最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

難易度が高めの法律系試験であるのに…。

2017-04-25 21:30:07 | 日記

このところの行政書士の試験は、試験の合格率が大体6%と公表されており、事務系資格の中においては、高難易の資格になっています。だけど、出題問題のうち60%正答であったなら、合格できるのです。
めちゃくちゃ難関の資格試験といわれている行政書士試験に対しては、本気で頑張らないと絶対に合格することは不可能でしょう。さらにまた全て独学で試験に合格する場合は、本気で取り組まなければいけません。けれど少々でもお手伝いできる情報ページとして用いていただけるのならとても嬉しいことです。
一般的に国内におきましてもトップレベルの難易度が高い行政書士試験の中身は、11分野の科目の法律から沢山の設問があるので、合格したいなら、長きにわたる勉強時間が絶対に必要とされます。
今時は、通学して教わっている受験生たちと、あまり違いがない勉強ができるようになっています。これを現実のものにするのが、もはや行政書士向け通信講座のメイン教材といわれているDVDによるものです。
基本的に行政書士試験は、相当難しいレベルの国家資格取得試験でありますため、基礎から応用まで学習できる専門スクールに足を運んだ方が、確実に無難かと思われます。ですけど、全部独学でしてもそれぞれの人によって、非常に効果が期待できるケースもあったりします。

実際合格率約3%の門戸の狭い、行政書士試験にて合格をするためには、オール独学での勉強だけだと、簡単にはいかない事柄が多く存在し、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して勉学に励むのがほとんどであります。
消費税法の中身は、行政書士試験の科目の内では、それ程レベルの高い難易度ではなくって、簿記の基礎の学識をいくらか持つことができていれば、割りに難しいことなく、合格点を満たすことが出来るといえます。
これまでに簿記検定試験1OR2級クラスを独学の学習で、合格することが出来た方であるなら、行政書士試験の必須科目の簿記論&財務諸表論の2つに関しましては、同じく完全独学で合格を叶えるのも、厳しいわけではないのかも。
できたらもしもの場合に備える、安全に、確実なものにするためにという意味で、行政書士試験にチャレンジする際に、信頼できる専門スクールに通い学習した方が安心ですが、けれども独学を選択する考えもいいかと思われます。
基本行政書士試験におきましては、それぞれの科目で120分しか試験の時間が与えられていないです。その時間内に、合格レベルに達する点を取らないといけない為に、至極当然ですけれど迅速さは必須条件です。

難易度が高めの法律系試験であるのに、個々の科目ごと都度受験可能なことなどから、それ故行政書士試験は、年ごとに5万人位の方が受験に挑戦する、ライバルが多い試験になっています。
合格が叶わなかった場合の、全体の学習時間のリスクある点を思い巡らすと、行政書士資格試験に向けてはスクールが行っている通信講座、それか通学して授業を受ける通学講座を選択する方が、堅実ではないかと思います。
行政書士試験というのは、実際は筆記による試験だけしか用意されていないと、考えてもOKです。なぜかというと、口述での試験なんかは、余程の事が起きない限り不合格になることのない難しくない試験とされているためです。
事実「法をベースに客観的な視点で物事を見ることが出来る人間」であるのかないかを選別するような、著しく難易度の高めの資格試験に変わってきていますのが、今日の行政書士試験の実態といったように思われます。
一般的に国家資格の内においても、高い難易度を誇っている行政書士となっていますが、他よりも合格へ行き着くまでの道が厳しければ厳しいほど、ようやく国家資格を得た後は売り手市場やお金、また社会的地位を築けるといったことも確かです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リアルタイムで…。 | トップ | 国家資格を取得して…。 »

日記」カテゴリの最新記事