レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

真田丸 第1回

2016年01月10日 18時53分40秒 | 2016年ドラマ


「船出」

内容
天正十年二月。信玄の死から九年。
重臣の裏切り。そして織田家による侵攻。武田家は窮地を迎えていた。
そして真田源次郎信繁(堺雅人)は、徳川の兵に追われ逃げていた。。。

武田家当主・勝頼(平岳大)は、
重臣・跡部勝資(稲荷卓央)小山田信茂(温水洋一)らと軍議を開いていた。
しかし、次の策がなく。。。そこへ、穴山梅雪(榎木孝明)が現れ、
本拠地である新府への撤退を進言。
意見を求められた真田昌幸(草刈正雄)もまた、同調。
勝頼は、新府へと戻ることを決断するのだった。
ただ昌幸は、息子・源三郎信幸(大泉洋)に、南方からの侵攻が心配と口にする。

その後、新府の真田屋敷へと戻ってきた信繁は、兄・信幸に叱られてしまうが。
信繁が南方からの侵攻が気になったと口にしたことに、
信幸は驚きを隠せずにいた。

やがて軍議から戻ってきた昌幸は、織田家の強さが本物であると。
武田家が滅ぶと、信幸、信繁兄弟に伝える。新府の屋敷を捨て、次へと向かうと。
すでに策はあると言う事だった。
戸惑う信幸、信繁兄弟であったが。。。。

そしてついに、穴山梅雪の裏切りにより、
織田家、徳川家の軍勢が、武田家領内に侵攻してくる。
昌幸は、上野にある自らの居城、岩櫃城への撤退を勝頼に進言したのだが。。。。

敬称略


作は。。。三谷幸喜さん

演出は、木村隆文さん


発表されてから、ずっと期待されてきた作品が、

ようやくスタート!

そんなところでしょうか。

 

 

話自体は、戦国を生きた。。。

いや、生き抜いていった真田家の物語ということだ。

メインは、信繁だが。基本は、真田家。

今後の展開を。。。歴史を知っていれば分かりますが。

HPの登場人物を見ても分かるように、

きっと、真田家を中心にバランス良く描いていくのだろう。

そう。あえて、真田家。。。と書いておく。


実際のトコロ、明らかに

昌幸、信幸、信繁をバランス良く描いているし。

サラッと流し気味に見えても、3人のキャラもシッカリ描いている。

このあたり。。。お見事ですね。

俳優を揃えているにもかかわらず、

無理して、あのキャラ、このキャラと、盛り込んでいないのも

さすがである。

一方で、やはり。。視聴者の中には、歴史を知らない人も多くいるので。

地図を使い、上手く魅せているのも、かなり良心的。

詳細などは理解出来なくとも、

ドラマとして。。。
歴史ドラマとして、初心者でも受け入れることが出来るでしょう。

依頼した先が良かったかな(笑)

ナレーションも良し。


まあ、若干、ゆるめのトコロもありますが、

そのあたりは、作者のらしさ。。。そして、緊張と緩和。。。。

と考えておきます。

そういう中にも、兄弟のキャラがシッカリ描かれていますしね。

《真田丸》が、真田家のホームドラマと考えれば、

そういう部分も、無くてはならないと言っても過言では無い。


個人的印象では、合格点をはるかに超えていると思います。

久々に、本物の“大河ドラマ”を見た感じ。

あとは。。。。戦いの魅せ方だけかな。

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮面ライダーゴースト13+... | トップ | あさが来た 第86回 »

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「真田丸」 #01 船出 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
三谷幸喜と堺雅人のコラボ。
〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第1回「船出」感想 三谷幸喜史観をどこまで出せるか? (しっとう?岩田亜矢那)
大河ドラマ感想ブログを続けてるので意地で観てたけど、 退屈で苦痛で仕様が無かった「花燃ゆ」地獄からやっと脱出して、 本日からいよいよ「真田丸」のスタートでございます。 脚本担当の三谷幸喜はああ見えて実は史実に忠実。 ただ、俗説が広まってるけど、決して根拠....
新大河ドラマ「真田丸」第1回 (日々“是”精進! ver.F)
岩櫃城へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601100000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]価格:1,188円(税込、送料込)
真田丸 第1回「船出」見ました! (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
見ましたっっ!!(^0^)面白かったっっ!!!(^0^)と、その前に。昨日、思いっきり別マガ感想で アル戦のところに荒川先生コメントについての感想も書きますとか言っておいて書き忘れ...
真田丸 第一回 「船出」 (事務職員へのこの1冊)
さあ大河。去年は現総理へのヨイショ企画だったので完全に無視したけれど、今年は「龍馬伝」「軍師官兵衛」につづいて全話征服する覚悟でございます。なにしろ大好きだった「新選組!」以来の三谷幸喜大河。その山南敬助役でブレイクした堺雅人主演。彼と「アフタースク...
真田丸 第1話「船出」 (昼寝の時間)
公式サイト 1582年2月。真田家の主君である武田家は、織田信長の大軍の猛攻を受
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い1武田家滅亡で壮絶な生き残りへの戦いが始まった (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」は真田幸村の名前で知られる真田信繁の生涯を描く波乱万丈のストーリーである。小国で厳しい状況を生き抜きながら最後には義を導き通して散っていった真田信 ...
【真田丸】第1回 「船出」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
1582年2月。真田家の主君である武田家は、織田信長の大軍の猛攻を受け窮地に陥っていた。真田昌幸(草刈正雄)は岩櫃城で織田軍を迎え撃つよう武田勝頼(平岳大)に進言。しかし、武田家内部には新参者の真田家を蔑む者たちも多かった。そんなある夜、昌幸の息子・信繁(...
真田丸「船出」 (のほほん便り)
三谷幸喜氏が「新選組!」より久々に、NHK大河で、堺雅人を中心に、物語を展開。 原作というか史実では「真田丸」とは、「大坂の陣」で劣勢の豊臣方についた真田幸村が、大坂城の一角に構築した砦の名称のことなのだそう 印象として、テンポが早くて、ちょっと斬...
真田丸 第1回「船出」~亡くなった信玄公に義理立てして何になるのですか! (平成エンタメ研究所)
「捨て鉢にならず、最後まで望みを捨てなかった者にのみ、道は開けまする」 「亡くなった信玄公に義理立てして何になるのですか!」  これなんですよね、三谷幸喜さんが言い続けてきたことって。  古畑任三郎 三谷幸喜さんが言いたかったこと(本ブログ)  名誉や....
真田丸(堺雅人)天正十年、岩櫃城か岩殿山城か、それが問題だ(大泉洋)昌幸の野望(草刈正雄) (キッドのブログinココログ)
長澤まさみ抜きでスタートかよっ。 まあ・・・とにかく・・・無国籍ロマン風な幕末大河の後は・・・なんだかとっても光栄な戦国大河である。 ゾクゾクするのお・・・。 話をどこから始めるかは・・・重要な問題だが・・・いきなり、武田家のクライマックスである。 ストー...
【真田丸】初回(第1回)感想と視聴率「船出」 (ショコラの日記帳)
【初回(第1話)の視聴率は1/12(火)追記予定】有働さん、紅白の総合司会の次、大河の語りとは、NHKの看板アナウンサーみたいですね(^^)これから「あさイチ」で、朝ドラだけでなく、大...
【真田丸】初回(第1回)感想と視聴率「船出」 (ショコラの日記帳・別館)
【初回(第1話)の視聴率は1/12(火)追記予定】 有働さん、紅白の総合司会の次
真田丸 第1回「船出」 (あしたまにあーな)
おそらくこの時を多くの人が待ちわびていたのではないでしょうか。大河ドラマの王道中の王道とも言える戦国時代において、有名人である真田。しかもその脚本が三谷幸喜さんというこれまた有名人であり、主人公幸村を演じるのは、半沢直樹で一世を風靡した堺雅人とくれば、...
「真田丸」1 ☆☆☆ (ドラマでポン)
久しぶりの戦国大河!「新撰組!」以来の三谷大河!楽しみにしていましたよ、西村雅彦も出演ですし(^^) タイトルの「真田丸」は、後年築かれた砦の名でもあり、戦の世に翻弄される ...
真田丸、偉大な父を持った息子達!! (函館 Glass Life)
大河ドラマでは久し振りの戦国物、いよいよ真田丸が始まりました 大坂の陣で敵対した徳川家康にでさえ、「あの世に行ったら真っ先 に酒を酌み交わしたい人物である」とまで評された真田信繁 真田家を戦国大名として存続させた昌幸、松城藩真田家として幕末 まで続く礎...
大河ドラマ 真田丸 第1回 (架空と現実の雑記帳)
何年も前から池波正太郎の「真田太平記」を読みたいと思って、でも読む機会がなかったところ、 NHK大河ドラマで「真田丸」をやるというので、非常に楽しみにしておりました。