レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

Dr.倫太郎 第10話(最終回)

2015年06月17日 22時57分01秒 | 2015年ドラマ


「一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択」

内容
倫太郎(堺雅人)は、診察に訪れた夢乃(蒼井優)の話で、
夢乃と明良の人格が1つになり始めていることに気付きはじめる。
そんななか、ついに。。。倫太郎は、一線を越え、夢乃を抱きしめてしまう。
その姿を目撃した水島(吉瀬美智子)らは愕然とする。

だが一方で、自宅謹慎を命じられた倫太郎は、明良と過ごすことで、
夢乃と明良の統合が、徐々に進みつつあることを感じとる。
そんななか、るり子(高畑淳子)が無銭飲食で逮捕されたという連絡を受け、
身元引受人として、明良は警察へ。

同じ頃、新病院開業が取りやめになってしまったことで円能寺(小日向文世)は、
すべてを倫太郎のせいだと言い始める。。。

敬称略


なんていうか。。。。

ほぼ、全編エピローグ。。。。でしょうか。

確かに、“連ドラ”だし。

それは正しい選択でしょうけど。


あまりにベタすぎて、スッキリしたような、しないような(苦笑)


簡単に言うと、

今作らしさというか、今作が描こうとしていた医者の物語が、

本当に描けているのか???ということである。

きっと、今回の話の倫太郎のギャップこそが、

今作が描こうとしていた部分なのだろう。

でも。。。。


終わりよければすべてよし。。。って言いたいところだけど。

困ったね。

フワフワした浮ついた印象しか残らなかった。

悪いとは思いませんが、

テーマを絞り込めなかったことが、全体の構成に影響を及ぼした。

そんな感じか。
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警視庁捜査一課9係(10)... | トップ | まれ 第70回 »

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Dr.倫太郎 #10 最終回 (ぐ~たらにっき)
『一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択』
Dr.倫太郎 最終回「一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択」 (のほほん便り)
それなりに最終回で、フィニッシュしたけれど、主演の、今が旬な堺雅人を筆頭に、豪華な名脇役達が、ちょっともったいなかった感ですよね。軸をなしていた、夢乃問題… 夢乃と明良の人格が1つになり始めて、治癒されつつある傾向が救いだったかな? 求愛は玉砕こそした...
Dr.倫太郎 (第10話 最終回・6/17) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
日テレ系『Dr.倫太郎』(公式) 第10話/最終回『一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択』の感想。 倫太郎(堺雅人)は、治療者としてではなく、一人の男として明良(蒼井優)のことを愛していると思うようになる。そんな中、るり子(高畑淳子)が...
Dr.倫太郎 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
倫太郎(堺雅人)は医師としての一線を越えて、夢乃という別人格を持つ明良(蒼井優)を抱き締めます。 倫太郎はスキャンダルの一件で自宅謹慎を命じられて、明良と一緒に穏やかな時間を過ごします。 モフモフくんと一緒に走る、走る♪ その内、明良の解離してい...
Dr.倫太郎 第10話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
#10「一番大切なものとは?人生をかけた最後の選択」2015.06.17 医師としての一線を越え、夢乃(蒼井優)を抱きしめた倫太郎(堺雅人)。 スキャンダルの一件で自宅謹慎を命じられた倫太郎は、明良とともに穏やかな時間を過ごすうち、明良の解離されていた人格が統合され...
ようこそ、わが家へ&戦う!書店ガール&心がポキッとね&Dr.倫太郎最終回感想 (NelsonTouchBlog)
すでに続々と最終回ラッシュ(汗)全然書けてなかったので、曜日ごとに追って最終回感想をまとめて書いていこうと思いました・・。
こころに抱えたもの・・・ (笑う社会人の生活)
ドラマ「Dr.倫太郎」を見ました。 日テレにて 水曜10時からやってました 精神科医を主人公にした物語で、1話完結型で患者の話が軸となりつつ 後半は倫太郎 自身のストーリー、夢乃との関係が大きくなり見せていく この精神病というテーマがなかなか難しいとは思うけ...