レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

カインとアベル 第1話

2016年10月17日 22時03分56秒 | 2016年ドラマ

「僕とアニキの2つの三角関係」
内容
高田総合地所の創立50周年記念パーティーが開かれていた。
社長の高田貴行(高嶋政伸)副社長で長男の隆一(桐谷健太)はいたが、
次男・優(山田涼介)の姿がなかった。

父の扱いも違い、何かと兄・隆一と比較され、劣等感を感じる優は、
ひとりで酒を飲もうと、離れた場所でシャンパンを開ける。
すると、噴き出してしまい、近くに居た女性(倉科カナ)にかかってしまう。
すぐに謝った優。おかげでふたりで楽しく飲むことができることに。
直後、社長の挨拶が始まると、やって来た社員により会場へと。。。

そんななか優は、アウトレットモール開発のプロジェクトチーム一員に選ばれる。
戸惑う優だったが、兄・隆一が声をかけたからだった。

その後、プロジェクトルームに行くと、先日の女性がいた。
同じ会社の社員・矢作梓だった。最近、本社に異動してきたばかりだという。

敬称略


脚本は、阿相クミコさん

演出は、武内英樹さん


優秀な兄が。。。そして父が。。。

って感じで話を進めつつ、成長していく物語。。。。らしい。


まあ、描こうとしているコトは分かるんだけど。

ここのところの“月9”を考えると。

“上”が、“若者に”だとか言っているわりに、

う~~~んん。。。。そういう部分は、俳優だけか。


内容的には、“木10”の“木曜劇場”のような作品ですね(苦笑)

正直。雰囲気などを含めて考えても、“月9”では、ありません。

 

先ず、細かい部分でツッコミどころはありますが、無視します。

個人的には、主人公の茶髪が目を惹きすぎて、

かなり違和感を感じているのだけど。

そこさえのぞけば、ドラマとしては、そこそこシッカリと作られています。


普通に楽しめそうなんだけどね。。。。

でも、これでいいのかな?。。“月9”だよね?

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« べっぴんさん 第13回 | トップ | べっぴんさん 第14回 »

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カインとアベル (第1話/初回15分拡大・2016/10/17) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系・月9『カインとアベル』(公式) 第1話/初回15分拡大『僕とアニキの2つの三角関係』の感想。 なお、原案:旧約聖書「創世記」第4章「カインとアベル」は未読。......
カインとアベル 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
高田優(山田涼介)は、父・貴行(高嶋政伸)が社長、兄・隆一(桐谷健太)が副社長を務める高田総合地所で働いています。 その創立50周年記念パーティーが行われている中、抜け......
カインとアベル(山田涼介)あきらめない女(倉科カナ) (キッドのブログinココログ)
原案が「旧約聖書 創世記 カインとアベルより」である。 そういう「話」はどこにでも転がっていて・・・何故・・・今、それなのかがよくわからない。 たとえば小説「エデンの東/ジ......