最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際に独学での行政書士を狙う勉強法を選択する時に…。

2017-05-19 08:10:03 | 日記

従来は合格率の数字が10%強をキープしていた行政書士試験も、ここ数年は、一桁台となって定着しています。合格率一割以下である場合、難易度上位のランキング上位の国家資格として、認められます。
実際通信教育ですと、どの会社のものでも行政書士試験に焦点をあてた打つ手を充分にまとめた、オリジナルの特別教材がございますから、完全独学よりも学び方がマスターしやすく、勉強を効率的に進めやすいでしょう。
実のところ、全般的に行政書士になろうとする場合におきましては、完全に独学で合格をしようとする受験者が少ない状況であり、現状他の資格取得試験に比べたら、市販の学習テキストもあんまり、本屋さんに売っていません。
行政書士の簿記論に関しては、ボリューム量は大量なわけですが、100パーセントの確率で計算問題が主要で出るので、行政書士にとっては、割合一から独学でやっても、身に付けやすい試験科目内容とされています。
昨今は、スクールに通学して教えてもらっている人らと、言うほど大きく異ならない勉強を行うことが可能となっています。そのことをその通りに実現するのが、今においては行政書士資格の通信講座の主流である学習教材とされておりますDVD講座です。

高度な専門性を持った法律系の内容であるので、難易度が超高くなっておりますけど、原則的に行政書士試験については、科目ごとの合格システムの起用を実施しているため、各科目毎1年1教科で5年にわたり分けて合格することも、支障はない試験なんです。
実際に独学での行政書士を狙う勉強法を選択する時に、殊更問題としてあがるのは、勉強途中に気になる点等が出てきた場合に、回答を求めることができないということでしょう。
基本5つの科目合格に辿り着くまで、長期間にわたってしまう行政書士資格受験では、勉強を続ける時間を確保できる環境づくりが、大きなキーポイントであり、通信教育(通信講座)については、特別そのことについて影響してきます。
行政書士試験の学習を行っている際は、なかなか集中力が続かないとか、同じ精神状態を保つことが苦しいというような短所も感じておりましたが、結果的には通信講座をセレクトして、本当に良かったと感じています。
通信講座を受ける際は、行政書士であろうと行政書士であったとしましても、双方本人の家にまでテキストのセット等を送付して頂くことが可能なため、あなたの空いた時間に、勉学にいそしむということができるんです。

法律系の大学卒業の資格がないといけない必要も、これまでに一度も実務経験がなくとも行政書士の資格を取得することはできますが、それだけに全て独学で行うならば、学習量も絶対に必要です。自身も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、心底思います。
一口に言って「足切り点」(足切り最低点)という特筆するべき制度が、行政書士試験の上ではあるのです。要するに、「一定の成績に達していないとしたときは、不合格扱いになる」という基準の点数が存在しているのです。
一般的に高難度と広く知られております行政書士試験の難易度状況は、極めて高いとされ、合格率の割合も3%以下と、国家資格の中で見ても、トップクラスに入る難関国家試験です。
当ホームページは、現役で活躍している行政書士が、行政書士試験のベストな勉強法の紹介を行い、日本全国の行政書士資格取得の通信講座の評判、リアルな意見などを独自で調査し、まとめたホームページです。
他の会社と比べて負担額が少なく、問題が出題される範囲を絞って、学習ボリュームをカットしたカリキュラムづくり、高品質の教材一式などが受けているフォーサイトの通信講座サービス。行政書士の通信講座と言えばこの会社!と言えるくらい、高い人気がございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピント外れの勉強法で取り組... | トップ | 昨今の行政書士に関しまして... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL