レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

あさが来た 第88回

2016年01月14日 07時46分41秒 | 2016年ドラマ

内容
あさ(波瑠)が、新しい炭坑の交渉のため九州へ向かうなか、
新聞社が五代(ディーン・フジオカ)の不正を書き立てた。

慌てて大阪へと帰ってきたあさは、榮三郎(桐山照史)に炭坑購入を報告。
すると榮三郎は、雁助(山内圭哉)とともに応援していると伝え、了承する。
報告後すぐ、あさは、大阪商法会議所へ向かうが。。。。

敬称略


五代のスキャンダルを使って、

あさの奮闘する姿だけで無く、加野屋の面々。。。そして家族からの応援も

キッチリと描き込んだ感じですね。

ってことで

やはり、今週は“あさの週”なのだろう。


一応、五代も目立っているけど、

ドラマとしての丁寧な描写は、“主人公・あさ”のほうが上ですし。

徹底的に描かれています。

これくらいのバランスならば、それほど不満は無い。

まさに、ドラマらしい仕上がりになっている。

 

あとは。。。来週の。。。。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒガンバナ~警視庁捜査七課~ ... | トップ | スペシャリスト 第1話 »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あさが来た (第88回・1/14) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第15週『大阪の大恩人』『第88回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと...
NHK朝ドラ【あさが来た】 第88回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
『五代友厚(ディーン・フジオカ)が、北海道の官有物を格安で払い受ける』という新聞記事が出て、五代は悪徳商人だ、という噂(うわさ)が巻き起こる。あさ(波瑠)や新聞記者が五代のもとを訪れ、真相を確かめようとするが…。五代に恩義を感じているあさは、五代の疑い...
悪徳商人>『あさが来た』第88話 (何がなんだか…ひじゅに館)
あー、そうかそうか “開拓使官有物払下げ事件” ちうヤツですね 昨日 「そうしたスキャンダルが史実にあったのかどうかは知らない」 なんてコッパズカシイことを書いちゃったけれども コレって、ほら “明治十四年の政変” に繋がるものだよね 黒田清隆VS...
悪徳商人>『あさが来た』第88話 (もう…何がなんだか日記)
あー、そうかそうか“開拓使官有物払下げ事件”ちうヤツですね昨日「そうしたスキャンダルが史実にあったのかどうかは知らない」なんてコッパズカシイことを書いちゃったけれ...
「あさが来た」 第15週 大阪の大恩人 第88話 (トリ猫家族)
『新聞社は政府がおよそ1,400万円という巨額の費用を投じた官有物を 五代らの大阪の会社がたったの39万円で払い下げを受ける事になったと大々的に報じ・・・官と民の癒着であると厳 ...