最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日…。

2017-05-12 08:30:02 | 日記

国家資格試験の行政書士試験の合格率につきましては、およそ10%程度と、高難易度とされております割には、国家資格の中でも合格率が高めであります。だけど、1発目で合格を手にするのは、ほぼ0%で受かる可能性が低いと言われているようであります。
現実法律専門研究の法科大学院卒業者であっても、合格できないことがあるわけですので、つぼを押さえた成果が期待できる勉強法を検討し全身全霊で頑張るようにしないと、行政書士資格試験合格実現は超困難であります。
2006年度(平成18年)から、行政書士試験制度については、かなり改正が実行されました。憲法・民法などの法令科目が、より重視されるようになって、多肢択一式の問題をはじめ、記述タイプの問題のような今までなかった流れの問題も出されるようになっております。
1教科ごとの合格率の数字に関しては、概算で1割位と、全科目ともに難易度レベルが高い行政書士試験は、科目別合格制度でありますので、社会人をしながら合格を志せる、資格といえるのです。
現実的に行政書士試験を独学で合格することは、高難度でありますけれど、勉強の方法を上手く工夫するとか、必須情報を漏れなく整理することで、短時間にて合格を叶えるなんてことも、決してありえないことではないです。

毎回全試験科目の合格率の平均値は、およそ10〜12%くらいで、他のハイレベルな資格よりも、合格率が高めであるようにとられがちですが、それに関しては各試験科目の合格率でして、行政書士試験それ自体の合格率ではないんで、頭の片隅に置いておいてください。
これより資格を得るために受験の勉強に取り掛かるという人にとっては、「行政書士試験に関しては、どれ程の勉強時間をかけたら合格できるのか?」等が、確認しておきたい事柄ではないかと存じます。
勘違いの勉強法を実行して、回り道をいくことほど、もったいないことはないでしょう。とにかく効果的な手段で短期スパンで合格を手にして、憧れの行政書士になりましょう。
今日、通学して教わっている受験生たちと、特に違いがみられない勉強が行えます。このことを出来るようにするのが、まさに行政書士対象の通信講座の主流である学習教材とされているDVDで解説を受けるタイプのものです。
大方の学校においては、行政書士資格の通信教育が提供されています。その中には、外出先でも利用出来るiPodですとかUSBメモリ等を用いて、時代の先端を取り入れた通信教育が受講可能な、専門学校・スクールも多数でてきています。

何年か前までは合格率十数%以上が一般的だった行政書士試験でありましたが、昨今は、1割に届かない数値でとどまっております。合格率一桁台であると、高い難易度とされる難関国家資格として、認知されることになります。
行政書士の国家試験の制度の改定と同時に、従前の運・不運に影響される賭博的な因子が除かれ、現実的に適格性があるのかがチェックされる試験として、現在の行政書士試験は改められたのです。
法律系の学校を出る必要性も、またかつ全くの素人であろうと行政書士の資格を取得することはできますが、その分だけ全部独学というケースは、めちゃくちゃ勉強しなければいけないことも確実に要求されます。己自身も独学スタイルで合格を得たので、心底思います。
結論から言いますと、実際に全部独学であっても、徹底的に、行政書士のお仕事に関しましてモノにするといったことができるんならば、合格を目指すことは可能です。ただし、そのようにするためには非常に、長期間にわたるといったことが必要です。
学習にあてることができる時間が毎日一杯確保できる人は、ベーシックな勉強法でやり通すことで、行政書士試験に合格できますが、常時お仕事等予定が一杯な方には、現実に沿った取り組み方とは言えないと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士試験の試験勉強を行... | トップ | サラリーマンをやり続けなが... »

日記」カテゴリの最新記事