レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

あさが来た 第92回

2016年01月19日 07時44分51秒 | 2016年ドラマ


内容
あさ(波瑠)が提案してきた銀行設立について
話し合う榮三郎(桐山照史)と雁助(山内圭哉)は、ついに決断する。

加野屋の面々が、不安を感じる中、
あさは、銀行設立、そして炭鉱経営の会社化の準備を進めていく。

そんななか、雁助のことを心配したうめ(友近)は、あさに相談。

敬称略

 

そっか。そういう攻め方。。。いや、描き方をしていくんだね。

たしかに、

そろそろ“銀行”を描かないと、

ほんとうに箇条書きになる可能性が高くなってしまう今作。


五代が先か、銀行が先か。

放送日をどちらが先かではなく、どちらを優先的に描くか?


まあ、今の状態で五代を優先させすぎると、

作品が崩壊しかねませんので。。。。やはり加野屋ということのようだ。

もちろん、描こうとしているネタの必要性は、

若干。。。疑問ですが。

サラッと流して、スピンオフでもいいからだ。

でも、整理整頓も必要だし。

さあ、どうするつもりかな。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつかこの恋を思い出してきっと... | トップ | ダメな私に恋してください 第2話 »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あさが来た (第92回・1/19) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第16週『道を照らす人』『第92回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと...
NHK朝ドラ【あさが来た】 第92回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
加野屋の当主、榮三郎(桐山照史)と番頭の雁助(山内圭哉)は、あさ(波瑠)が目指している銀行設立について話し合う。その結論とは…。よの(風吹ジュン)も今後、加野屋がどうなっていくのか気になっていた。あさと話し合ったよのは、あさの説明を聞いて…。雁助はうめ...
つなぎ折り鶴>『あさが来た』第92話 (何がなんだか…ひじゅに館)
柔軟になってきた榮三郎さんが自ら鴈助さんを説得。 鴈助さん、アッサリ折れる。 いよいよ銀行へ! …ひじゅにですが何か? 「カッパになるのでございます」byあさ 季節の描写は美しいけれど 年月の流れはイマイチよく分からない『あさが来た』 ...
つなぎ折り鶴>『あさが来た』第92話 (もう…何がなんだか日記)
柔軟になってきた榮三郎さんが自ら鴈助さんを説得。鴈助さん、アッサリ折れる。いよいよ銀行へ!…ひじゅにですが何か?「カッパになるのでございます」byあさ季節の描写は美し...
「あさが来た」 第16週 道を照らす人 第92話 (トリ猫家族)
「なぁ、うめ・・」雁助(山内圭哉) 「へぇ」うめ(友近) 「わてと一緒にこの家出ぇへんか?」 「え・・・?」  ついに来たけど、なんやら悲しいわ・・・ プロポーズはもっ ...