レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

黒い十人の女 第2話

2016年10月07日 00時50分15秒 | 2016年ドラマ

『クズ女ども、嵐の一夜』
内容
ドラマのオーディションにやって来た佳代(水野美紀)
プロデューサーの風(船越英一郎)は、佳代を落としてしまう。
その後、若手女優の相葉志乃(トリンドル玲奈)に声を掛けた風は、
脚本家の皐山夏希(MEGUMI)のもとへ打ち合わせへ向かおうとしていると、
美羽(佐藤仁美)が風に話しかけてくる。

そんななか、久未(成海璃子)は、友人だと合コンへ。
同じ店では、志乃が、ディレクターの浦上(水上剣星)と食事。
そして佳代と美羽も。。。。

そのころ、風は、夏希のマンションにいた。

敬称略


細かい事は、横に置いておくけど。

前回よりも、

雰囲気や、せりふまわしなど。。。よりいっそう。。。バカリズムだね。

だが、ドラマとしては、“普通”

いや、散漫すぎる群像劇だね。

そこが、頭の痛いところだ。


そう、

たしかに、群像劇としては、それなりに面白味はあるが。

前回に比べると、テンポの悪さもあって、実際は、イマイチの印象が強い。。


っていうか。

そもそも、不倫をテーマにしているはずなのに。

これ。。。モノローグを削除してしまうと、ただの恋バナ。

そこがね。。。。。。。

見どころは、終盤だけですね。

 

困ったなぁ。。。。

前回と大違いだね。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« べっぴんさん 第4回 | トップ | べっぴんさん 第5回 »

2016年ドラマ」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
黒い十人の女 (第2話・2016/10/6) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
読売テレビ・日本テレビ系・木曜ドラマ プラチナイト『黒い十人の女』(公式) 第2話『クズ女ども、嵐の一夜』ラテ欄『バカリ脚本ダメ女の嵐 船越英一郎10股不倫』の感想......
二話連続でクローゼットに隠れる女(成海璃子) (キッドのブログinココログ)
濃厚なキスシーンをサービスしながらも・・・クズを演じる二人の女優。 脚本家の心に眠るサディズムが遺憾なく発揮されているようだ。 一方・・・若者たちが修羅場やラブ・シーン......
黒い十人の女 第2話「クズ女ども、嵐の一夜」 (MAGI☆の日記)
黒い十人の女の第2話を見ました。 第2話 クズ女ども、嵐の一夜~愛されオーディション~ ドラマプロデューサーの風とAPの美羽もいる会場で佳代は新ドラマのオーディショ......