最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

平成18年度以降…。

2017-05-15 17:50:01 | 日記

実際全科目における平均合格率の値は、全体から見て10%〜12%あたりであり、これ以外の難関資格と比べて、合格率が大分高いように思ってしまいますが、これは各科目の合格率の平均値であって、行政書士試験丸ごとの合格率ではないですから、ご注意を。
簡単に言うと実際「足切り点」(ボーダーライン)というような厳しい仕組みが、行政書士試験には存在します。簡単に言うならば、「一定の成績以下ならば、不合格となります」なんていう数字がはじめに設定されているのです。
仕事に従事しつつも、行政書士になることを目標としている人も沢山存在しているはずだと思いますので、自分のペースで進められることを毎日毎日ちょびっとずつやっていくということが、行政書士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。
合格者の合格率7%に満たないと、行政書士試験は非常にハードな難易度の試験となっています。そうは言っても、度を越えて臆する必要はありません。効率的に勉強をしていくことで、あなたも確かに合格への道は開けますよ!
当インターネットサイトは、経験豊かなベテラン行政書士が、行政書士試験のベストな勉強法の紹介を行い、あらゆる行政書士を取り扱う通信講座の巷での評判、ユーザーの口コミなどの情報を集めて、まとめたインターネットサイトでございます。

資格に強いと評判のユーキャンの行政書士の試験対策講座は、年毎に約2万人位から受講申込があり、丸っきり予備知識がない受験生だったとしても、手堅く資格が取得することができるコツや学習法をゼロの状態から身に付けることができる、国家資格人気上位の通信講座とされております。
平成18年度以降、行政書士試験制度については、様々に改正が実施されました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、重要視され、択一式の試験問題や、記述方式の試験問題といったこれまでになかった形式の問題も出されるようになっております。
非常に専門的な法律関係の内容で、難易度がとても高めでありますが、根本的に行政書士試験に関しては、いわゆる科目合格制度を設けておりますから、教科をひとつずつ5年間にわたり合格を積み重ねていっても、OKな試験でございます。
他よりもかかる費用が安い、勉強範囲をチョイスして、学習する量を削減した学習システム、クオリティの高い指導書などが人気である通信教育の「フォーサイト」。近ごろ行政書士の資格をとる通信講座と言えばココがベスト、とされるくらい、受験生内で評価が高いです。
基本的に行政書士の職種は、全て独学で行っても合格を可能とすることができる資格であります。中でも只今、サラリーマン・OLなどの方がいざ一念発起でチャレンジする国家資格としてはとても有望ではありますけれど、一方で難易度も相当高いものであります。

無論たった一人で独学で、合格を獲得するというのは、決して不可能じゃないでしょう。ただし、現実的に行政書士の資格取得試験は10人受験して、合格できた人が1人もいないという超難易度の高い試験とされています。いざ突破するには、高精度の学習ノウハウを確立する必要があります。
簡潔に言うと行政書士試験とは、行政書士になるために必要とされる学問の理解と、それを応用することができる能力が備わっているかどうであるのかを、見極めることを大きな目的として、行われている高難易度の国家試験です。
弁護士の代理で法律の仕事を執り行なう街の法専家としまして、法律問題で困っている人をお手伝いすることを担う行政書士におきましては、社会階級の高い法律系国家資格でございます。当然、それだけ試験の難易度の程度についてもかなり難関です。
近ごろは、学校に通っている人たちと、それほどにも差が開かない勉強を実施するということができます。この点を出来るようにするのが、今現在行政書士用の通信講座の欠かせない教材である講義が収録されたDVDです。
最難関の「理論暗記」を中心に取り扱い、行政書士試験の効率のいい勉強法、さらに頭脳を鍛える方法、速聴や速読といったことなどについても徹底的に追求!そのこと以外にも暗記テクニックだとか、試験勉強に、貢献する&実践的な各種ツールを幅広く載せていきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基本的に行政書士試験は…。 | トップ | こちらのHPサイトでは…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL