レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

八重の桜 第12回 蛤御門の戦い

2013年03月24日 18時41分19秒 | 2013年ドラマ

『蛤御門の戦い』

内容
元治元年。
京へと迫る長州軍を会津藩を中心とした幕府軍は、迎え撃つ準備を進めていた。

そのころ会津では、権八(松重豊)が、ある事に頭を悩ませていた。
父の奇妙な姿に、首をかしげる八重(綾瀬はるか)だったが、
うら(長谷川京子)によると、様子がおかしくなったのは、
昨夜届いた兄・覚馬(西島秀俊)からの文を受け取ってからだという。
覚馬の身に何かがあったのかと、心配する八重とうら。
思いきって権八、母・佐久(風吹ジュン)に聞くと、八重の縁談の話だという。
相手は、尚之助(長谷川博己)だった。

「そのお話、お断り致します!」

そこで、うらが八重に理由を聞いてみると、
尚之助がやって来て7年。。。兄のように慕っていたのに。。。と。
突然のことに、八重は戸惑っているようだった。
そんなとき、尚之助から断ろうと思っていたと打ち明けられてしまう八重。
きっと覚馬による鉄砲隊強化のための策だろうと尚之助に言われ、
よりいっそう八重の思いは複雑になっていく。

一方、長州軍の主力を撃退した幕府軍は、戸惑いを感じていた。
明らかに弱かった。。。
やがて覚馬の不安は的中し、主力は御所の蛤御門へと。

不安をかきたてられた公家衆は、帝(市川染五郎)に御座所の移動を進言するが、
容保(綾野剛)は、それを引き止めようとする。
それを受け、帝も長州軍を迎え撃てと命じるのだった。

長州軍の勢いにより追いつめられていく覚馬たちの幕府軍。
そこへ西郷(吉川晃司)ら薩摩藩の軍勢が現れ。。。。。。

敬称略



ついに、蛤御門の戦いである。


初回で、あれだけの気合いを入れすぎの演出をしているので、

ここでシッカリ描かなければ。。。。。って感じだろうか。


えっと、なんだろ。

3か月に一度の大盤振る舞い。。。かな?

大河なのに!!(苦笑)



とはいえ、

八重の部分も、覚馬の部分も

結構、面白く見ることが出来ました。


ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドキドキ!プリキュア 第8話 | トップ | dinner 第11話(最... »

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
蛤御門の戦い (西徂庵)
八重の桜 #12
大河ドラマ「八重の桜」第12回 (日々“是”精進! ver.F)
覚馬、負傷… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303240004/ 八重の桜 二山本 むつみ 五十嵐 佳子 NHK出版 2013-03-26売り上げランキング : 9385Amazonで詳しく見る by G-Tools
【八重の桜】第12回 「蛤御門の戦い」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
1864年7月、長州が洛中(らくちゅう)へ兵を進め「蛤御門の戦い」が始まった。 慶喜(小泉孝太郎)や容保(綾野剛)が率いる幕府軍は劣勢を強いられるが、覚馬 (西島秀俊)や大蔵(玉山鉄二)らの活躍と...
八重の桜 第12回 「蛤御門の戦い」 (青いblog)
● 結婚を嫌がるというお約束 女主人公は親の決めたお見合いを嫌がる、否定的に描く…というのがデフォですが 別に決まり事にしなくてもいいと思うんだけどな。 女主人公モノで毎回だとちょっとな...
大河ドラマ「八重の桜」信念の人12八重に尚之助との縁談も八重は断り長州軍の京都攻撃に一時助勢になるも薩摩軍の加勢で盛り返し京... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第12話は長州軍が京都御所を攻めてきた。これに幕府軍は対抗し京都御所を守るが見通しが甘く京都御所まで長州軍は迫り一時守りが手薄になるも覚馬の奮闘 ...
八重の桜 第12回「蛤御門の変」 (あしたまにあーな)
これまで幕末の動乱を描くドラマの中で蛤御門の変は、どちらかというと旧態依然とした幕府を打ち破って新しい世の中を作ろうという、どちらかというと長州よりの描写が多かったのですが、今回はその逆の立場で幕府や朝廷を守ろうとする立場から見ることができました。 同...
〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」 八重達の銃器改造は何ら役に立ってないの? (しっとう?岩田亜矢那)
「蛤御門の戦い」の正に蛤御門を挟んでの攻防、 あんなに間口の狭い、鉄砲隊が横に5人位しか並んで撃ったら満員、 てな幅の場所での「せせこまい」合戦やったんや。 これが民放だったら(特にテレ東)予算の関係かな~と考えるけど 天下の日本唯一の全国放送NHKなら....
『八重の桜』 第12話 「蛤御門の戦い」 (英の放電日記)
「西洋の学問しても、家焼かずに済む戦のやりようは、わからんもんでっしゃろか?  今回の最後を締めた大垣屋清八(松方弘樹)の言葉である。  歴史的には小事で、おそらく、ドラマの筋としても脇に位置する考え方であろう。しかし、今回の話では、この言葉を言いたく....
大河ドラマ「八重の桜」 第12話 あらすじ感想「蛤御門の戦い」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
会津藩士、出陣----------!! ついに長州との激突。 今回はものすごく見ごたえあるお話だったなぁ。 戦の凄惨さをしっかり描いてくれたと思う。 そして、この蛤御門の戦以降の会津の微妙な立場の始まりも・・・。 兵力は圧倒している会津。 だが、覚...
八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」  (昼寝の時間)
公式サイト 1864(元治元)年7月、長州が洛中へ向けて兵を進め、禁門の変(蛤御
『八重の桜』第12回 (悠雅的生活)
蛤御門の戦い
八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」 (D☆エディション)
蛤御門の戦い! 薩摩の西郷(吉川晃司)も登場。 後の運命を考えると皮肉なめぐり合わせですね。 今回の戦いで威力を見せたのが大砲。 幕末の戦いというのが刀でなく銃や大砲に変わ ...
「八重の桜」 第12回、蛤御門の戦い (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第12回、蛤御門の戦い。 長州藩との武力衝突が起こる。
おおやまのみねのいわねにうづみけり わがとしつきのやまとだましひでごぜえやす(綾瀬はるか)  (キッドのブログinココログ)
オオヤマツミ(大山祇神)はスサノオの妻となったクシナダの祖父である。 山崎天王社は祇園神の牛頭天王を信仰の対象としており、牛頭天王の権現はスサノオであるから、現在、オオヤマツミとスサノオが共にまつられている自玉手祭来酒解神社が天王山に鎮座しているのである...
八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」~西洋学問をしても家を焼かずに済むいくさのやり方はわからない (平成エンタメ研究所)
 蛤御門の変~会津VS長州。  作品はこの両者以外の第三の視点も描く。  それは庶民の視点だ。  焼け出された人たち  親を失った子供たち  食べ物を乞う人たち    このように、結局、ひどいめに遭うのは庶民なんですよね。  被害に遭った庶民の立場に立てば、西....
大河ドラマ「八重の桜」 #12 蛤御門の戦い (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
ついに会津、薩摩と長州の激突です。
【八重の桜】第12回プチ感想と視聴率「蛤御門の戦い」 (ショコラの日記帳・別館)
「蛤御門の戦い」 今日は、満月のはずでしたが、天気が悪くて見えませんでした(^^
八重の桜 第12回「蛤御門の変」 (あしたまにあーな)
これまで幕末の動乱を描くドラマの中で蛤御門の変は、どちらかというと旧態依然とした幕府を打ち破って新しい世の中を作ろうという、どちらかというと長州よりの描写が多かったのですが、今回はその逆の立場で幕府や朝廷を守ろうとする立場から見ることができました。 同...
八重の桜 第12回「蛤御門の変」 (あしたまにあーな)
これまで幕末の動乱を描くドラマの中で蛤御門の変は、どちらかというと旧態依然とした幕府を打ち破って新しい世の中を作ろうという、どちらかというと長州よりの描写が多かったのですが、今回はその逆の立場で幕府や朝廷を守ろうとする立場から見ることができました。 同...