最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

少しでも時間を有効的に活用し…。

2017-07-13 01:00:01 | 日記

DVD教材や、テキストだけでの学習の仕方に、ちょっとばかり不安を抱いていますが、現実で通信講座を受け、行政書士資格取得を実現した先輩方も多くいらっしゃるし、よって1人独学で頑張るよりは、マシであるだろうと受け止めています。
元来通信教育(通信講座)は、教材の精度が全てを左右してしまいます。ここ最近はDVD及びインターネット配信などの映像系の学習教材も豊富に揃っていますが、行政書士の専門スクール毎で、教育内容はかなり異なります。
一般的に高難度と口々に伝えられている行政書士試験の難易度状況は、とっても高度で、平均の合格率も約2〜3パーセントと、国内の国家資格の中でも、指折りの超難関試験といえます。
科目合格制となっている、行政書士試験については、1回に一気に、5教科を受験するといったことは義務付けられていなくて、1つの科目ずつ受けても良しとされています。1度合格できた科目は、行政書士になれるまで有効とされ失効にはなりません。
行政書士の試験で合格するためには、効率の良い勉強法での進め方が、大変大事といえるでしょう。このホームページでは、行政書士試験の予定表をはじめとした構成参考書の良い選び方など、受験生らに手助けになるような多種多様な情報をアップ中です。

少しでも時間を有効的に活用し、学ぶことが可能であるので、会社へ行きながらや家の用事などと両立しての行政書士資格の取得を目指そうと考えている受験者にとっては、自宅で勉強できる通信講座は、かなり有効でございます。
行政書士の合格者の合格率は、ザッと1.75%と発表されています。ここ数年、国内にて法科大学院というところができ、その過程を終了することになれば、新司法試験を受けることが出来る資格が手にできます。
現実的にいくつかの国家資格のなかでも、難易度が高いことを誇る行政書士の職種でありますけれど、しかしながら合格を切り開く過程が厳しければ厳しいほど、見事資格を獲得した以降には高いニーズや収入、かつまた社会的身分の高い立ち居地を築けるといったことも確かです。
日商簿記検定で1級または2級を最初から最後まで独学で取り組んで、合格することが出来た方であるなら、行政書士試験における簿記論やまた財務諸表論の2教科に限りましては、ともに独学で受験に合格するのも、ありえないことではないのではないでしょうか。
従来より、法律に関する知識が全くゼロの状態から取り掛かって、行政書士試験合格に欠かせないトータル学習時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。一般的に実例でも、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。

現実的に専門知識が要求される試験の内容ですから、難易度が高めとされておりますが、そもそも行政書士試験では、5教科中の一部科目合格制度(1教科で試験の基準点を満たす)を設定しておりますので、教科をひとつずつ5年の期間を費やして別々に合格しても、問題ない試験とされております。
完全に独学にて勉学に励むほどの、自信はゼロですが、もし自分のペースにてコツコツ学べればと考える方でありましたら、事実行政書士専門の通信講座を選定した方が、相応しい勉強法といえるでしょう。
厳しい関門といわれる「税法の理論暗記」を中心とし、行政書士試験の能率的な勉強法及び頭脳の開発、速聴と速読といったこと等についても徹底究明!そのこと以外にも暗記テクニックだったり、受験勉強に、便利なツールを様々に紹介いたします。
会社に勤めながらも資格の取得を目指して学習して、何とか3回の受験で行政書士に合格することが叶った、自分自身の実体験を思い返しても、近年の難易度の程度は、かなり厳しくなってきているという印象があります。
法律系の国家資格でありまして、専門的特性の職務を果たす、行政書士はじめ行政書士ですが、実際の難易度としましては行政書士の方が難しくなっていて、その上お仕事内容についても、いくらかそれぞれ違いがあるものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般的に行政書士試験につき... | トップ | おそらく9月ぐらいより…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL