レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

花燃ゆ 第十九回

2015年05月10日 18時41分17秒 | 2015年ドラマ

『女たち、手を組む』
「女たち、手を組む~松下村塾生が名誉かけ再び動き出す激動開始」

内容
文久二年。品不足と物価高騰で文(井上真央)たちは日々の生活に苦労していた。
一方、塾生たちも仕事がなく。。。
そんななか高杉(高良健吾)は、藩命で上海への視察が決まる。
そのため、妻・雅(黒島結菜)のことを頼むと文に伝えるのだが、
物怖じせぬ言いように、文達を戸惑わせる。

そのころ久坂(東出昌大)は、周布(石丸幹二)に京に行くべきと上申するが、
やはり、塾にいたことで。。。。話さえ聞いてもらえず。
それでも久坂は京に行くことを決意。

敬称略



こういう話が、面白いと思うかどうかは、好みの部分なので。

正直。。。。あってもいい。。。という程度だ。

個人的には、内容や展開、話自体を問題にするつもりはない。

ただ、今作の問題は、

こういう。。。現代風的なエピソードを、

わざわざ“大河ドラマ風”で仕立て上げていることだ。

腐っても“大河”なので、仕立てること自体は、ある程度仕方ない

だが、
登場シーンの問題もあるが、キャスティングに重みがないこともあって、

そういった仕立て方をしたことで、どうしても違和感が生じてしまっているのだ。

髷を結っているだけの現代劇。。。って感じ。

目で見ている話と、頭で理解する話。

と聞こえてくる音楽で感じる話にギャップが有り過ぎるのだ。

これは、今作が序盤から。。。ずっとやっていること。。。なのですが。

無理に“大河”に仕立てる必要って、あるのかな???


あんなこと、こんなことを描いて、散漫になりすぎているのも鼻につくが。

どうしてもギャップが大きすぎて、いつまで経っても慣れない。


しっかし今作は、あんなこと、こんなこと。。を描きすぎてしまっていることで、

話に柱がないだけでなく、演出的にも一体感が無いという。

なにもかもが中途半端というあり得ない状態を生みだしてしまっているね。

仮に、ラスト部分。。。そしてサブタイトルのように

“女”を前に出すならば、

他の。。。塾生たちの部分。。9割方削除すれば良いだろうに。


禁句になりますが。。。

そこまでして、久坂達を描かなきゃならないかな???

主人公は、文でしょ?

ラストのワンカットと、亀太郎の部分。。。

それも、2~3分で十分だったような気がします。

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Go!プリンセスプリキュア... | トップ | 天皇の料理番 episode3 »

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹19玄瑞らは亀太郎の死で自分たちにはこんなところで死ねぬと悟り伊之助に推挙を申し出た (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「花燃ゆ」第19話は外国との交易が始まった事で物価が高騰していた。そんな中で松陰の弟子たちは何もできないもどかしさにあった。そんな中で晋作に藩命により上海へ ...
〔NHK大河ドラマ〕花燃ゆ 第19回「女たち、手を組む」感想  第二部「激動の幕末編」スタート (しっとう?岩田亜矢那)
今週からいよいよ第二部「激動の幕末編」スタート。 舞台は京都へ移るから、もう完全に文はいらんよね。 で先週登場した伊原剛志の坂本龍馬はどこ行った? 更にビックニュースが どぶろっくのギターの方が島津久光を どぶろっくのつるっぱげのエロい方が一橋慶喜を演じ....
【 花燃ゆ 】第19回 「女たち、手を組む」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
高杉晋作(高良健吾)が上海へ視察に行くことが決まり、文(井上真央)は、 晋作から幼い新妻の雅の相手を頼まれ翻弄される。 文の夫・久坂玄瑞(東出昌大)は朝廷に攘夷を働きかけるため、塾生たちを 集めて京都に向かおうと計画する。 留守を守る文は無事を祈って...
大河ドラマ「花燃ゆ」 #19 女たち、手を組む (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
打っていたデータが壊れたので、簡単に。
花燃ゆ 第19回「女たち、手を組む」見まし... (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
遅い時間に失礼しております。時間も無いので たたたっと感想を書かせてくださいませ。松陰先生の遺志を継ごうとする塾生たちとそのせいで苦労する家族、特に女性たちが描かれてま...
「花燃ゆ」 第19回、女たち、手を組む (センゴク雑記)
大河ドラマ「花燃ゆ」。第19回、女たち、手を組む。 久坂たちが動き出します。 その裏で女たちは苦労しているという話ですかね。 (久しぶりの感想ですが視聴はしていました)
吉田松陰、松浦亀太郎の号を選びて松洞となすこと(井上真央) (キッドのブログinココログ)
なぜ・・・長州藩家老・根来主馬の武家奉公人で絵師の松浦松洞(亀太郎)が京で自刃しなければならなかったのか。 実はドラマではその経緯をじっくりと描いている。 萩・松本村の魚商人の子、亀太郎が絵師を志す途中で吉田松陰の門下生となり、そのコネクションで長州藩士...
「花燃ゆ」 第19回「女たち、手を組む」~?テロ容認作品?になってしまった…… (平成エンタメ研究所)
 久坂(東出昌大)は、周布(石丸幹二)に訴える。 「松浦亀太郎の死を過ちを犯した一介の魚屋の死として葬るんか。  それとも、長州のために命をなげうった志士の死と認めるんか」  <過ちを犯した一介の魚屋>とやんわりした表現を使っているが、要は<テロリスト>...
【花燃ゆ】第18、19回感想と視聴率「女たち、... (ショコラの日記帳)
第18回(5/3)「龍馬!登場」の視聴率は、10.2%(関東)。統一地方選で放送時間が前倒しされた第15回(9.8%)に次ぐ低視聴率でした(汗)第19回(5/10)「女たち、手を組む」は、それより上がって11.1...