最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

毎年毎年…。

2017-05-05 19:50:01 | 日記

現実的に法科大学院を修了したスキルを持つ人だろうと、不合格になるといったことが無いわけはないので、効率的な効率のいい勉強法を理解した上で立ち向かわなければ、行政書士の試験で合格を獲得するといったことは超困難であります。
現実1教科ずつ受験できる科目合格制となっておりますので、行政書士試験は、働きながら資格取得を目指す受験生も受験しやすくなっていますが、その代わり受験に取り組む期間が長い間になる傾向が見られます。ぜひ過去の諸先輩方たちのやってきた勉強法を参考にするとよいのではないかと思います。
前から、法律に関する知識が全くゼロの状態から取り組み出し、行政書士試験合格に要される勉強への取り組み時間は、おおよそ「3000時間くらい」といった統計がございます。一般的に実例でも、ストレートで合格する人の学習時間は、3000時間超とされています。
行政書士の仕事に就くことは、国内の法律資格試験の登竜門とされ、様々な年の人たちに高人気であるのですが、受験合格後には、スグに個人事務所等を立上げて、独立して開くといったことも選べる法律系の専門試験であります。
毎年毎年、行政書士試験の事実上の合格率の数字は、ほぼ2〜3%強といわれています。必須とされる学習期間との互いの釣り合いに着目しますと、行政書士の試験内容がどれ程狭き門か想像出来るでしょう。

オール独学で貫きたいのは理解できるけど、時間の管理や且つまた試験勉強方法等に、心配が生じるなんて場合であったら、行政書士試験専門の通信講座に頼るのも、1つの進め方なのであります。
現実、行政書士を狙うという場合では、専門学校に行かないで独学で合格を獲得しようとする人がかなり少ないということもありまして、実は他の法律系資格試験より、使えそうな市販教材なんかも全くと言っていいほど、本屋さんに売っていません。
基本行政書士試験におきましては、年齢・性別や過去の学歴などの制限は無いため、どういった人であれど受験OK。ちなみに法律の専門的な知識を何にも持っていないという方であっても、質の高い受験対策を実施するようにすれば、合格可能でございます。
現実的に合格判定が出なかった時の、トータルの勉強時間のリスク度を案じると、行政書士資格の受験は専門学校が提供している通信講座、他には通学タイプの講座を活用すると言ったのが、安全性アリとみなしています。
直に学校で教わる通学講座と自宅で学ぶ通信講座のコースを組み合わせて受講できるカリキュラムを設けている、受験生の間でも評価が高い「資格の大原」は、GOODな教材と、さらに頼れる教師たちで、行政書士試験の合格者の1/2を生み出す高い実績を有しています。

資格をとって、これから「自分一人の力で活路を開きたい」等といったポジティブなモチベーションを抱いている人なら、いくら行政書士の難易度が厳しくとも、そのような垣根も必ず打ち破ることが可能かと思います。
実際行政書士試験に関しては、行政書士の資格を取得するために要必須な高い学識、並びにそれを現場で活かせる力量をしっかり身につけているかどうなのかを、判断することを目的に掲げ、行われている超難関の法律系国家試験です。
いわゆる難関として周知されている行政書士試験の難易度の程度は、めちゃくちゃキツイ様子で、毎年の合格率もほんの3%前後と、国内の国家資格の中でも、上位の難関国家試験です。
確かに行政書士試験については、いい加減なやり方でしたら良い成果を得ることが出来ない、困難な試験だというように強く思います。結局のところ勉強にあてることができる時間を上手く使用し試験勉強に取り組み続けた方が、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、行政書士試験はメチャクチャ難易度レベルの高い国家試験でございます。ですけど、過分に恐れる必要はございませんよ。コツコツ努力を重ねることにより、老若男女誰にでも絶対合格は得られるはず!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強時間が生活の中でいっぱ... | トップ | 行政書士対象の講座を受講で... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL