レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

好きな人がいること 第10話(最終回)

2016年09月19日 21時53分34秒 | 2016年ドラマ


「それだけ。」
内容
ついに美咲(桐谷美玲)は、夏向(山崎賢人)に「好き」と告げた。
だが、「もう好きじゃなくなったと」という返事が返ってくる。

翌日、笑顔の冬真(野村周平)に応えることが出来ない美咲。
思い切って、理由を尋ねるが。。。。

一方で、ダイニングアウトの成功で、
有名な評論家が来ることになったと千秋(三浦翔平)は、皆に伝える。
美咲の様子がおかしいことに気付いた千秋は、ワケを尋ね、
その直後、夏向のもとを訪ねるが。。。

敬称略


この期に及んで。

いや、いまだに。。。その存在意味を必死になって理由付けをする今作。

もう、あまりにイイワケがましくて。。。。


すでに、いろいろと書いてるので、書くことはないのだが。

結局、今作は、最後の最後まで。

雰囲気だけは、なんとか作っているんだけど。

それは、あくまでも雰囲気だけ。

で、俳優の名前と、音で誤魔化していると言って良い状態。

まあ、問題は色々とあるんだけど。

登場人物の描写、人間関係の描写が甘すぎるのが、最大の問題かな。

ドラマ作りには、それらが最重要で。登場人物の描写と言っても、

それは、物語の根幹である「設定」なのである。

しかし、これらを描写するには、演出だけでは、どうにもならず。

そのシチュエーションづくりには、ストーリーが必要で。

脚本の雑さ、稚拙さが、全てに影響を及ぼしてしまっているのだ。

“連ドラ”は、当然、連続しているモノなので。

序盤で、上手く描けないと、最後まで響いてしまうのである。

仮に、序盤で、それらを上手く描けていれば、

もう少し数字は伸びたでしょうし、

たとえ、同じようなシチュエーションや、演出があったとしても、

その雰囲気による良い印象は、既視感を上回るのだ。


まあ、最終回だけを見れば、それなりに仕上がっているし。

細かい部分でも、丁寧さが見受けられて、良い仕上がりなんだけどね。

でも。。。終わりよければ。。。とならず。

あとの祭りなのは、言うまでもありません。

それが、連ドラというモノである。

総合的に評価されるのだ。

 

色々な手段を使って。。。。思惑も分かるんだけど。

でもね。

脚本が雑なら雑で、もうちょっと精査してから作りはじめるべきです。

じゃないと、演出、俳優が。。。。気の毒です。

いろいろなどうでも良いコトを盛り込みすぎて、

物語を迷走させたのは事実ですから。


にしても、惜しいことをしたね。

結構、良いところは、ほんとうに良かったのに。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とと姉ちゃん 第145回 | トップ | とと姉ちゃん 第146回 »

2016年ドラマ」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
好きな人がいること 第10話 (MAGI☆の日記)
好きな人がいることの第10話を見ました。 夏向のもとへ向かった美咲は夏向にキスをして好きだと告白の返事をする。 「俺はもうお前のことは好きじゃなくなった」 翌日、『Sea So......
好きな人に背中を押されること(桐谷美玲)黙ってニューヨークに行ってこい(山崎賢人) (キッドのブログinココログ)
夏ドラマのレビューもフィニッシュ直前である。 「月9」のテイストに「恋」はかかせないわけだが・・・そこに「青春」を重ねるかどうかは別問題である。 「恋と青春」はある程度・......
好きな人がいること (第10話/最終回・2016/9/19) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系・月9『好きな人がいること』(公式) 第10話/最終回『それだけ。』の感想。 ダイニングアウトで評価された夏向(山崎賢人)に取材依頼が殺到し、有名料......
好きな人がいること 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
美咲(桐谷美鈴)は、夏向(山崎賢人)に好きだと伝えますが、夏向から「もう、おまえが好きじゃなくなった」と、予想外の言葉を突き付けられて振られてしまいました。 翌日、......
好きな人がいること最終話(9.19) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
夏向(山﨑賢人)に告白され、返事をするも 「もう好きでなくなった」と振られてしまう美咲(桐谷美玲)。 夏の終わりを機にニューヨークに旅立つ美咲を 彼女が必要だと気づいた夏......