最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全部独学での行政書士を狙う勉強法を選ぶ状況で…。

2017-05-11 10:20:00 | 日記

行政書士試験の試験勉強を行う過程においては、集中力が長く続かなかったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが大変だったりとしたBADな要素も見られましたが、全般的に通信講座をやって、合格を勝ち取れたと評価しています。
現実、行政書士試験を独学でパスするのは、非常にハードルが高いわけですが、学習法を上手く工夫するとか、把握しておくと良い情報を積極的に見聞きすることによって、ごく短期間にて合格を叶えるなんてことも、可能といえます。
実際にDVDであったり、テキスト教材を見るという勉強のやり方に、ちょっと不安になってしまうのですが、現に通信講座を利用して、行政書士の資格取得を実現している方もいっぱいおりますし、オール独学よりかは、いくらかマシなはずと思っているのです。
難所である「理論の暗記」を中心にして、行政書士試験の能率的な勉強法及び頭脳の開発、速聴・速読法ということ等についても徹底追及!そのこと以外にも暗記テクニック、その上知っておくと良い勉強に、重宝するお役立ちツールなどをこちらで色々ご紹介します。
全部独学での行政書士を狙う勉強法を選ぶ状況で、最大に問題として発生しやすいのは、学習している中にて理解できない箇所が見つかった場合に、回答を求めることができないということでしょう。

完全に独学で行政書士試験合格を勝ち取ろうとする折には、自分なりに適切な勉強法を確立する必要性があります。その場合に、第一にベストなアプローチ方法は、先の合格者が実際に行っていた勉強法を丸ごと真似することをおススメします。
高い網羅性を誇っている教科書の中であろうと見たことのない、教養を要する試験問題等は、スッキリとギブアップするのもいいでしょう。やはり踏ん切りをつけることも、難易度が超高いとされる行政書士試験においては、重要事項なのです。
いわゆる難関と言われている行政書士試験の難易度に関しましては、大層高度なもので、合格率を見ても約2〜3パーセントと、法律系の国家資格の中においても、指折りの桁違いの難関試験であります。
社会人として働きながらも、行政書士になることを夢みている人も数多くいるでしょうから、自分のペースで行えます事柄を日毎着実に続けていくといったことが、行政書士試験合格への最も近い道となるのかもしれないです。
実際に行政書士資格取得試験の合格率の数字は、およそ1.75%ぐらいと言われています。近年においては、法律専門研究の法科大学院がつくられ、その学科を終えることが出来れば、新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位を手にすることができるのです。

法律系資格の中で、特殊な職分の、行政書士と行政書士ですけど、難易度については行政書士の方が難関で、そしてまたその業務の詳細につきましても、色々な点で異なりがあります。
実際合格率約7〜8%と、行政書士試験についてはかなり難易度の高い試験の一つです。とは言っても、度を越えて臆する必要はありません。努力を積み重ねれば、あなたも確実に合格を獲得することは可能です!
基本通信教育は、学習教材の出来が結果を決めます。今日びはDVDとかインターネットでの動画配信などの授業を録画した映像教材なんかも豊富ですが、行政書士の予備校毎に、教育カリキュラムは違いがあるものです。
法人税の個別の検討論点に取り組み始めたとしましたら、基本的に関連がある演習問題に可能なだけトライし、とにもかくにも問題に慣れるようにしておくという勉強法を新たに盛り込むというのも、行政書士試験の簿記論対策法にとってはとても実効性があります。
現在、もしくは後々、行政書士試験に自分ひとりの力で独学で臨む受験者のために作り上げた、情報満載のサイトになります。その中では合格をする為の学習方法の秘訣やまた、お仕事の中身、プラスそれらの魅力度などを毎日発信しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国家資格の内でも…。 | トップ | 昔から行政書士試験において... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL