最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

個々の教科の合格者の合格率は…。

2017-06-13 18:10:01 | 日記

一般的に行政書士試験は、年齢についてや性別、これまでの学歴などの条件は取り決められておりませんので、どんなに若くても年を経ていても資格試験を受けることが可能です。そのため法律に関係する学識をほとんど有していないといった方であれど、確実な受験対応法をこなすことによって、合格をゲットすることができるでしょう。
そもそも行政書士試験とは、決して簡単なものではないです。合格率で言えば、およそ全体の10%程度です。しかしながら、一発試験ではなく、数年間にわたり合格する予定でありましたら、言うほどやれないことではないです。
必須教科の5科目に合格することが出来るまで、長い年月がかかる行政書士資格取得の受験では、数年にわたり勉強していける状況が、合格への大きな鍵となり、通信教育での勉強法を選ぶ場合は、大いにそうした点が関係します。
一口に言っていわゆる「足切り点」という厳しい仕組みが、行政書士試験におきましてはございます。分かりやすくいうと、「一定の成績に不足しているならば、不合格扱いになる」という水準点が定められているんです。
毎年行政書士の合格率は、1〜2%位といった結果があります。近ごろ、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』という教育の場ができ、そのコースを終了したら、新司法試験を受験することができる資格が与えられます。

最初から会計事務所だとか行政書士事務所に勤務して、いろんな経験を積んで実力をつけながら、コツコツ学んでいくという考えを持つ受験生は、あえて言うならば通信講座がおススメと考えます。
テレビCMなどでも流れているユーキャンの行政書士資格の通信講座につきましては、毎年大体2万人以上に利用されており、何にも法律知識を持っていないといった受験者であれども、キッチリ資格取得実現までのプロセスを基礎から会得することが可能な、国家資格人気上位の通信講座とされております。
実際合格率約3%の難関の、行政書士試験にて合格を得るためには、1人独学での受験勉強のみで進めるのは、厳しいことが大いにあり、専門スクールに行くか、自宅で通信教育を受講して受験勉強を行うのが普通といえます。
試験まで学習時間が生活の中でいっぱいとれるといった人なら、基本の勉強法によって、行政書士試験で合格を得ることも可ですが、自分で別の仕事をしているなど多忙を極めている人にとりましては、いいやり方だとは言えないでしょう。
高度な専門性を持った法律系の内容であるので、難易度が非常に高度となっておりますが、根本的に行政書士試験に関しては、科目ごとの合格システムを起用しているので、それぞれの科目ごとに一年に一度5年かけて合格を獲得していくやり方も、認められている試験なのであります。

演習問題を何度もやって見識を深め基礎の部分を掴んだ後、実践的&総括的な問題へとスウィッチしていく、王道的な勉強法で取り組むのが、行政書士試験での試験科目の簿記論にとっては、効果が見られるようであります。
資格を獲得して、そう遠くない将来「自分一人の力で前に進みたい」とした強固な野望を持っている方なら、どんだけ行政書士の難易度の加減がかなり高くっても、そのハードルも乗り越えられること間違いなしです。
限られている時間をフル活用し、勉強を進めることができるため、会社通勤や及び家事などと二足のわらじを履いて行政書士の国家資格を取得するぞと考えておられる人たちには、お家にいながらやれる通信講座は、まことに役立ちます。
実際難易度がめちゃくちゃ高い国家資格の試験に関係なく、1つの科目ごとに分けて受験可能なことなどから、それ故行政書士試験は、1回に5万を超える人が受験に挑む、人気が高い試験なんです。
個々の教科の合格者の合格率は、約10%そこそこと、各科目もそろって難易度高の行政書士試験は、科目合格制となっておりますため、仕事しつつ合格を志せる、間口の広い資格といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一流講師に直々に指導を受け... | トップ | 一般的に行政書士の仕事は…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL