最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

すなわち行政書士試験については…。

2017-06-30 20:20:00 | 日記

はじめから会計事務所とか行政書士事務所で働いて、実戦での経験を積んでいきながら、長期間かけて勉強を行うような人のケースですと、どちらかといって通信講座(通信教育)がピッタリ合っているといえるでしょう。
平成18年度に入ってから、行政書士試験の問題内容は、グンと訂正されました。例えば法令科目が、重点を置かれるようになって、多肢択一の問題であったり、論述式問題のような思考&記述力が試される新たな問題等も見られるようになっています。
大概の専門学校・スクールには、行政書士資格取得の通信教育が開催されています。それらの内には、iPodなどの携帯型デジタルプレーヤーなどを用いて、時代に即した新たな通信教育サービスを展開している、資格学校や専門学校等もございます。
言ってしまえば試験での点数には「足切り点」といいます基準点制度が、行政書士試験にあり大きな特徴です。つまりは、「定められた点に届いていないと、通過できずに不合格となりますよ」といった点数というものが設けられているのです。
効率の悪い勉強法で行い、ハードな道に行ってしまうことほど、残念なことはありません。とにかく能率的な手立てで短期間にて合格を手にして、行政書士になる夢を叶えましょう。

日本の国家資格のうちでも最上の難易度として名高い行政書士試験の内容は、11分野の科目の法律から幅広い問題が出されるから、合格するまでには、長期に及ぶ勉強時間が欠かせません。
すなわち行政書士試験については、行政書士を生業にするために絶対に必要な専門的な学識、かつそのことの応用能力の有無を、品定めすることを基本目的として、執行する門戸の狭い国家試験です。
一般的に簿記論は、会得しないといけない中身は実に多々ですが、100パーセントの確率で計算問題が主要で作り上げられておりますから、行政書士にとっては、割合独学で挑戦したとしましても、学習しやすい科目にあげられます。
こちらのサイトは、現役のプロの行政書士が、行政書士試験の能率的な勉強法を色々紹介して、且つ沢山の行政書士資格の通信講座の評判、口コミ投稿etc.の情報をコレクトし、まとめたホームページです。
たった一人で独学により学習するほど、大きな自信は持ち合わせていませんが、もし自分のペースにてコツコツ勉学に励みたいといった人でしたら、やっぱり行政書士向けの通信講座を受講した方が、条件に適う勉強法であるといえるでしょう。

ユーキャンが提供している行政書士向けの講座は、毎年ざっと2万人ぐらいから利用登録されていて、ほとんど予備知識がない受験生だったとしても、根気よく資格をとることが出来るまでの手順を身に付けられる、是非活用したい通信講座とされています。
実のところ、全般的に行政書士になろうとする場合におきましては、オール独学で合格実現を目指す人がそんなにいないといったこともあって、他にある受験と比較してみると、役立ちそうな市販の参考書などもそんなに、取り揃っておりません。
実際に合格率のパーセンテージは、行政書士国家資格試験の難易度具合が理解できる確たる指標の1つですが、近年においては、この比率が間違いなく下向きで、大勢の受験生達から注目を集めております。
一般的に平均の合格率が約7%と言われますと、行政書士の資格試験についてはとっても難易度が高度そうですが、絶対評価による達成点数の全体のうちの60%以上の問題が合ったならば、合格を勝ち取ることは絶対に大丈夫です。
現今の行政書士試験については、基本的には筆記で解答する問題しか用意されていないと、考えていいです。その理由は、面接官との口述試験は、9割の確率で落ちるはずがない簡単な試験だからです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 当ウェブサイトは…。 | トップ | 世間一般的に行政書士につい... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL