レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

リスクの神様 第10話(最終回)

2015年09月16日 22時53分26秒 | 2015年ドラマ

「危機こそチャンス…救世主の真の目的は」

内容
サンライズ物産の役員会で、坂手社長(吉田鋼太郎)の解任の緊急動議が可決。
後任の社長に白川専務(小日向文世)が就任する。
その白川の指示で、危機対策室の解散を命じられる西行寺(堤真一)
それをかおり(戸田恵梨香)たちの報告するのだが、
白川に与するようになった西行寺に、かおりは違和感を抱く。

翌朝、由香(山口紗弥加)から思わぬ事を聞かされる。
西行寺が、社長室長に就任したという。
その直後には、役員会で、西行寺は3社買収を提案。認められるのだった。
何かあると感じ取ったかおりは。。。。

敬称略


メンドーなので、総括気味で。

結局、この最終回で、ここまで盛り込むならば。

今までの話で、、、前回を除けば、盛り込む必要性は、全く無かったわけだ。

それが、かなりよく分かった最終回でしたね。

実際、無駄に多く。。。それも、ほぼ情報として無意味なモノを

本編を切り刻んで、盛り込んできた今作。

おかげで、本編の時間は、極端に短くなるし。

本編の魅せ方もイマイチに。

ここまで、ネタフリが作品全体に悪影響を与えた作品は、皆無と言って良い。

それくらい、残念なことを、今作はしていたのだ。


しっかし、なぜ、ネタフリにこだわったかなぁ。。。。

たしかに、興味を惹くために行う手法の1つではあるが。

今作が行ったような無くても良いネタフリは、ネタフリとして成立しません。

そんなコトのために、メインの話を壊してしまった時点で、

ドラマが面白くなんてなるわけが無いのである。


そもそも、今作が大きなミスをしているのは、

単純なモノを難しく見せようと、捻りすぎていることなのだ。

それをセリフだけで見せようとして、

視聴者に伝わりにくくしてしまっているのである。

その時点で、面白味が失われてしまっているのは、言うまでもない。

なのに、今作は、毎回の話をシッカリ魅せようとしなかった。

結果は、言わずもがなである。
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まれ 第147回 | トップ | 花咲舞が黙ってない(2) ... »

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
リスクの神様 #10 最終回 (ぐ~たらにっき)
『危機こそチャンス…父と子が選んだ決断』
復讐のためだ(堤真一)最後まで騙されました(戸田恵梨香)傷だらけの営業マン(森田剛)一人だけ停年間近(志賀廣太郎)終わりだよ~(古田新... (キッドのブログinココログ)
危機対策室の五人である。 戦隊的にはキケンジャーと言える。 灰色の世界において「善良な市民」というものは危険物に近いのだ。 国会議事堂周辺にたむろしている市民風な人々を見れば一目瞭然だ。 しかし・・・ある年齢層にとっては・・・なかなかにノスタルジーを感じる...
【リスクの神様】第10話(最終回) 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
「われわれは神じゃない。 全てを救えるわけじゃない。」 あなたの言葉の意味が今は分かります。 思いも寄らないところから次々と危機は訪れます。 それを完全に食い止めることなんて私たちにはできません。 でも西行寺さん。私は諦めずに立ち向かいますよ。 ...
リスクの神様 最終回「危機こそチャンス…救世主の真の目的は」 (のほほん便り)
最終回、特に前半は、かおり(戸田恵梨香)にスポット。彼女が、ずんずん真相解明していく感の前に立ちはだかるのが、不敵感漂う、西行寺(堤真一)でも、途中から事情が分かり、合流して、改めて仲間になるあたり、個人的に戦隊感覚、でした。話が、すごく大きくなっちゃ...
リスクの神様 (第10話 最終回・9/16) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系『リスクの神様』(公式) 第10話/最終回『危機こそチャンス…救世主の真の目的は』の感想。 社長・坂手(吉田鋼太郎)の解任動議が可決され、専務の白川(小日向文世)が新社長に就任することに。かおり(戸田恵梨香)は、新体制を誕生さ...
リスクの神様 第10話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
2015.9.16 WED. ON-AIR STORY #10 最終話 「危機こそチャンス…救世主の真の目的は」 サンライズ物産の役員会で坂手社長(吉田鋼太郎)解任の緊急動議が賛成多数で可決され、新社長には専務の白川(小日向文世)が就任した。西行寺(堤真一)は、白川の指示を受け、組織...
リスクの神様&37.5℃の涙&探偵の探偵最終回感想 (NelsonTouchBlog)
■リスクの神様最終回 最後まで生真面目。面白いんだけど、盛り上がったのかは、微妙だったかも(笑) 今までの話の最後に謎を残しつつ終わっていった部分の複線は、最終回できちんと回収したと思う。 ただ、ぶつ切りになってしまっているので、もう忘れているネタだった...
花咲舞が黙ってない2期最終話 & リスクの神様最終話(9.16) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
すっかり更新が滞ってしまいました シルバーウィーク(そんな名称がついてたんですね)は 部屋の大掃除をしてました。お蔭で普段より疲れてしまいまして(苦笑) 夏ドラマももう終わりですなあ ・花咲舞が黙ってない2期最終話 東京第一銀行の取引先である建設会社が倒産...
リスクはチャンスです (笑う社会人の生活)
ドラマ「リスクの神様」を見ました。 フジにて 水曜10時からやってました 日本最大の商社 サンライズ物産の危機対策室メンバーたちの奮闘を描く 異物混入、汚染被害、スキャンダル、粉飾決済、お家騒動、産業スパイなど・・・ さまざまな危機 リスクを解決しようとする...