最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

超難関資格試験と聞こえが高い行政書士試験に挑戦する際は…。

2017-06-28 16:20:02 | 日記

通信教育(通信講座)だと、行政書士試験に集中した対策を万全にした、資格取得向けの教材(テキスト・DVDなど)があるため、独学で行うよりも学習一連の流れが習得しやすく、勉強に取り組みやすいと言えるでしょう。
超難関資格試験と聞こえが高い行政書士試験に挑戦する際は、生半可な姿勢では合格は絶対に不可能であります。そしてイチから独学で合格しようとするのは、本気で取り組まなければいけません。受験生の皆様にちょっぴりであれどお役に立つサイトになるならとても幸せです。
科目による合格率の割合は、大よそ10%くらいと、どの科目とも難易度が高度な行政書士試験は、科目合格制度が採用されているので、勤務しながら合格できる、資格です。
毎年全教科の合格率のトータル平均は、おおよそ10〜12%で、他にある難関といわれる資格よりも、合格率が若干高いように見えますが、これに関しては教科毎の合格率であるわけで、行政書士試験丸ごとの合格率ではないので、頭に置いておくように。
普段からいろんな事柄に「法令を基に問題に接することが可能である人」かそうでないのかをまるで問われるような、すこぶる難易度高の国家試験にチェンジしてきたのが、昨今の行政書士試験の実態ではないでしょうか。

受講代金が少なくとも30万円以上、コースによっては50万を超える額の、行政書士を対象としている通信講座も珍しくないものです。これに関しましては受講スパンも、1年以上継続の長期にわたるコースとなっている場合が、普通にあります。
近年、行政書士試験における合格率は、たった2〜3%です。勉強にあてる総時間数との相互関係を見てみますと、行政書士資格試験がどのくらい高い難度であるかご想像いただけるかと思われます。
実際に9月位から、来期の行政書士試験に照準を合わせて支度しはじめる受験生たちなんかも、数多くいるんではないでしょうか。およそ1年強長く続く受験学習では、本人に適切な勉強法を編み出すオリジナリティも必須といえます。
的外れな勉強法で取り掛かり、ハードな道に行ってしまうのは非常にもったいないことです。是非とも最善の手立てで短い年数で合格を成し遂げ、行政書士になる夢を叶えましょう。
実際に講座を学ぶことができる学校もスタイルもともに色んなものがあります。なので、様々な行政書士の資格取得講座の中にて、多忙な方であっても学習できる、通信講座を実施しております専門学校の比較をしました。

学習のための時間が毎日一杯つくることができます受験生の方は、基本の勉強法をやり続けることにより、行政書士試験に合格する可能性が高いですが、毎日何やかやと多忙を極めている人にとりましては、最善な方策とは断言できません。
簡単に言いますならば「足切り点」(定められた基準点)という厳しい仕組みが、行政書士試験には存在しております。簡単に言うならば、「規準点未満なら、落ちてしまいますよ」なんていう数字が定められているんです。
一般的に高難度とされております行政書士試験の難易度というのは、とっても厳しく、合格率の数値も多くとも3パーセントと、法律関係の国家資格の中におきましても、上位を誇っている難関の試験となっています。
世間一般的に行政書士試験は、受験者の合格率が6%ぐらいとなっておりますので、実用的な事務系資格の内では、ハードルが高い資格と言えます。ですけど、全部の問題中最低6割正解できたら、絶対に合格実現できます。
各年、2万名〜3万名程度の方たちが受験をして、ほんの600人〜多くて900人ほどしか、合格を勝ち取ることが出来ません。その1点を鑑みても、行政書士試験の難易度が高度であるのかがわかってしまいます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高い難易度の資格試験と知ら... | トップ | ほぼ独学でやっていて…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL