最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

今や合格率7%未満と…。

2017-06-16 23:00:00 | 日記

最初から会計事務所だとか行政書士事務所にて、現場歴を積んでいきながら、ちょっとずつ頑張っていくといった人の場合は、通信講座の勉強法が最適と考えます。
現実的に行政書士試験をオール独学で貫くというのは、相当難しいことではありますけれど、それでも挑んでみたいと考えておられる人は、最初に会計の科目の勉強から取り組むのがおすすめです。
今や合格率7%未満と、行政書士試験はメチャクチャ難易度レベルの高い試験の一つです。ですけど、度を越えて不安感を持たないようにしましょう。必死に頑張り続ければ、皆さん必ず合格は得られるはず!
平成18年度(2006年度)以後、行政書士試験に関しましては、多数変化しました。従前と異なる点は法令科目が、重きを置かれるようになり、筆記試験では多肢択一式問題ですとか、記述式(論文)での問題のような今までなかった流れの問題も広く出題されています。
元々行政書士試験は、かなり難易度が高めであります。合格率の数値は、大体10%ほどです。されど、一回に絞った試験でチャレンジせず、何年かにわたって合格を志すつもりであるなら、それ程難しいことではありません。

行政書士に関しては、もしも誰にも指導を受けずに独学で貫いても合格を目指せる資格とされております。今現在、会社員である人が決心して挑戦する資格としては可能性大でございますけど、それと同時にすこぶる難易度も高でございます。
当然専門のスクールに通わずとも独学で、合格を狙うのは、不可能なことではございません。ただし、現実的に行政書士の資格試験は10人挑戦しても、全員アウトになる高い壁の法律系国家試験です。勝利を得るには、良い勉強法を手に入れることが必要です。
実際に合格率のパーセンテージは、行政書士試験の難易度の高いOR低いかを指し示す明確な基準値のひとつなのですが、この頃は、この値がありありとダウンしており、受験生達の関心が高まっております。
通学講座コースかつ通信講座コースの両方を一緒に受けられるようになっております、「資格の大原」の専門学校におきましては、満足のいく教本セットと、加えて優秀な講師たちによって、毎回行政書士合格者の半分以上の合格者を出すといった高い実績を有しています。
ちょっと前までは行政書士試験に関しては、割と取得することが可能な資格であると認識されてきたわけですが、昨今は著しく狭き門になっており、かなり合格をゲットすることができないという資格とされています。

実際に通信教育講座ですと、行政書士試験に集中した対策をパーフェクトに記載した、資格取得専用の教材が揃えられておりますから、1人での独学よりも学習のスタイルがキャッチしやすくて、勉強がやりやすいと考えます。
合格が叶わなかった場合の、学習量・時間のリスクある点を思い巡らすと、行政書士の受験は予備校主催の通信講座、それともまた学校に行って授業を受講する通学講座の選択を行うのが、確実ではないかと思います。
根本的に科目合格制でありますから、行政書士試験につきましては、忙しい社会人も受験にトライしやすいのですけど、逆に受験に費やす時間が長きにわたる印象があります。今までの諸先輩方のやってきた勉強法に取り組むことも重要です。
行政書士試験に関しましては、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、過去の学歴云々は限定されておりません。であるからして、これまで、法律につきましての勉強を一度もやったことが無いようでも、知名度のあるような大学卒の経歴が無くとも、どんな方でも行政書士の国家資格は得られます。
原則的に行政書士試験の特徴を示しますと、点数主義の試験システムであり、合格者数の定員をはじめから確定していため、一言で言うと出題された問題の難易度の度合いが、直接合格率に大きく反映されることになります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 様々な資格講座が用意されて... | トップ | 他と比較してリーズナブルな... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL