レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

花咲舞が黙ってない 第10話(最終回)

2014年06月18日 23時52分27秒 | 2014年ドラマ

「この銀行は間違ってます!!」

内容
ある日、舞(杏)相馬(上川隆也)は、
清一郎(平岡祐太)が、本部人事部へ異動となったことに驚く。
どうやら、真藤本部長(生瀬勝久)が、再開発プロジェクトのため、
ウラで動いたようだった。

そんななか、伊丹グループの従業員の給与データが紛失する。
舞と相馬は、真藤本部長が指揮を執る調査委員に選ばれることに。
各部署の精鋭を集めたと言うことだった。
伊丹グループ担当の営業第二部次長・坂田栄介(東根作寿英)の話では、
伊丹グループの担当者からデータを受け取っていたが、
処理前に、別の仕事を行い、気が付けば無くなっていたらしい。
他の誰かが処理をしたという思い込みもあって、処理出来なかったと分かる。
しかし、データを探しても、見つからず。

舞と相馬は、誰かに盗まれたのではと?考えるが、
調査委員会では、全く取り合ってもらえなかった。

そのころ、伊丹清吾(船越英一郎)のもとを謝罪に訪れた真藤。
やはり怒っているようで、再開発プロジェクトに関しても。。。。


敬称略


メンドーなので総括気味で。


真藤“臨店の域を越えている。”


だそうだ。

っていうか、それ以前に、

そもそも臨店の仕事をしていないと思うのだが。。。



しっかし、バレバレの展開を、

引っ張りに引っ張りましたね。


それ以上でも、以下でも無い。

ただ、引っ張っただけ。


上手くやれば、前回、今回を、1話15分延長で出来ただろうに。


まあ、小難しい話じゃ無いし、

なんとなく見るのにはちょうど良いドラマだろうけどね。

全く印象に残らないけど。


散々書いてきたので、書くことはないが。

ウラに助けられた。。。っていうのが真実だろう。

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SMOKING GUN~決... | トップ | 花子とアン 第70回 »

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
花咲舞が黙ってない (第10話 最終回・6/18) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
日本テレビ系『花咲舞が黙ってない』(公式) 第10話 最終回10分拡大SP!!『この銀行は間違ってます!!』の感想。 なお、原作小説(池井戸潤/著)は未読。 舞(杏)と相馬(上川隆也)は、新宿支店で不祥事を起こした伊丹グループ会長・清吾(船越英一郎)の息...
「花咲舞が黙ってない」問題を黙っている訳に行きません!間違っている事は間違っていると言わなければ何も変わっていかないと花咲舞... (オールマイティにコメンテート)
「花咲舞が黙ってない」最終話は伊丹グループの1万人分の給与データが紛失し東京第一銀行は大騒ぎになっていた。相馬と花咲舞はこの事件の調査委員に選ばれるが各部署の縄張りを主 ...
花咲舞が黙っていない 最終回~理不尽なことに立ち向かう (平成エンタメ研究所)
 クライマックスの舞(杏)と真藤本部長(生瀬勝久)のやりとり。 「真藤本部長にとって一番大切なのは銀行の利益ということですか?」 「ああ、そうだ。では聞くが、君が大事だと思うものは何だ?」 「人だと思います。この銀行で働く人が一番大事であってほしいと思い....
ドラマ「花咲舞が黙ってない」第10話(最終回)... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
間違ってることを間違ってると言えるか---------!?これがこのドラマが言いたかった事ですね。ま、でも、それをしたら現実では世知辛い事になる場合も多々ありそうですが(^^;)理...
ドラマ「花咲舞が黙ってない」 第10話(最終回) あらすじ感想「この銀行は間違ってます!」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
間違ってることを間違ってると言えるか---------!? これがこのドラマが言いたかった事ですね。 ま、でも、それをしたら現実では世知辛い事になる場合も多々ありそうですが(^^;) 理想と現実。 う~ん。 やっぱりキレイにまとまりすぎた感は否めないかなぁ...
花咲舞が黙ってない 第10話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
#10「この銀行は間違ってます!!」2014.6.18 東京第一銀行始まって以来の不祥事が発生!伊丹グループの従業員1万人分の給与データが紛失してしまったのだ。 舞(杏)と相馬(上川隆也)は、事件解決のための調査委員に選ばれるが、真藤(生瀬勝久)が指揮を執る調査委員会には...
花咲舞が黙ってない最終話(6.18) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
伊丹グループの従業員の給与データが紛失し、大騒ぎとなる東京第一銀行 調査を始めた花咲舞@杏と相馬@上川隆也は給与データは紛失したのではなく、 前回の処分に不満だった伊丹清一郎@平岡祐太による盗難だったことを突きとめるが、 伊丹グループとの取引を重視する真...
【花咲舞が黙ってない】最終回(第10話)感想と視聴率最高♪ (ショコラの日記帳・別館)
「この銀行は間違ってます!!」 最終回(第10話)の視聴率は、前回の16.1%よ
《花咲舞が黙ってない》#10(最終話) (まぁ、お茶でも)
舞と、相馬は、お互いを出し抜こうと、チキンライスの店に並んだ。20食限定のランチに、お互いに間に合った。 幸せな昔ながらの味に、舌鼓を打っていると、伊丹グループの銀座再開発を期待するOLの声も届いた。 だが、2人には、伊丹と聞いただけで、嫌な思い出の方が襲...
花咲舞が黙ってない 最終回「この銀行は間違ってます!!」 (のほほん便り)
をを、前回。嫌な御曹司・バカ息子を好演した平岡祐太、今回も、また、やらかしてくれました。伊丹グループの従業員の給与データが紛失し、大騒ぎそして、犯人を突き止めた、臨店班の舞(杏)と相馬(上川隆也)コンビでしたが、今度は、その失態を利用して、息子を溺愛する伊...
「花咲舞が黙ってない!」~最終回 ☆☆☆☆ (ドラマでポン)
臨店班、解体されず! 相馬と舞も理解し合えどラブなわけじゃなく、これは続編の可能性ありまくりですねー。最終回は、その前の回でお目こぼしだった御曹司のバカっぷりがとうとう ...