レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

探偵の探偵 第4話

2015年07月30日 22時53分32秒 | 2015年ドラマ

「第一章完結!炎の中の死闘」

内容
阿比留(ユースケ・サンタマリア)の指示で、誘拐犯が潜伏するという工場へ、
阿比留を筆頭に坂東(相島一之)ら捜査員が、乗り込んでいく。。。
捜査員の中には、捜査を外された窪塚(三浦貴大)もいた。
が、シャッターが開けられると、中から傷だらけの玲奈(北川景子)が、
鉄パイプを手に現れ、矢吹(高岡早紀)らに振り下ろす。
「妹と琴葉が世話になったな」と。
直後、玲奈は、工場の奥へと走り出し、それを追う窪塚。

唖然とする捜査員達に、阿比留は、次々と指示を出していく。
そして奥の部屋へと誘導していくのだが、阿比留は、
すでに玲奈が入り込んでいたことに気づき。。。。。

敬称略



4回に引き延ばしているけど。

結局、1時間半程度の内容だね。


実際、後半は、、、、時間経過。。。。

これ、「第1章」を、もう少しテンポよく描いていれば、

あまり気にならなかったでしょうね。


不必要なドタバタした演出で、時間稼ぎばかりしていましたから。

話の内容自体が、面白いだけに、

もう少し上手く魅せてくれていれば。。。。。


ここからに期待するしかない。
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エイジハラスメント 第4話 | トップ | まれ 第107回 »

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
探偵の探偵 #04 (ぐ~たらにっき)
『第一章完結!炎の中の死闘』
悪には悪の報いを(北川景子)ただいま休養中(川口春奈)誰にも裏の顔がある(中村ゆり) (キッドのブログinココログ)
制度は人によって人を何かから守るために作られる。 その何かが人である場合がある。 組織もまた人によって人を何かから守るために作られる。 もちろん、その何かが人である場合もある。 戦後70年、国民を守ってきたのは制度であり、組織である。 その何が欠けると人は人...
探偵の探偵 (第4話・7/30) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系『探偵の探偵』(公式) 第4話『第一章完結!炎の中の死闘』の感想。 なお、原作小説:松岡圭祐氏の『探偵の探偵』は未読。 阿比留(ユースケ・サンタマリア)の陰謀を激闘の末に阻止した玲奈(北川景子)。一方、洋子(高岡早紀)の関与...
探偵の探偵 第4話 (ぷち丸くんの日常日記)
阿比留(ユースケ・サンタマリア)は、坂東(相島一之)たち捜査員と一緒に女児誘拐犯が潜伏していると言う工場に入ります。 一行の中には、捜査から外された窪塚(三浦貴大)も紛れ込んでいました。 阿比留の指示の下、犯人がいると思われる場所へ向かおうとした時...
探偵の探偵 第4話 (ドラマハンティングP2G)
STORY4「第一章完結!炎の中の死闘」7.30 THU 22:00 女児誘拐犯が潜伏しているとされる工場に、阿比留佳則(ユースケ・サンタマリア)を筆頭に、坂東志郎(相島一之)ら捜査員たちが続々と入っていく。そこには、捜査から外された窪塚悠馬(三浦貴大)も紛れ込んでいた。 一同...
「探偵の探偵」 第4話 第一章完結!炎の中の死闘 (トリ猫家族)
 さて、梨央ちゃんの事件の犯人のアジトを見つけたという阿比留(ユースケ・サンタマリア)の報告を受け、現場に向かった捜査一課のみなさん・・・ 阿比留の指示でその工場へ入 ...
37.5℃の涙四話&探偵の探偵四話&婚活刑事五話感想 (NelsonTouchBlog)
■37.5℃の涙四話 なんでか安定感があるドラマ。配役もいいし。柳(藤木直人)より圧倒的に朝比奈(成宮寛貴)が目立っている(笑)このドラマの成宮が穏やかで良い感じ。 杉崎桃子役の蓮佛美沙子が、絶妙なオドオドぶりと主人公らしい意地の見せようでうまく演じていてる...
「探偵の探偵」4 ☆☆ (ドラマでポン)
阿比留ったら口ほどにもない……!!結局紗崎の活躍で逮捕された阿比留、誘拐を企てたと全国報道されちゃいました。警察はどうにでもなる、発言はハッタリだったのか。そもそも、 ...