レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

キャリア~掟破りの警察署長~ 第2話

2016年10月17日 00時13分11秒 | 2016年ドラマ


「DV夫を華麗に成敗!!」
内容
金志郎(玉木宏)の発案で、子供たちを対象にした見学会が開かれる。
そんな折、デスクの上の捜査報告書に目が止まる。
“女性の悲鳴が聞こえたという通報”に関してだった。

一方、署内を案内していた実里(瀧本美織)は、
ひとりの少年が、“コレでオオカミオトコ捕まえられる?”と口にする。
その直後、少年・友樹(松浦理仁)は、手にした手錠で、
金志郎と南(高嶋政宏)を繋げ、鍵を飲み込んでしまうのだった。

待つしか無い状態だったが、金志郎は悲鳴の通報が気になって仕方がなかった。
そこで通報してきた女性を署に呼び、話を聞くことに。
女性の話では、隣人の大鳥家の中から聞こえたと。
それは、友樹の家だった。

そのころ、南は、殺人事件を追っていた。
殺された社長愛人。弁護士は。。。。

同じ頃、実里は、友樹の母・真理恵(霧島れいか)に会っていた。
度々、夫・大鳥敦彦(飯田基祐)から電話があり、妙な印象を受ける実里。
真理恵の怯え方を見て、暴力を受けているのでは?と感じ取る。

敬称略


状況が状況と言う事もあって、

金志郎が、“何かを感じ取り”“部下になんとなく指示”という描写が

いくつもありましたね。


たしかに、署長が刑事の様に動き回るのも悪くないと思うのだが。

実際、2サスでは、そういうシリーズもありますしね!

ただ、どうしても、それだけでは既視感があるのだ。

署長という肩書き以外は“普通の刑事モノ”でしかないからだ。

それでは個性が無く、今作らしさは、生まれてこない。


じゃあ、何をすべきか?

それを、どこに置くか?何にするか?が、

らしさに繋がっていくのは、言うまでもありません。


個人的には。

これだけ、多くの俳優をキャスティングしていること。

それも、刑事が多いこと。

そして主人公に設定されている署長という立場。

もちろん、偶然だとか、裏で捜査だとか。。。方法はあるんだけど。

俳優という部分を考えれば、描かない方がオカシイ。

となると、

やはり。。

自分も動くが、周りも動かす。。。しかないハズなのだ。

そう。主人公も描き、脇も描く、しかありません。


今回は、前回よりは、そのあたりがシッカリ描かれているので、

普通に楽しめる、普通の刑事モノに仕上がっている感じですね。

で。。。一応、遠山金志郎らしさも、最低限で盛りこんでいるし。


今回だけイレギュラーの可能性もあるのだけど、

“カタチ”には、なってきた。。。。かな。

あとは、

もっともっと、金志郎で魅せることを考えて欲しいですね。


ウラがクセがありすぎるので、

まだまだ、可能性はあると思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜劇場『IQ246~華麗... | トップ | レンタル救世主 第2話 »

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
キャリア~掟破りの警察署長~「DV夫を華麗に成敗!!」 (のほほん便り)
こちらは、わりと単純明快な痛快劇で、きっちり溜飲が下がるので、見易かったです。それに、軽いコミカルな味付けも、ポイントかな?なまじ弁護士で、インテリ・DV夫が、きっちり......
キャリア~掟破りの警察署長~ (第2話・2016/10/16) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系・『キャリア~掟破りの警察署長~』(公式) 第2話『DV夫を華麗に成敗!!』の感想。 金志郎(玉木宏)は南(高嶋政宏)と手錠でつながれてしまう。署内見......
キャリア~掟破りの警察署長~ #02 (ぐ~たらにっき)
『DV夫を華麗に成敗!!』