レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』第9話

2017年03月12日 22時02分12秒 | 2017年ドラマ


「最終幕!!命運を握る最後の選択」
内容
深冬(竹内結子)の容体が急変する。
脳内の出血により、予定していた日程で手術が出来ない状態に陥ってしまう。
もう少し早く治療法を見つけていれば。。。と、後悔する沖田(木村拓哉)
状況の変化により、身内ではあったが、
壮大(浅野忠信)は、沖田より、自身の方が適切と考え、自ら手術をすることに。

一方で、壮大は、現職の大臣の手術を持ちかけられる。
かなり難易度の高い手術であり、成功すれば深冬も出来ると考え、
そのことを沖田に伝える。

同じ頃、沖田は、井川(松山ケンイチ)から、
安井亮子という女性の手術を頼まれる。
母・久乃、息子・知樹から、病院で一番の先生にと頼まれたという。

敬称略


もう、毎回の決まった印象になってしまっているが。

やはり。。。

今回も、複数のネタを盛りこむんだね(笑)

いや、それが悪いとか、そういうことじゃ無いんだけど。

サブタイトルで“最終幕”だとか言っているにもかかわらず、

ここで、深冬のことを先送りするって言う。。。。

その戦略が、正解かのかどうかは、よく分かりません。


ただ、もうひとつの“やはり”は。

深冬が“医師”から“患者”になったことで、

ドラマが安定していることですね。

 

これ、番宣で、そこまで強調はしていないのですが。

それこそ、
人間ドラマであると強調していれば、違ったんじゃ無いのかな??????

まさに、そんな感じだし。

ドラマとして、よく出来ているんですよね。

あとは、好みの問題だけ。

これは序盤からですけどね。

 

最後に、

今回を見ていて、ふと思ったんだけど。

そもそも、深冬って、医師である必要あったのかな???

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大河ドラマ『おんな城主直虎... | トップ | 日曜ドラマ『視覚探偵 日暮... »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
A LIFE~愛しき人~ #09 (ぐ~たらにっき)
『最終幕!!命運を握る最後の選択』
A LIFE~愛しき人~ 「最終幕!!命運を握る最後の選択」 (のほほん便り)
沖田(木村拓哉)は、父親を執刀した時のミスに、もっと真摯に患者と向いあわねばと決意を新たにし、深冬(竹内結子)からも手術を依頼されます。しかし、壮大(浅野忠信)に現職......
A LIFE~愛しき人~ (第9話/10分拡大版・2017/3/12) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBSテレビ系・日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』(公式) 第9話/10分拡大版『最終幕!!命運を握る最後の選択』の感想。 深冬(竹内結子)の腫瘍から出血が起き、手術は延期に......
A LIFE~愛しき人~ 第9話 (ぷち丸くんの日常日記)
深冬(竹内結子)の脳腫瘍から出血し、状態が落ち着くまで手術が延期になります。 手術の難易度が上がり、沖田(木村拓哉)はもっと早く最善の方法を見つけていればと悔やんで......
黙っていると怒っているように見える人(木村拓哉) (キッドのブログinココログ)
人間は苦悩する存在である。 過去を思い出し・・・未来を惧れて・・・現在に震える。 この厄介な「心」というものと付き合わなければほとんどの人は生きていけないのである。 惧れ......