最速・最短で行政書士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で行政書士試験合格を目指す学生社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一般的に会計事務所または行政書士事務所に入社し…。

2017-06-14 02:20:01 | 日記

日中普通に働きながら、行政書士になることを夢みているなんて方もいるようなので、自分のペースでできる事柄を限りある時間の中で日ごとちょっとずつ継続して行っていくというのが、行政書士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。
ちょっと前までは行政書士試験に関しましては、他の資格と比べてとりやすい資格であると認識されてきたわけですが、今日においては物凄く狭き門になっており、とんでもなく合格することができないという資格の1つになっております。
一般的に会計事務所または行政書士事務所に入社し、現場で実戦経験を積んでいきながら、確実に学習をしていくというタイプの方は、どちらかといって通信講座(通信教育)がピッタリ合っていると思われます。
元より行政書士試験にトライするという際におきましては、全力で臨むようにしないと合格できない、難しい試験だと心底思います。要するにちょっとでも空いた時間があれば効率良く&集中して費やしながら学習を行った人が、結果的に合格できる試験といえるのです。
行政書士資格取得スクールの行政書士用の講座を受講したいと思うのですが、近いエリアに予備校がどこにもない、仕事が多忙を極めている、家の用事などで学校に行く時間がないなんていった方向けに、それぞれの学校では、便利な通信講座コースを取り扱っています。

もし日商簿記検定試験1〜2級をたった一人の力で独学で、合格を得た方でありましたら、行政書士試験にて簿記論、財務諸表論のこの2分野だけは、双方独学スタイルで合格を叶えるのも、高難度なチャレンジではないかもしれません。
巷で人気のユーキャンの行政書士資格講座は、年毎に約2万人位に利用されており、一切法律の知識が無いという方であったとしても、キッチリ資格が取得することができるコツや学習法を身に付けられる、信頼の置ける通信講座なのでございます。
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院を卒業した経験者でも、不合格判定になることがあるくらいなので、効率的な質の高い勉強法を色々考えて立ち向かわなければ、行政書士資格試験合格実現はハードとなるでしょう。
毎年毎年、2万〜3万人前後が受験を行い、たった600〜900名位しか、合格を獲得できません。こうした現状をとり上げましても、行政書士試験がどのくらい難易度が高いのかが分かるはず。
平たく言うと「足切り点」(足切り最低点)という気になる制度が、行政書士試験には存在しております。つまるところ、「定められた点に足りていないなら、合格になりませんよ」という規準点が用意されているのです。

実際に行政書士試験におきましては、年齢や性別等の受験の条件は設定されていなくて、これまでの学歴は限定されておりません。それ故、従前に、例え法律に関しての勉強を何もしたことが無くとも、知名度が高い学校を卒業した学歴を持っていなくても、そんなことは関係なく行政書士資格取得はできます。
総じて、行政書士試験に完全に独学で合格を実現するのは、相当厳しいという真実を先に確かめておきましょう。それにつきましては合格率がずっと10%を超えることのない真実があることによっても、ダイレクトに推察できることです。
一般的に行政書士試験の主要な特質につきましては、規準に沿って評価を実行する試験で行われていて、合格判定の合計人数をハナから決定付けていないから、受験問題の難易度の程度が、ありのまま合格率になっています。
今や合格率7%未満と、行政書士試験は他の国家資格以上に高難易度の国家試験です。とは言っても、度を越えて恐れなくても良いです。努力を積み重ねれば、皆さんバッチリ合格を獲得することは可能です!
行政書士試験の役割は、行政書士の資格を取得するために不可欠な高い学識、並びにそれを応用することができる能力をちゃんと持っているかどうかを、見ることを主要な目的として、行われております超難関の法律系国家試験です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般的に行政書士の仕事は…。 | トップ | 現在の行政書士試験におきま... »

日記」カテゴリの最新記事