レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

花燃ゆ 第十一回

2015年03月15日 18時42分24秒 | 2015年ドラマ

『突然の恋』
「突然の恋松下村塾に舞い降りた運命の神のいたずら」

内容
安政四年。新たに前原一誠(佐藤隆太)もやって来て、
身分の分け隔てなく若者たちが集まる松陰(伊勢谷友介)の私塾は、
正式に松下村塾という名前を受け継ぐことになっていた。

そんなある日のこと、
塾生の世話ばかりをする文(井上真央)を心配した姉・寿(優香)は、
椋梨(内藤剛志)の妻・美鶴(若村麻由美)に文の縁談を頼もうとする。
そのため、寿は、文には、茶話会の菓子作りをさせ、届けるようにと伝え、
その文の付き添いを久坂(東出昌大)に命じるのだった。
お互いに、ほんとうの気持ちを口にすることが出来ない文と久坂。

敬称略


細かい事はともかく。

8割方は、次回のための話。

そして、残りは、前原一誠の紹介話。


う~~~ん。。。。

思うんだけど、2話に分ける必要って、あったのかな???

たしかに、意見書云々もあったけど。

今作って、その部分がメインじゃ無いよね???

青春群像劇だよね???(苦笑)

じゃ。今回。
テキトーに恋バナを盛り上げて、結婚までやっちゃえば良いだろうに。


あ、

ちなみに、個人的には、

意見書云々のほうをメインにして欲しいんだけどね!

そうじゃないって言うんだから、仕方あるまい。

だったら、そう描けば良いってだけである。

いや、それだけで、いいだろうに。。。。

個人的には、不満だけど。
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Go!プリンセスプリキュア... | トップ | 流星ワゴン 第9話 »

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹11文は寿が進めた縁談に困惑!しかし伊之助が進めた久坂玄瑞の縁談には自らの心を察してくれた事... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第11話は松下村塾は身分関係なく塾生を募っているという事が評判となり広く知られるようになっていた。そんな中長州藩ではアメリカからの日米通商条約の締 ...
【 花燃ゆ 】第11回 「突然の恋」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
松下村塾が型破りな学び舎として広く知れ渡ると、文(井上真央)は塾生たちの 世話で一層忙しくなる。 その様子を見て心配した姉の寿(優香)は、文に縁談を持ってくる。 塾生の久坂玄瑞(東出昌大)は文にほのかな想いを抱いていたが、気持ちを 打ち明けられぬまま...
〔NHK大河ドラマ〕花燃ゆ 第11回「突然の恋」感想  何故に恋愛結婚を演出したがるのか? (しっとう?岩田亜矢那)
「八重の桜」でもそうなんだけど、どうして女性主人公の大河ドラマは 何故婚前に恋愛感情があった「恋愛結婚」と演出したがるんだろう? 「江〜姫たちの戦国〜」なんて戦国・安土桃山時代の大名家同士の婚姻なんてナンセンスの極みなんだけど。 実....
大河ドラマ「花燃ゆ」 #11 突然の恋 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
いきなり恋ですか。 まぁ、史実があまりわかっていないわけですから…。
花燃ゆ 第11回「突然の恋」 (ともさんのふむふむ大辞典)
規模を拡大しつつある松下村塾に登場したのが前原一誠でした。彼は周囲の塾生とはちょっとだけ考え方が異なっていて、貧困に対して問題意識を持っていて自分がどうすることが正しいのか悩んでいたのですが、そこに松陰は進んで意見を聞きながら、さらに松陰自身も最新の自...
花燃ゆ #11「突然の恋」 (昼寝の時間)
公式サイト 松下村塾が型破りな学び舎として広く知れ渡ると、文(井上真央)は塾生た
妻を娶るは子孫相続の為なれば子なき女は去るべし(宮崎香蓮) (キッドのブログinココログ)
江戸時代の女子教育のための覚書のようなものが「女大学」である。 基本的に男尊女卑で貫かれているため、女子に基本的人権がない体裁である。 もちろん・・・当時の女性がそのように生きたとは言えない。 教科書通りに生きるのは昔も今も困難だからである。 嫁としての心...
花燃ゆ 第11回「突然の恋」~心を偽るなど生きていく上では当たり前のことじゃ (平成エンタメ研究所)
「なぜ飢える者がいるのか?」  国家や異敵のことばかりを論じている松下村塾で、前原一誠(佐藤隆太)は新しい問題提起。  周囲がしらける中で、松陰(伊勢谷友介)はこの問題提起を採用した。  こういう所、松陰はいい先生ですよね。  抽象的な天下国家の問題も大事...
「花燃ゆ」 第11回、突然の恋 (センゴク雑記)
大河ドラマ「花燃ゆ」。第11回、突然の恋。 久坂と文の結婚話。 文の恋というには確かに突然・・・ご都合展開という感じがします。 八重の時も思ったけど、結局は兄の言うままに結婚という所に時代を感じますね。
花燃ゆ 第11回「突然の恋」途中からですが... (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
まずは、ブログの方でもプロフの方でもコメント下さった方々、ありがとうございます!m(__)mお返事の方、もう少しお待ち下さいませねm(__)mさて、結局先週、録画すらも見る時間が無く今...