レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

あさが来た 第133回

2016年03月07日 07時45分20秒 | 2016年ドラマ

『大番頭のてのひら』

内容
あさ(波瑠)が、大学設立の準備を進める中、
雁助(山内圭哉)が事故にあったというしらせが届く。
新次郎(玉木宏)榮三郎(桐山照史)が見舞いに行くことを決断。
大学設立に忙しいあさに代わって、うめ(友近)が。。。。

敬称略


えっと。。。これは、週末まで引っ張るの???

まさかと思うが。

あさのことで、病院関係のセット、小道具が集まっているので、

じゃ、ついでに、やっちゃえ!

ってこと??

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族ノカタチ 第8話 | トップ | いつかこの恋を思い出してき... »

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あさが来た (第133回・3/7) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第23週『大番頭のてのひら』『第133回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 ※ 本作は、3/5 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期...
時代の足音>『あさが来た』第133話 (何がなんだか…ひじゅに館)
今週のタイトルは『大番頭のてのひら』 聞いたときは、てっきり 鴈助さんの掌の上で転がされる一同 …というオチかと思ったけど 思ったより重症っぽい鴈助さん (最初からそう言ってたやん) 「てのひら」は文字通りの掌かもしれん ままままさか うめさんが...
時代の足音>『あさが来た』第133話 (もう…何がなんだか日記)
今週のタイトルは『大番頭のてのひら』聞いたときは、てっきり鴈助さんの掌の上で転がされる一同…というオチかと思ったけど思ったより重症っぽい鴈助さん(最初からそう言って...
NHK朝ドラ【あさが来た】 第133回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
かつて加野屋で大番頭を務めていた雁助(山内圭哉)は、神戸で別れた妻と娘夫婦とでマッチ工場を営んでいた。その雁助が工場で、事故にあってしまう。多忙なあさ(波瑠)に変わって、新次郎(玉木宏)や榮三郎(桐山照史)、うめ(友近)が雁助の病室に見舞いに駆けつける...
【あさが来た】第22週&第133回感想と第21週視聴率&各種情報 (ショコラの日記帳・別館)
クランクアップとスピンオフについては、前の記事(今週の日別粗筋(ネタバレ))に書
【あさが来た】第22週&第133回感想と第21週視... (ショコラの日記帳)
クランクアップとスピンオフについては、前の記事(今週の日別粗筋(ネタバレ))に書きました。4/2(土)、「『あさが来た』最終回を見る会」がNHK大阪放送局で開催されます。ゲストは、波瑠...
「あさが来た」 第23週 大番頭のてのひら 第133話 (トリ猫家族)
 さて、雁助はん(山内圭哉)のことだす。 なんでも工場の棚から石油缶が落ちてきて、それが頭を直撃し、意識不明が続いているようだす。 さらに雁助の嫁さんの手紙ではお金を融 ...