最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

合格率の割合が全体から見て7%のみといったら…。

2017-06-16 12:30:01 | 日記

基本的に行政書士試験につきましては、各科目で2時間ずつしか試験時間がありません。受験する人たちはその制限時間の範囲内で、合格域に入る点数を確実にとらねばならないので、当然ながらスピード力は必須です。
難しい「税法の理論暗記」を中心とし、行政書士試験の効率良い勉強法、そして科学的な頭脳開発、速聴と速読といったこと等についても徹底的に追求!これ以外にも他効率が良い暗記法でありましたり、勉強を行う時に、重宝するお役立ちツールを皆さんに提案していきます。
実際に行政書士資格取得試験の合格率の数字は、とても低くて、大体1.75%と把握されています。近年においては、法科大学院(専門職大学院)というところができ、この学部を終えれば、新司法試験を受験する資格を得ることが出来ます。
目下皆様が、行政書士合格の実体験を綴った体験記などのものを、様々見つけてご覧になっている要因は、十中八九、どういう取り組み方や勉強法が自らにフィットするのか、迷いが生じているからでしょう。
元より行政書士試験を受験するにあたっては、一生懸命にやらないと不合格になってしまう、ハイレベルな試験であるといったように思えます。言ってしまうと制限ある時間を手際よく活かして勉強に努力した人のみが、結果合格につながる試験なのです。

行政書士資格に必須の簿記論は、会得しないといけない中身は沢山ございますけれども、百発百中でいろんなテーマの計算試験問題にて出されるため、行政書士にとっては、割合独学で立ち向かっても、勉強がとりかかりやすい分野の試験科目となっております。
独学スタイルでの行政書士資格の勉強法を決める際に、他の何よりも障壁となり得るのは、勉強を行っている中で疑問と感じることが出てきた場合があっても、周りに頼れる人がいないことでございます。
出来る限り危険を避ける、安全性を重視、用心の上にも用心しようという狙いで、行政書士試験に立ち向かう場合、プロ教師陣が揃う学校に頼った方が良いかと思いますが、それは必ずしもではなく独学を一案に入れてもいいでしょう。
サラリーマンをやり続けながら並行して勉強を行い、やっと3回目の試験で行政書士合格を果たした、自身のくぐり抜けてきた体験を回顧しても、ここ数年の難易度の程度は、かなり上昇してきているとした印象を持っています。
行政書士試験の役割は、行政書士の仕事に就くのに欠かせない基本・高等な知識やそれを応用することができる能力を有しているのかいないのかを、ジャッジすることを目的に掲げ、国税審議会が行う難易度の高い国家試験です。

このインターネットサイト上では、行政書士資格取得を目指す通信教育を、適正に選ぶことができるように、客観的な立場によって判定できる内容を提供していきます。そして、その後は本人が選定して下さい。
一般的に高難度という風によく言われる行政書士試験の難易度は、超高めのものになっており、合格率の平均値もほんの3%前後と、国家資格内でも、指折りの難関系試験とされております。
スクールでの通学講座と通信講座を順番に受講できるカリキュラムがある、「資格の大原」の専門学校におきましては、クオリティの高い教本セットと、プラス実力のある講師陣で、行政書士試験の合格者の1/2を世に出すといった名誉ある実績を誇っています。
合格率の割合が全体から見て7%のみといったら、行政書士の国家試験は相当難易度が厳しそうでございますが、特定の基準に基づいた総じて60%以上の受験問題が合えば、合格実現は確かとなるといえます。
いざ行政書士試験をオール独学で貫くというのは、めちゃくちゃ容易なことではありませんが、そうであっても自力で貫きたいと思っている受験者は、まず先に会計に属する科目をマスターすることから挑むのがおすすめです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基本的に…。 | トップ | 様々な資格講座が用意されて... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL