レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

平清盛 第3回 源平の御曹司

2012年01月22日 18時47分47秒 | 2012年ドラマ
『源平の御曹司』

内容
白河院が世を去り。鳥羽上皇(三上博史)が権力を握り始め、
白河院に代わり院政を敷き始める。

同じ頃、弟・平次(大東駿介)が元服し“家盛”となるが、
兄・清盛(松山ケンイチ)からは、月1度の文のみ。
父・忠盛(中井貴一)らに呆れられている。。。。そのころ。

清盛は瀬戸内の海で海賊と戦い、奪われた物を漁民に返すという活動をしていた。
鱸丸(上川隆也)らと“船の警固役”と、、、名乗っていたのだが。。。。。
ある日。賊と間違われ捕らえられてしまう。
呆れかえる父・忠盛らであったが、瀬戸内へと戻ることを許さず。
京へと留まるようにと清盛に命じるのだった。

そんななか忠盛は、鳥羽院に掛け合い清盛に“北面の武士”として
院の警固を負わせようとするのだが。
逆に、清盛の素性に疑念を抱く院から、清盛の忠義を問われてしまう。
だが院の側近・藤原家成(佐藤二朗)の取りなしで、許可される忠盛。

ただ忠盛が警固役について清盛に伝えても、当然のごとく拒否されるのだった。
“王家の犬にはなりたくない。媚びを売るつまらぬ武士になりたくない”と。
ひとりで生きていくと父・忠盛に伝えるのだった。

一方、わが子を“北面の武士”にと源為義(小日向文世)は、家成に訴え出るが
家成は、清盛にするつもりだと為義に告げる。
それを聞いた為義の子・義朝(玉木宏)は、清盛の前に現れその考えを失笑。
まったくワケが分からない清盛であったが。。。。。

そんなとき、清盛の馴染みの国松たちが貴族と問題を起こしてしまい、
清盛は、父・忠盛に責を負うと告げるのだが、
逆に忠盛から、清盛がしてきた“警固”の真相を知ってしまう。
村人のための賊退治だと思っていた行動が、実は違っていた。
その全てを収めるために忠盛たちが清盛を守っていたと知らされる。

「お前の知らぬところで、平氏一門がお前を守っておる」

敬称略



お話は。

元服をしても、身勝手な行動がなおらない清盛
自分なりに、自由に生き、、民のために行動をしていた。

つもりだった。。。。
だが“仲間”のトラブルで、全てを。。。そして自分の立場を知ってしまう

ま。。。そんなところか。


現代劇でもありそうな感じのネタである。

って、そういう分かり易さで描いているのでしょう。
無理してファンタジーするよりも、

シッカリと親子関係も描かれているし。
そこにある、、双方の苦悩も描かれている。もちろん一門の苦悩も。

その一方で、ライバル登場と。。。ライバルもシッカリ立っているし。

清盛の“転機”の1つと考えれば、
かなり真っ当な、、、普通の成長物語に仕上がっていますね。

『俺はどうしようも無い男じゃ。
 赤子のように守られているとも知らず。
 思い上がってひとりで生きておるつもりになって。
 俺は何も出来ない、つまらないヤツだ。
 平氏のもとにいなければ、のたれ死ぬしか無い弱き気野良犬なんじゃ。
 俺など要らぬ、要らぬ。』


なかなか、良かったと思います。


楽天ブログ版
第3回 

TBが飛ばない場合は以下のURLへどうぞ
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-3232.html
『テレビ』 ジャンルのランキング
トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 機動戦士ガンダムAGE 第... | トップ | 早海さんと呼ばれる日 第2... »

あわせて読む

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「平清盛」第3話 (またり、すばるくん。)
第3回「源平の御曹司」 
【平清盛】第3回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
清盛(松山ケンイチ)は、瀬戸内海で船の警護役と称し海賊と戦い、取り返した食物を 漁民に返すという無頼の日々を送っていた。 しかし、賊と間違われた清盛は捕らえられ、京に連れ戻されてしまう。 再...
『平清盛』第3回 (悠雅的生活)
~源平の御曹司~
大河ドラマ「平清盛」第3回 (日々“是”精進! ver.A)
実は、守られていた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201220004/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング :...
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男3お前は平家に守られている!これからは武士が王家を守っていると知らしめる時代だ!清盛はその... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」第3話は清盛は西海で海賊退治をしていたものの、逆に海賊と間違われて捕まってしまう。身元がわかり釈放されるも、忠盛に北面の武士になるよう命じるも清盛 ...
平清盛 ♯3 (しなもにあ 2)
藤木直人と玉木宏が似ているので見分けがつかないと旦那が言うエーそんなことないでし
平清盛 第3回 「源平の御曹司」 (青いblog)
NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 解説 番組詳細 ...
〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第3回「源平の御曹司」 検非違使と北面の武士 (しっとう?岩田亜矢那)
「御曹司」というと「源氏」って(特に義経の)イメージが強くって 「源平の御曹司」と源平を並べるのって、なんか違和感を抱くなー。 まあ驕る前の平家なら間違いでもないんやろうけど。 きっどさんが今日の放送で注目したいのが 清盛がとっ捕まっていた「検非違使庁」 ...
平清盛 3話 感想 玉木宏 (ドラマとアニメの感想日記)
「平清盛」第3話「源平の御曹司」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 玉木宏さんがいっぱい出てくれるかな~と楽しみにしていましたv さて、弟も元服して家盛になりましたね。 家を守れってな名前みたいな。^^ 清盛も簡単ながら、文だけは家に送っている...
大河ドラマ 「平清盛」 #03 源平の御曹司 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
後々争うことになるこの二人。 とりあえずはいいライバルとして歩んで行くことでしょう。
大河ドラマ「平清盛」 第3話 あらすじ感... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
野良犬の声が、この面白うもないこの世を変えるまで。面白う、生きてやる!!」弟は家盛に。だが、この元服の義に、清盛の姿はない。清盛は1月に1回『息災也』の文を寄越すだけで...
大河ドラマ「平清盛」 第3話 あらすじ感想「源平の御曹司」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
野良犬の声が、この面白うもないこの世を変えるまで。 面白う、生きてやる!!」 弟は家盛に。 だが、この元服の義に、清盛の姿はない。 清盛は1月に1回『息災也』の文を寄越すだけで、今は鱸丸らと共に船の警護役を務め、無頼の日々を送っているよう。 だが...
大河ドラマ「平清盛」 第3話「源平の御曹司」 感想 (空色きゃんでぃ)
源義朝なくして平清盛なく、 平清盛なくして源義朝なかった 永遠のライバル誕生!(メ^_^)=O=(^_^メ) いじけた平清盛(松山ケンイチ)を立ち直らせたのは、ライバル源義朝(玉木宏)! 勝負して友情を育む2人w 競べ馬かっこいい♪ 顔を見られたくなくて振り向...
平清盛 第3回「源平の御曹司」 (あしたまにあーな)
3回目にして早くもはじめの山場を迎えたような気がします。鱸丸たちと共に海賊と戦って得た利益を民に分け与えては、感謝されることに対して満足する毎日を暮らしていた清盛ですが、実は自分一人で生きている訳ではなかったことが後ほどになって分かります。 浅はかな手段...
大河ドラマ「平清盛」 Vol.3源平の御曹司 (Refreshing-wind-blows※別館※)
【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送...
「平清盛」 第3回、源平の御曹司 (センゴク雑記)
大河ドラマ「平清盛」。第3回、源平の御曹司。 今後もライバルとして競うこととなる、源義朝の登場。 同じ武士の御曹司との出会いが清盛に影響を与える。
平清盛 第3回「源平の御曹司」 (ブルー・カフェ)
ご飯食べながら見ていたので、リアルタイムでのレビューは書けませんでした。「今日は書かなくてもいっか…」と、思っていたら!鳥羽上皇に発した璋子のあまりのKY発言にぶっ飛んでしまった「平清盛」第3話です。【息災也】前回、白河法皇の前で「マジ、殺しち....
平清盛 #03「源平の御曹司」 (昼寝の時間)
公式サイト 1132年、清盛(松山ケンイチ)の弟・平次(大東駿介)は元服し、家盛
最後から二番目の恋 第2回「ひとりって切ないくらい自由」  (昼寝の時間)
公式サイト 感想のみ書きます。少し突っ込み入れてます。 誘ってきた真平に、ずっと
【平清盛】第3回感想と視聴率「源平の御曹司」 (ショコラの日記帳)
【第3回視聴率は、1/23(月)追加予定】平清盛(松山ケンイチ)が舞いを舞った時から3年が経ち、1132年になりました。 平清盛は、1118年生まれなので、数えで15歳。源義朝(玉木宏)...
【平清盛】第3回感想と視聴率「源平の御曹司」 (ショコラの日記帳・別館)
【第3回視聴率は、1/23(月)追加予定】 平清盛(松山ケンイチ)が舞いを舞った
平清盛 第3話 (なんでもあり~な日記(カープ中心?))
清盛が自分を見つめなおすことが出来たようです。 めでたしめでたし!(違 鳥羽上皇がヤンデレ化一歩手前―――!! 面白いですね。 どろどろ模様が(゜∀゜) 叔父子と思えば大丈夫 ...
NHK大河ドラマ『平清盛』第3回「源平の御曹司」 (よくばりアンテナ)
やんちゃな清盛は家を出て、手下を従え 海賊たちを追い払い、取り返した食糧を民に分けていた。 親に頼らず1人で生きていると思っていた。 思いっきり平家に反抗して、 とんがっちゃったりして、ヤンキ...
「平清盛」第3話。 (Flour of Life)
今週もこのお時間がやってまいりました~。日曜8時が楽しみなのって何年ぶり?
「平清盛」第3回 就職した松山ケンイチさん (今日も何かあたらしいドラマ)
「平清盛」第3回、無頼な義賊を気取る清盛=松山ケンイチさんが、よってたかって、 平家の嫡男である事を自覚させられ、ちゃんと就職して北面の武士になるまでのお話。 武士は犬だと嫌う彼だけど、あん...
平清盛 #3 源平の御曹司 (シフォンなキモチ)
今年の大河は面白いわー。たまちゃん、酷すぎ!いくらなんでも、鳥羽上皇かわいそすぎ・・・。面と向かって、「あなたの子じゃないけど、かわいがって(はぁと)」はないっしょ! もう、堀河の局も可哀想すぎるw さぞや胃が痛いであろう・・・。そういえば、後の西行こ...
僕の愛馬を知りませんか?行方不明になりました(松山ケンイチ) (キッドのブログinココログ)
今、すぐ探しに行かないと、さあ、早く見つけないとまだ滅びていないニホンオオカミに食べられちゃう。 見たこともないような戦術で聞いたこともないような戦争をしたい・・・だから・・・今日も明日もあさっても愛馬を捜すでしょう。 ・・・なんていうか・・・そういう感...
平清盛 第3回「源平の御曹司」~俺はどうしようもない男じゃ! 俺などいらぬ! (平成エンタメ研究所)
 鼻っ柱を折られるのが青春だ。  清盛(松山ケンイチ)は打ちのめされる。  海賊退治。  しかし退治したことで、海賊の怒りを買い、逆に助けた民がひどいめに遭うことに。  そのことに若い清盛は思い至らない。  囚われた仲間を助けられない自分。  清盛は、自分の...
「平清盛」第3回 簡単ですが感想をば (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
今週は簡単感想の1週間になってしまいますが どうぞよろしくお願いいたしますm(__)mそして コメント下さった方々、ありがとうございます! お返事は明日させてくださいませ!あと...
平清盛、源平の争いは百済と新羅の争い?? (函館 Glass Life)
画面が薄汚いとクレームがついたようですが、時代背景 からするとあたらずも遠からずでは 天皇家や摂関家と虐げられていた武士との対比を強調す る演出もあるような気もします 自分の思うがまま生きているつもりの清盛ですが、平氏 の力に庇護されていた事にようや...
平清盛 第3回 「源平の御曹司」 (shaberiba)
1匹の野良犬として生きてやる!! 家を出た清盛は漁師達の為に海賊と戦い、 瀬戸内海の警護をはじめる しかし後にそれは・・思いあがった行動だったことをしる清盛。 そんな彼の前に源義朝(玉木宏)登...
「平清盛」 第3回 (to Heart)
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/伊東四朗/藤木直人/玉木宏/豊原功補/佐戸井けん太/藤本隆宏/三上博史/檀れい/りょう/和久井映見/小日向文世 第3回「源平の御曹司」 17.2% 1132年、清盛(...
平清盛第3話(1.22) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
鳥羽上皇@三上博史と崇徳天皇@桑代貴明の間が冷ややかな中、 己の未熟を思い知った平清盛@松山ケンイチが北面の武士を拝命したという話 平氏が院に重んじられるのに焦りを隠せない源為義@小日向文世、 武者姿凛々しい義朝@玉木宏、源氏の親子の描き方がいいですな 一...
平清盛【第3回】NHK大河ドラマ (だらだらぐーたらぐだぐだ日記)
源平の御曹司  「オレ…、オレは…、どうしようも無い男じゃ…。赤子のように、守られているとも知らず…、思い上がって…、ひとりで生きておるつもりになって…、オレはぁ…、なにもできない…、つまらないヤツだ…。平氏のもとにいなければ…、のたれ死ぬしかな...