最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無論行政書士試験を独学スタイルで通すのは…。

2017-06-20 13:20:02 | 日記

最近行政書士の通信講座にて、一等お奨め教材は、東京リーガルマインド(LEC) でしょう。採用している専門のテキストは、行政書士受験生のうちで、著しく有用である専門テキストとして高評を得ています。
実際に独学での行政書士試験に向けての勉強法をチョイスする場合に、殊更問題として立ちはだかるのは、勉強に取り組んでいる途中に分からないところがあらわれた折に、誰にも聞くことが出来ないことです。
通信教育につきましては、学習教材の出来が結果を決めます。今日びはDVDですとかオンラインでの動画配信などの授業を録画した映像教材なんかも増えておりますけど、行政書士の専門学校により、その内容については大分相違します。
毎年毎年、行政書士試験の合格率のパーセンテージは、ざっと2〜3%ほど。勉強に費やす合計時間とのバランスに着目しますと、行政書士の資格取得試験がどんなに高い難度であるか推測していただけると思います。
根本的に行政書士試験の特徴を挙げると、設定された目安に基づいて評価を実施する試験方法でありまして、合格者数の定員を先立って設けていないため、つまりは試験問題の中身の難易度のレベルが、文字通り合格率につながります。

一般的に行政書士の資格取得は、全体の合格率が6%あたりと言われていますので、実用的な事務系資格の内では、難易度高の資格に入ります。けれども実際のところ、全体的に問題の正解数6割を超えれば、合格すること間違いありません。
実際日商簿記1・2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格を得た方でありましたら、行政書士試験での試験科目の簿記論や財務諸表論の2種の科目に限定しては、そちらも両科目独学で合格を狙おうとすることも、不可能なことではないと思われます。
行政書士資格の試験制度の改訂と一緒に、これまでの運任せの賭博的な因子が取り払われ、現実的にスキルあり・なしの力量が見極められる高難度の試験へと、行政書士試験は刷新したのです。
現実司法試験と等しい勉強法で行うのは、ゼロからの行政書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、総勉強量が大変多量になりがちでございます。それのみか思うような結末は迎えられず、費用対効果が望めません。
スクールでの通学講座と通信講座を一緒に受講できるカリキュラムを設けている、人気の「資格の大原」につきましては、優良な教材と、及び受験指導に精通した一流の教師陣により、行政書士試験合格者の二分の一の数を輩出するという高実績を誇っております。

行政書士試験の勉強をやる上で、集中力をキープしにくかったりだとか、常時前向きなモチベーションを維持することがきつかったりなどとデメリットな面も存在しましたが、全体的には通信講座を受講して、本当に良かったといったように考えております。
無論行政書士試験を独学スタイルで通すのは、かなり壁が高いものですけれども、そうであっても自力で貫きたいとやる気がある人は、まず先に会計に属する科目をマスターすることから取り掛かると良いかと思います。
実のところDVD授業だとか、テキスト教材を見るという勉強アプローチに、ちょっとばかり心配&不安があったりするのですけど、現実で通信講座を受け、行政書士国家資格を獲得したという人達も数多く存在しておりますし、完全に独学するよりは、安心できるのではないかなと思っています。
5教科合格を実現するまで、長い年数がかかってしまう行政書士試験では、継続して勉強ができる環境を持てるか持てないかが、大きなポイントとなり、通信教育コースを選択する際は、まさにそのことについてあげられます。
可能でしたら危険回避、安全に、大事をとってといった考えで、行政書士試験に挑戦する折に、予備校に行く方が良いといえますけれど、独学での受験を一案に入れても構わないと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎年全教科の合格率のアベレ... | トップ | 現実的に行政書士試験の目立... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL