最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全般的に…。

2017-07-23 19:10:02 | 日記

普段からいろんな事柄に「法令を基に思考でモノを考えられる者」なのかどうかを審査されているみたいな、すこぶる難易度の上がった試験に変わってきていますのが、近ごろの行政書士試験の現実の姿ではないでしょうか。
実際に合格率3%程度の険しい道の、行政書士試験で合格を狙うには、1人独学での学習のみでチャレンジするといったことは、厳しいことが多くあり、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して勉学に励むのがほとんどであります。
前々から、法律に関する知識が全くゼロの状態から始めて、行政書士試験合格に要する勉強への取り組み時間は、少なくとも「3000時間位」とされています。実際のところ、一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、3000時間超とされています。
全般的に、行政書士試験に独学の勉強法で合格を叶えるのは、超難しいことという事実をあらかじめ確認しておくように。それに関しては各年の合格率の割合が10%に到達しない結果をみるだけでも、ダイレクトに思い至ることです。
実際科目合格制度の、行政書士試験の資格の取得は、1回の試験で、5ジャンルの科目を受験することは強制されておらず、各科目毎に受けても良いということになっております。合格を果たした科目につきましては、行政書士資格を得るまで適用されます。

日中普通に働きながら、行政書士の資格を目指すといった方もいるでしょうから、あなた自身の進められることを限りある時間の中で日ごと少しずつ継続していくのが、行政書士試験の合格を可能にする最も近いルートなのかもしれないです。
行政書士試験を受けるにあたっては、年齢・性別といった受験の資格は設けられていなくて、どこの学校を卒業したかという学歴は問われません。これまで、もし法律の専門的な勉強を一度もやったことが無いようでも、名高い学校を卒業しておらずとも、関係無しに行政書士資格取得はできます。
100パーセント独学にて行政書士試験合格を勝ち取ろうとする折には、本人自身が効率的な勉強法を試行錯誤して発見しなければいけないものです。そんな折に、ナンバーワンに最良な取り組み方法は、すでに合格をされた方が取り組んでいた勉強法と同じことを実行することとされています。
試験に合格することが出来ない時の、総勉強時間のリスク度を案じると、行政書士資格受験は学校が開催している通信講座、他には通学して授業を受ける通学講座を利用するのが、事無きを得るものだろうと思っています。
それぞれの科目毎の平均の合格率については、大よそ10%程度と、全ての教科もそろって難易度高の行政書士試験は、科目合格制度が採用されているので、仕事しつつ合格を勝ち取ることができる、国家資格といえます。

行政書士試験の学習を行っている際は、集中力を保つことが困難だったり、モチベーションアップが難しかったりといった弱点も見られたわけでありますが、全体的には通信講座を受講して、満足のいく結果が出たと評価しています。
司法試験と変わらない勉強法でございますと、ゼロからの行政書士試験専業の受験生と見比べて、学習量がとんでもないものになる傾向がみられます。それに加えて妥当な結果は生まれず、コストと効果の関係がアンバランスです。
当然専門のスクールに通わずとも独学で、合格を目指すのは、決して不可能じゃないでしょう。とは言っても、事実行政書士は10人受験をしたとして、1名も受からないこともあるめちゃくちゃ厳しい試験でございます。合格を勝ち取るには、早い段階に適切な学習テクニックを入手することが欠かせません。
現実30万円以上から、選択コースにより50万円超えの、行政書士資格取得の通信講座などもさほど珍しくありません。その場合受講のスパンも、1年程度〜の長期間のカリキュラムとなっているケースが、一般的です。
はじめから独学だけで学習を行うといった、自信はゼロですが、もし自分のペースにてコツコツ勉強したいというような受験者に対しては、行政書士対象の通信講座を選定した方が、適切な勉強法といえるのでは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本でもトップクラスにラン... | トップ | ずっと独学スタイルで学ぶと... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL