レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

あさが来た 第80回

2016年01月05日 07時49分12秒 | 2015年ドラマ


内容
ついに、亀助(三宅弘城)は、ふゆ(清原果耶)に問いかける。
ほんとうに、それで良いのかと。
2人の様子を見ていたあさ(波瑠)は、ふゆに想い人がいると知る。

そんななか、ふゆの父・日野彦三郎(上杉祥三)が、
山本(山本浩司)とともに加野屋へとやってくる。

一方で、久々に大阪へとやって来た五代(ディーン・フジオカ)

敬称略

 

五代友厚が主人公では無いので、仕方ないですが。

五代の功績も。。。。セリフですか。。。。

まあ、主人公でさえ、中途半端なので、

脇役だから、この程度だと言えば、この程度ですが。

ほんと、“だからこそ”

主人公が活躍すれば、その活躍が際だち、

ドラマとして面白くなるのにね!


結局、この調子で、ず~~~~~~~~~~~~~っと!?

今作を、見れば見るほど“女傑”に思えなくなっていくと思います。

“朝ドラ”だから、詳細は横に置いておいて、ある程度で良いとしても。

でもね。。。。女性の奮闘、活躍を描くことも

“朝ドラ”の面白さじゃ無いのかな???????

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あさが来た 第79回 | トップ | あさが来た 第81回 »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あさが来た (第80回・1/5) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第14週『新春、恋心のゆくえ』『第80回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 番頭の亀助(三宅弘城)は、思いを寄せるふゆ(清原果耶)に縁談について問いかける。思いが揺...
NHK朝ドラ【あさが来た】 第80回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
番頭の亀助(三宅弘城)は、思いを寄せるふゆ(清原果耶)に縁談について問いかける。思いが揺れるふゆ。あさ(波瑠)はドキドキしながら見守り、亀助をなんとか応援したいと考え…。そんなある日、ふゆの父、彦三郎(上杉祥三)が縁談を決めた男をつれて加野屋にやってく...
「あさが来た」 第14週 新春、恋心のゆくえ 第80話 (トリ猫家族)
「これは私だけの力ではないんです。 商法会議所は最初は驚くほど皆に反対されました。 あささんみたいに、すぐに「お手伝いします」なんて言うてくれる人は、 ホンマまず、いて ...
コントロール>『あさが来た』第80話 (何がなんだか…ひじゅに館)
ふゆちゃんのお父さん 凄く厳格な人なのかと想像してたら 軽っ!(笑) …ひじゅにですが何か? 「あんたの事を思てるからや!」by亀助 聞くところによると ふゆちゃんの中の人 13歳 亀助さんの中の人 48歳 初期の頃は 新次郎&あさの年...
コントロール>『あさが来た』第80話 (もう…何がなんだか日記)
ふゆちゃんのお父さん凄く厳格な人なのかと想像してたら軽っ!(笑)…ひじゅにですが何か?「あんたの事を思てるからや!」by亀助聞くところによるとふゆちゃんの中の人 13歳亀...