レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

あさが来た 第100回

2016年01月28日 07時44分36秒 | 2016年ドラマ


内容
銀行設立へ向けて動く加野屋に、亀助(三宅弘城)が帰ってくる。
平十郎(辻本茂雄)雁助(山内圭哉)亀助を交え、
設立の詳細を決めていくあさ(波瑠)榮三郎(桐山照史)
するとそこに、新次郎(玉木宏)が謡から帰ってくる。
一瞬、飽きれたあさだったが、
実は。。。紡績工場の発起人という話があると新次郎が話し始め。。。。

敬称略


平十郎、雁助、亀助で、ちょっとしたコント。

前回の情報提示のおかげで、“渋沢”を連呼しても、

詳細を描かなくても、時間の無駄遣い感が無くなったのは、

ホント良いことですね。

“ドラマ”だけでなく“コント”まで、描くことが出来る時間が出来てしまった。

かなり強引だったけどね。


だが、今回の新次郎も含めて、

あさ、新次郎のキャラ、人間関係を、それとなく描いていく効果は大きい。

あそこで人間関係を語ったことで、

“次”以降に設立する“大学”にも、無理なく繋がっていくし。

詳細を見せないことで、ほんとうに登場したときにインパクトを生み、

ドラマティックに仕上げることも出来ますしね。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒガンバナ~警視庁捜査七課... | トップ | スペシャリスト 第3話 »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あさが来た (第100回・1/28) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第17週『最後のご奉公』『第100回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一して...
NHK朝ドラ【あさが来た】 第100回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
銀行設立を進める加野屋に亀助(三宅弘城)が戻ってくる。ふゆ(清原果耶)との間に娘がいることを楽しそうに話す亀助に雁助(山内圭哉)は…。新次郎(玉木宏)は、尼崎で紡績事業を進めようとしているという話しをするとあさは…。加野屋では、銀行になると住み込みか、...
渋沢登場>『あさが来た』第100話 (何がなんだか…ひじゅに館)
亀助さん、大阪に帰る …と思ったら 銀行設立の打ち合わせに来ただけ 少し前、炭鉱でのシーンで 大阪に帰りたいって呟いていたよね でも、「綺麗な卵」の様な子供も生まれ ふゆちゃんとの家庭がしっかりと確立し幸せイッパイの今 場所なんて何処でも良い? ...
渋沢登場>『あさが来た』第100話 (もう…何がなんだか日記)
亀助さん、大阪に帰る…と思ったら銀行設立の打ち合わせに来ただけ少し前、炭鉱でのシーンで大阪に帰りたいって呟いていたよねでも、「綺麗な卵」の様な子供も生まれふゆちゃん...
「あさが来た」 第17週 最後のご奉公 第100話 (トリ猫家族)
 あさ(波瑠)がうめ(友近)に雁助問題の話をしようとしていたら・・・ あのかわいい老犬(ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ あんまりだろ!)の喜助はん(三宅弘城)が現れました。 現行設 ...