レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

花燃ゆ 第十四回

2015年04月05日 18時41分47秒 | 2015年ドラマ

『さらば青春』
「さらば!青春~世の中の役に立つため命をかける塾」

内容
安政五年。江戸から届いた文で、松陰(伊勢谷友介)らは、
幕府独断で行った通商条約調印を朝廷が非難したと知る。
その直後、大老・井伊直弼(高橋英樹)は、反対勢力の一掃へと動き始める。
京では、梅田雲浜(きたろう)が捕縛。
その場にいた久坂(東出昌大)もまた捕まったという報せが、
萩の文(井上真央)のもとに入ってくる。現在は消息不明と知り動揺する文。
しかしその事で松陰は覚悟を決め、次々と藩へ建白書を提出。
日本の危機を訴えていた。

同じ頃、伊之助(大沢たかお)も、意見書を書いていた。
しかし、周布(石丸幹二)は、
松陰の建白書が藩主に届いていないと伝える。今の藩の状態では無理だと。

しばらくして、萩へと戻ってきた稔麿(瀬戸康史)により、
久坂が無事と文は知り、ひと安心するが。。。。

敬称略



着々と松陰の“その時”が近づいていることもあって。

なんとかして、いろいろと説明しつつ、描くしか無いのが現状。

まあ。。。。松陰周辺を、ホントの意味でシッカリ描かなかったので、

こう言う事態に陥ってしまっているのであろう。


っていうか。

主人公を文にしている時点で、“先”は、まだまだあるわけである。

そしてそこから逆算された松陰の“その時”が今月末。

で。。。そこまでを、なんとかして描こうとするも、

描きたい人が多すぎて、ワケが分からない状態になり。

結果的に、何も描けていない状態で、“その時”が迫ってくる。

慌ててアレコレ描いてしまい。。。。今回は松陰。。そして稔麿。

気がつけば、文は消滅である(失笑)


完全に空回りだよね。。。今作。

描けば描くほど、空回りって、

もう、ほんと、意味が分からないよ。

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Go!プリンセスプリキュア... | トップ | まれ 第7回 »

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
〔NHK大河ドラマ〕花燃ゆ 第14回「さらば青春」感想  暗殺テロで政治を変えるのはISILと同じ (しっとう?岩田亜矢那)
松下村塾は結局ISILと何ら変わない、 って事ですな。 それを、今や安倍ポチ政権の御用放送局となってNHKがどう描くのか? いえいえ何ら矛盾はございません。 安倍ポチ政権はISILのテロ行為を非難しているのではなく 宗主国であるアメリカ様にご迷惑をおかけ....
大河ドラマ「花燃ゆ」 #14 さらば青春 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
安政の大獄始まる。 そして梅田雲浜が捕まり、久坂は生死も不明。 松陰は「ことをなす時」と意を決めます。 平和だった時代から一気に幕末動乱の時代へ。
【花燃ゆ】第14回感想と視聴率「さらば青春」 (ショコラの日記帳・別館)
【第14回の視聴率は4/6(月)追加予定】 「さらば青春」 天保8年(1837年
【花燃ゆ】第14回感想と視聴率「さらば青春」 (ショコラの日記帳)
【第14回の視聴率は4/6(月)追加予定】「さらば青春」天保8年(1837年)の今日、4月5日は、松下村塾四天王の一人、入江九一の誕生日だそうです。それはともかく、松陰、テロリストの親玉み...
花燃ゆ 第14回「さらば青春」 (ともさんのふむふむ大辞典)
とうとう井伊直弼による安政の大獄が幕をあけます。高橋英樹さんが少ない登場ながらも存在感をバリバリ出して幕府は正しいのではないかと思えてしまうほどの説得感に圧倒されながら物語はスタート。その中でまずやり玉に挙がったのが京にいる梅田雲浜たちでした。一斉に捕...
「花燃ゆ」 第14回、さらば青春 (センゴク雑記)
大河ドラマ「花燃ゆ」。第14回、さらば青春。 謎タイトルでしたが、松下村塾が潰れたことからかな。 楽しい一時は終わったようです。
【 花燃ゆ 】第14回 「さらば青春」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
江戸幕府大老の井伊直弼(高橋英樹)は自らの政治に反対する勢力を一掃しようと 弾圧に動き出す。 「安政の大獄」の嵐が吹き荒れる中、久坂玄瑞(東出昌大)も京都で捕えられたという 連絡が文(井上真央)の元に入る。 夫の安否が分からないまま不安を募らせる文…...
花燃ゆ #14「さらば青春」 (昼寝の時間)
公式サイト 江戸幕府大老の井伊直弼(高橋英樹)は自らの政治に反対する勢力を一掃し
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹14日本の危機に松陰は塾生と立ち上がるも藩の危機感を抱いた伊之助が松陰の行動を阻止し松陰は再... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第14話は玄瑞は京で攘夷派急先鋒の梅田雲浜と会談していた最中に幕府の役人が押しかけてきて梅田雲浜らが逮捕されてしまう。ついに井伊直弼の安政の大獄が ...
花燃ゆ 第14回「さらば青春」~ここはどういう場所なんですか? 人殺しの算段をする場所ですか? (平成エンタメ研究所)
「事をなす時が来たということじゃ」 「討つべきは老中・間部詮勝」  過激に走り、塾生たちを扇動する松陰(伊勢谷友介)。  これに対して父・百合之助(長塚京三)は松陰を殴って、 「わしを殺してから行け。許す事はできん。寅次郎、父を殺せ!」  兄・梅太郎(原....
忠ならんと欲すれば孝ならず・・・と頼山陽(井上真央) (キッドのブログinココログ)
「忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず」とは「日本外史/頼山陽」で父・清盛と後白河法皇の権力闘争の板挟みとなった平重盛が語ったとされる言葉である。 「日本外史」が著されたのは文政十年(1827年)で安政の大獄から遡ること半世紀前である。 天皇...
花燃ゆ 第14回「さらば青春」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『花燃ゆ』 のお時間です。 第14回「さらば青春」 あらすじ・・・・・・・