レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

フラジャイル 第6話

2016年02月17日 23時01分59秒 | 2016年ドラマ


「患者からのSOS!!主治医を変えたい母親二転三転する診断から赤ん坊の命を救え!!」

内容
セカンドオピニオンに対応する、診療相談外来を担当する事になった病理診断科。
きっと我慢出来ないだろうと森井(野村周平)細木(小雪)
岸(長瀬智也)と宮崎(武井咲)が担当するのだが、
案の定、岸は、半日も持たず、相談室から病理診断科へ戻ってきてしまう。
呆れかえる佐田(津田寛治)中熊(北大路欣也)

そんななか、須藤由美(赤間麻里子)が娘・玲奈(村上穂乃佳)とやってくる。
度々薬が変わっていることを不安に感じているようだった。
岸に押しつけられ、説明に困る宮崎。そこに中熊が現れる。
親子の様子を見ていた中熊は、ある事に気付き。。。。。

翌日、梅木みゆき(山崎紘菜)が、紹介状を持たず、相談外来に現れる。
息子・悠太が急病で入院したのだが、次々と変わる診断。医師の説明に、
どうして良いか分からないという。
宮崎も、詳細が分からず、
担当医から紹介状をもらってきて欲しいと伝えるしかなかった。

再び、病院を訪れたみゆきは、担当医、奈良井巧(篠井英介)に紹介状を依頼。
だが。。。。

敬称略

 

今回は、ほぼ無駄話が無かったですね。

パターン化されていた、いつもの部分。。。宮崎部分も

物語に取り込まれているし。

意外と良い上司の岸と中熊ですね。


岸のらしさ、中熊のらしさ。。。そして“ルール守らない医者”宮崎。

それぞれの特徴を活かした物語に仕上がっていますね。

ほんと、仕上げてきたと思います。


っていうか、凄い結末だね。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相棒season14 第16話 | トップ | ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 ... »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
フラジャイル #06 (ぐ〜たらにっき)
『患者からのSOS!!主治医を変えたい母親   二転三転する診断から赤ん坊の命を救え!!』
フラジャイル「患者からのSOS!!主治医を変えたい母親二転三転する診断から赤ん坊の命を救え!!」 (のほほん便り)
冒頭、のんびりと、セカンドオピニオンなどに対応する診療相談外来を受け持つことになるのですが、変人・岸京一郎(長瀬智也)には「半日ともたない」と予言した細木まどか(小雪)の通りになり、業務を、すっかり宮崎智尋(武井咲)におしつけて退席 相談外来を提案し...
フラジャイル (第6話 15分拡大・2016/2/17) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系・『フラジャイル』(公式) 第6話 / 15分拡大『患者からのSOS!!主治医を変えたい母親二転三転する診断から赤ん坊の命を救え!!』の感想。 なお、 原作・草水敏、恵三朗「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」は未読。 岸(長瀬智也)と宮...
フラジャイル 第6話 (ドラマハンティングP2G)
第6話「患者からのSOS!!主治医を変えたい母親二転三転する診断から赤ん坊の命を救え!!」2016.2.17 OA 壮望会第一総合病院、病理診断科はその存続のため、セカンドオピニオンなどに対応する診療相談外来を受け持つことになる。医師の岸京一郎(長瀬智也)と宮崎智尋(...
「フラジャイル」6、7 ☆☆☆ (ドラマでポン)
確証のない治療で、患者が危険にさらされる話が続けて2話。6話は乳児。原因は推測だけど、移植しましょう同意書書いてね。って間に実は、赤ちゃんは栄養失調だっただけで治って ...