましては、行政書士用の通信教育が取り扱われています。そうした中には、iPodなどの携帯型デジタルプレーヤーなどを用いて、時代に沿った新しい通信教育を実施している、資格取得学校も存在します。
現場において「法律的に考える力が備わっている人」であるかどうであるのかといったことを確かめるような、超難易度の上がった試験になりつつあるのが、ここ最近の行政書士試験の実際の様子というように思います。

基本行政書士は、誰にも頼らず独学であろうと合格可能な資格の一つといわれています。なかんずく現在、会社員として勤務している人が前向きな姿勢で挑む資格としては期待大でありますが、それと同時に高難易度とされております。
法人の所得税について定められている法人税法は、法人として事業を行っていくにあたり、決して欠かすことの出来ないベースの知識でございます。だけど、暗記事項が多量あることにより、行政書士試験の科目の中で1番の壁等と表現されていたりしています。
一般的に法律系の国家資格であり、専門知識が要求される職務を果たす、行政書士&行政書士ですけれども、難易度のレベルは行政書士の方が難関で、そしてまた執り行う業務の詳細にも、大分差異があります。
難易度高の税法教科の「理論暗記」を主に、行政書士試験の効率のいい勉強法、加えて脳を鍛えるトレーニング方法、速聴・速読技術等についても徹底的に追求!他暗記法の秘訣であるとか、勉強に、便利で価値あるお役立ちアイテムなどなどを多種多様にお教えします!
国家資格試験の行政書士試験の合格率に関しましては、大体10%ほどと、物凄く難関と言われております割には、合格率が高めとなっています。ただし、一度の挑戦で合格するのは、ほぼ完全に0%だということがわかっています。

言うまでも無く、行政書士試験に挑戦する場合には、中途半端な取り組みであったら良い成果を得ることが出来ない、凄くハードルが高い試験であると痛感しております。言ってしまえば確保できる大事な時間を最大限に利用して試験勉強に励んだ受験生が、合格を実現できる実力勝負の試験とされています。
原則的に科目合格制というシステムが採用されていることから、行政書士試験は、会社勤めしている人等も受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験勉強期間が長期にわたる風潮があったりします。よって先輩合格者方の行ってきた勉強法を実践してみることも有効です。
各々の教科の合格率のパーセンテージは、ザッと10%強というように、全科目ともに高い難易度とされる行政書士試験は、科目合格制となっておりますため、仕事しつつ合格を現実にすることが可能な、資格でございます。
講義を収録したDVDや、テキストを活用しての勉強方法に、少々不安になってしまうのですが、現実的に通信講座を活用して、行政書士国家資格を獲得したという人達も数多く存在しておりますし、独学する選択をとるよりも、合格への道が近いと思うようにしています。
実際に合格率が10%以下と、行政書士試験は他の資格よりも難易度のキツイ試験の一つです。しかしながら、行過ぎるくらい恐れる必要はございませんよ。効率的に勉強をしていくことで、どんな人でも確かに合格は切り開けます!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超難関資格試験と聞こえが高... | トップ | 昔は行政書士試験の受験は…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL