レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

JIN−仁− 第七話

2011年05月29日 21時50分15秒 | 2011年ドラマ
『永遠の愛と別れ

内容
初めて会ったときとは印象が異なってしまった龍馬(内野聖陽)との再会に、
戸惑いを覚えたまま、仁(大沢たかお)は、江戸の仁友堂に戻ってくる。
大喜びの咲(綾瀬はるか)たちであったが、
そこに上役(中原丈雄)から龍馬の調査を命じられた恭太郎(小出恵介)が現れ
幕府と敵対する立場となった龍馬について尋ねてくるのだった。
ケンカ別れしたことを伝える仁に、つきあいに注意するよ促す恭太郎。

一方で、龍馬の暗殺について考える仁であったが、どうしても思い出せずにいた。
また思い出そうとすると頭痛が。。。。
ただ勝麟太郎(小日向文世)の話で、現在が1867年と分かり
そろそろ“大政奉還”であるコトは確認出来た仁。

そんななか、野風(中谷美紀)から手紙が届く。
ルロンと結婚する事になったという知らせで、婚礼に招きたいということだった。
横浜に到着後、屋敷に招かれ食事をご馳走になる2人。

その後、野風から、診てもらいたい患者がいると告げられ仁は、別室へ招かれる。
“あちきのすべてをみて頂こうとおもいんした”
と着物を脱ぎ始める野風。。。。そして野風は、脇の下の“しこり”を告白する。

“子には、岩の毒は回りんすか?”


敬称略


はじめに書いておく。

これは、もう書かないでおこうと思っていたことであるが。

野風との再会で“未来”が見えるドラマを描こうとしているからこそ
あえて書いておきます。


“動き”のある内容。..ドラマなら、多少のカメラの揺れは許せます。
ですが、

“ドラマ”をシッカリ内容で魅せようとしているときは、
さすがに、その“ドラマ”に集中しているからこそ、
アップのシーンでのカメラの揺れは、どうしても気になるモノです。

緊張感?
他のシーンでは固定しているか、揺れを制御している部分も多いのに???

集中して見ていると、ドラマの内容に酔うのではなく
画面の揺れに酔った感じになってしまいました。

実際、これは毎回のことなんですけどね。

演出も兼ねている部分もあるのだろうが、“記念ドラマ”なんですよね?
地デジ化が進む世界で、アナログなモノは、“昔”より目立つモノです。


さて。

とりあえず、今回は、、、えっと、、、

野風との再会、、そして再発していた野風!

そんなお話である。


話数が、第七話だから、
もう折り返しを超えている今作。

今回は、間違いなく、野風の最後の後始末である。
“最後”をつけるのもオカシイが、
何度も“退場”を引き延ばしてきましたからね。

ようやく、ホントの退場。
ネタフリがあったように、“未来”に繋がるのでしょう。

これが、前作の最終回とすり替えると、
ちょうど良い盛り上がりの後になるだろうから、もっと感動的。
いや、今作の仁友堂から去った直後であっても、感動的。。。。だったでしょう。

3話くらい、仁が旅をしていましたので
“いまさら?”。。。と感じたのは言うまでもありません。

1つの“まとめ”としては、良い“まとめ”なんですけどね!

何度も旅に出るようなことしなくても、
野風とのことを決着させた後、旅立っていれば良かったのに。。。。


ま。いいや。今回は今回で、まとまってるから。

しかしまあ。。。龍馬、龍馬と、、、ほんと龍馬を中心に描きますよね。

そら人気がある“キャラ”だから、仕方ないだろうが。
描けば描くほど、仁の影が薄くなっている気がします。
仁が口にする言葉も、
もしかしたら、、病気?、、等を感じてしまうほど。
堂々巡りだし。。。

これまでの感想

第六話 
第五話 第四話 第三話 第二話 第一話


TB出来ない場合は以下へお願いします。
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2584.html




楽天ブログ
第七話 
『テレビ』 ジャンルのランキング
トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江〜姫たちの戦国〜 第二十回 ... | トップ | マルモのおきて 第6話 マルモ... »

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
JIN−仁−第7話 (なんでもあり〜な日記(カープ中心?))
野風さん見てると泣ける ・゚・(つД`)・゚・ 演技だけでお腹いっぱいです(え 来週で野風さんはどうにかなってしまうようなので、 早くも来週が楽しみです。 で、龍馬は一体ど ...
JIN―仁― 第7話 (MAGI☆の日記)
JIN―仁―の第7話を見ました。 江戸に戻った仁は、長崎でけんか別れになってしまった龍馬のことが心配でならない。 そこに幕府が謀反人として追う龍馬の動向を探るよう命じられた恭太郎が仁を訪ねてくる...
ドラマ「JIN-仁-」完結編 第7話感想「永遠... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
坂本龍馬と同じですね。龍馬が死んだ日も確か--------------。未来の言った言葉。それを思い出す仁。だが、どうしても思い出せない龍馬の死んだ日にち。それがこのタイムスリップの鍵に...
ドラマ「JIN-仁-」完結編 第7話 感想「永遠の愛と別れ」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
坂本龍馬と同じですね。 龍馬が死んだ日も確か--------------。 未来の言った言葉。 それを思い出す仁。 だが、どうしても思い出せない龍馬の死んだ日にち。 それがこのタイムスリップの鍵になるのか・・・。 いよいよ終盤ですねぇ。 今回も泣かせてもらいました...
JIN-仁- #07 (ぐ〜たらにっき)
『永遠の愛と別れ』
〔感懐5.29〕JIN−仁− 完結編 第七話「永遠の愛と別れ」 無から仁義の戦を始めるもの、それもまた勇者也。 (義風捫虱堂)
JIN−仁− 完結編 第七話「永遠の愛と別れ」 DOG DAYS 第9話「グラナ砦攻防戦」。。。順次更新
「JIN−仁− 完結編」第7話 (またり、すばるくん。)
第七話「永遠の愛と別れ」                             あらすじ(公式サイト)
「JIN -仁-」神に試される医師7野風の想いが未来の言葉と繋がり仁はその想いを受け入れるのだった (オールマイティにコメンテート)
「JIN -仁-」第7話は仁は龍馬暗殺の日時を思い出そうとしていたが歴史音痴の仁は思い出せなかった。そんな中仁と咲は野風に結婚式に招待されて横浜へ訪れた。そして野風と会食後野 ...
『JIN−仁−』(完結編)第7話 (悠雅的生活)
〜永遠の愛と別れ〜
「JIN-仁-」完結編 第7話 感想「永遠の愛と別れ」  (shaberiba)
この美しい人にどれほどの愛情をもらってきたんだろう・・・ やはり転移していた癌・・彼女の命はあと2年。 先生のしたことはやはり延命でしかなかったのか・・ でも彼女は笑った・・  2年もあるなら子を抱けると・・  命をつないで・・未来を見るのだと  ---...
ドラマ JIN -仁- 完結編第7話 (たかいわ勇樹の徒然なる日記)
 世間ではドラマ「JIN -仁- 完結編」に登場する“幕末の味”を楽しめるタイアップ商品がセブンイレブンで発売中で、ドラマで咲が作る「橘家の揚げだし豆腐」や、劇中に登場するレシピを忠実に再現したという「安道名津」が大人気だそうですね。  私も今週辺り「安道...
JIN 〜仁〜 第7話 (シフォンなキモチ)
江戸へ戻った先生、今度は野風に誘いを受け、横浜に。結婚式ですって[E:heart] 幸せ一杯、なのに、野風はガン再発・・・。妊娠している事を告げる野風ですが、仁先生は母体の安全を考えると止めた方が良いと忠告します。 でも、子どもは自分の夢・・・だと言う野風。やっ...
Jin-仁ー2  #7 (よくばりアンテナ)
長崎から戻ってきた仁先生に2通の手紙が届いていた。 1通目はケンカ別れした龍馬さんから写真の裏に長芋の歌。 もう1通は野風さんから、国際結婚が認められたから結婚式の招待状☆☆ 咲さんの兄・...
【JIN-仁-】第7話 (ドラマ@見取り八段・実0段)
「歴史を変えたい」と思うと、必ず襲われるこの頭痛。 どういうカラクリかは分からないが やはり、あの男は俺で この頭痛のもとは、あの腫瘍で 俺にはめられた孫悟空の輪でもあるんじゃないだろうか...
『JIN-仁-完結編』 第7話 (美容師は見た…)
咲と言う人は、相手の言葉をしっかり受け止め、何を思い何を言わんとしているのかを察知すると、即座に脳内コンピューターにかけ、それをはっきり示し、問い、決めるのも早いんですよね〜。しかも、うじうじと悩むこともなく常に前向き。それなのに、あ〜それなのに…仁先...
JIN 仁 完結編 第7話 感想 (オタクと呼ばないで)
昨夜放送のTBS系ドラマ「JIN 仁 完結編」第7話の感想など。野風(中谷美紀さん)がフランス人の富豪と結婚式を挙げるため、横浜まで招待された南方仁(大沢たかお さん)と橘咲(綾瀬はるか さん)。仁が野風に「診てもらいたい患者がいる」と言われ案内された部屋には...
「JIN -仁-」第7話 (日々“是”精進! ver.A)
大政奉還へ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105290005/ JIN-仁- BD-BOX [Blu-ray] posted with amazlet at 11.05.26 角川映画 (2011-02-18) 売り上げランキング: 1796 Amazon.co.jp ...
JIN-仁- 第7話〜未来へと続く命の川 (平成エンタメ研究所)
 未来へと続く命の川。  人は生きて何かを残す。  野風(中谷美紀)の場合は<子供>。  自分の血と肉を分けた子供がまた子供を生み、命の川の連なりの中で永遠に生きる。  咲(綾瀬はるか)の場合は<仁友堂>。  仁友堂を通して医学技術を残すことで、医学技術は....
JIN-仁- 完結編 第6話 (昼寝の時間)
公式サイト 原作未読です。 今回は野風のお話が中心でした。 幕府から許可がでたの
「JIN-仁-」第7話感想です (徒然”腐”日記)
タイアップ商品買って来ちゃった〜セブンイレブンで仁先生考案 安道名津ちゃんと大吉屋って書いてあるw後で子供と一緒におやつで頂こうっとw・・・・追記食べました〜〜しっとり...
酔いどれプリンセス咲(JIN-仁- 完結編#6・7) (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『JIN-仁- 完結編』南方仁@大沢たかおは、ペニシリン普及のため長崎の精得館まで講義をしに出掛けるも、興味を持ってくれたのは岡田さん@浅野和之のみで涙目(爆)岡田は、無尽灯 ...
JIN-仁- 第二期(完結編)第七話 (ドラマハンティングP2G)
「永遠の愛と別れ」 坂本龍馬(内野聖陽)と気持ちがすれ違ったまま、長崎から江戸・仁友堂に戻った南方仁(大沢たかお)。 その頃、龍馬に関する事を探るように上役(中原丈雄)から命じられた橘恭太郎(小出恵介)は、探りを入れるため、度々『仁友堂』を訪れていた。...
JIN〜仁〜2 第7話 (ぷち丸くんの日常日記)
坂本龍馬(内野聖陽)と気持ちがすれ違ったまま、仁(大沢たかお)は 仁友堂に戻った。 上司から龍馬について調べるように命じられた恭太郎(小出恵介)は 度々、仁友堂を訪れていた。 咲(綾瀬はるか)は仁に、龍馬のことをあまり恭太郎に話さないように と忠告する...
《JIN-仁ー》★2−07 (まぁ、お茶でも)
仁は、未来の夢を見ていた。 「坂本龍馬と同じですね、龍馬は確か・・・」 そこで目が覚めた。 恭太郎は、奥詰歩兵頭・・龍馬のスパイ係に命じられた。 仁が長崎から戻った。皆に歓迎されて、仁もほっとした
【JIN(完結編)】第7話と視聴率「永遠の愛と... (ショコラの日記帳)
第7話の視聴率は、前回と同じく、18.8%でした。 仁先生考案の『安道奈津』をセブンイレブンで買って食べました♪と言っても、セブンイレブンとのコラボ商品なんですが♪(笑)甘さ...
JIN-仁- 完結編。第七話 (NelsonTouchBlog)
仁のもとに龍馬から手紙がきた。あれから喧嘩別れして気になっていた仁。手紙は仁と龍馬がいっしょに撮った写真、その裏に〜長芋の中より出でたる虫たちの江戸の芋にもすくいたるかな〜と一句書かれていた。咲とふたりで考えてみるに、龍馬は長州と薩摩の人間が江戸も食べ...
「Jin-仁- 完結編』第7話 (三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ)
再び襲う病魔。 宿った未来。 第7話『永遠の愛と別れ』ネタバレです。 日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブックTBSテレビ ワニブックス 2011-04-22 by G-Tools
『JIN−仁−』 第7話 (Noble&Pure)
第7話『永遠の愛と別れ』