レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

HERO(2014)第11話(最終回)

2014年09月22日 22時27分20秒 | 2014年ドラマ

「前代未聞の裁判員裁判!久利生検事生命をかけた決断正義の為の最終決戦」

内容
特捜部の応援をすることになった久利生(木村拓哉)だったが、
明らかな不備を見つけてしまい。。。。応援は終了。

一方、南雲尊之(加藤虎ノ介)を殺人容疑で調べていた田村(杉本哲太)は、
南雲が、現場付近で発生している傷害事件に関わっている可能性に気づく。
詳細を調べ直していくと、15年前の傷害事件が始まりだと判明。
連続傷害事件を引き起こしていたことがわかってくる。
だが、初め事件は、別の容疑者が逮捕、起訴され、懲役三年の判決を受けていた。
そのことから、事件は冤罪だった可能性が浮上する。
当時、起訴をしたのは元検事の国分秀雄(井上順)だった。

南雲についている弁護士が、松平(羽場裕一)ということもあり、
苦悩する川尻(松重豊)だったが。。。起訴を決断する。
やがて、南雲の第1回公判が開かれる。
久利生が読み上げた公訴事実について、南雲は否認。正当防衛を主張する。
すると久利生は、南雲の証言を逆手にとりつつ、
周辺で起きていた傷害事件について発言し、
南雲による連続傷害事件と主張、追及するのだった。
別の事件が審理対象にならないことを、裁判官は注意するのだが、
久利生は、同一人物による犯行の可能性があり、追起訴する予定であると告げる。
それによって、かつての事件で冤罪があったことが、明らかになっていく。

そのころ、城西支部の面々は、過去の事件の再検証を始めていた。
いくつかの事件については、起訴材料は揃ったのだが、
15年前の事件だけは、田村が国分に協力を求めるが、拒絶されてしまっていた。
城西支部の面々が、何度も説得へ向かっても、協力を拒絶。
その態度に怒った末次(小日向文世)は、口走ってしまう。

末次“法律が、どうとかじゃないでしょう
   人として、どうなんだって話なんですよ。これは!”

だがその後、開かれた公判で、
松平により、弁護側証人として国分を申請されてしまい、窮地に陥る城西支部。

敬称略



そこそこ面白いので、ガマン出来ますが。

鍋島、鍋島って。。。。それで引っ張るのは、さすがにどうかと思いますよ。

そう考えると。さすがに30分延長は、長かったかもね。


そこはさてき。

前後編の後編となった今回の最終回。

若干、引き延ばしの印象もありますが、

全般的に、久利生らしさ。。。“HERO”らしさがあり、

面白さはあったと思います。


ただ、気になってしまったのは。

前述の鍋島。。。。

それと、特捜部の部分ですね。

たしかに、世界観を表現するには、良い感じだと思うのですが。

これ、盛り込まなくても、

連続通り魔事件と冤罪で、十二分に楽しめましたよね??

ってか、

2時間サスペンスなら、2時間で描く内容である。

そんな風に考えると、30分が特捜。。。。。。!?

ってことないし。。。。どちらかといえば、45分くらい占めていたような。。。

ま、どっちでもいいか。


とりあえず、らしく終わった。。。そんな感じ。


しっかし、今までも感想で書いてきたが。

エンジンかかるのが遅かったよね。

それさえなければ、+5くらいか。

変な言い方だが、《HERO》が消えている部分がありましたから。

ほんとは、再構築なのだから、

あえて。。。《1》と書いておくが。

前作《1》の序盤のように、描いた方が良かったかもしれません。

ただ、そうなると、立場が違う人が3人。。。いや、4人いるので。

その扱いが、難しくなるかもしれませんが。

でも、出来たと思うのになぁ。。。。


そういや、大人の事情で、映画作る気、満々のようですが。

映画に繋がらないSPくらいやってからにして欲しいモノです。

そのときは。。。。誰かひとりくらい《1》からゲストで。。。。
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花子とアン 第151回 | トップ | 花子とアン 第152回 »

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
HERO #11 最終回 (ぐ~たらにっき)
『前代未聞の裁判員裁判!久利生 検事生命をかけた決断 正義の為の最終決戦』
ドラマ「HERO2014」第11話(最終回)あらすじ感想... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
真実のための最終決戦-----------!!う~ん。正直な感想を言えば、優等生すぎて面白みには欠けたかなぁと。もっとなんかどんでん返しが欲しかったよ。なんか予想通りの展開すぎて「や...
ドラマ「HERO 2014」 第11話(最終回) あらすじ感想「正義のための最終決戦!」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
真実のための最終決戦-----------!! う~ん。 正直な感想を言えば、優等生すぎて面白みには欠けたかなぁと。 もっとなんかどんでん返しが欲しかったよ。 なんか予想通りの展開すぎて「やっぱり」ってオチだったし、新鮮さがなかったからなぁ。 丁寧だし纏まりは...
「HERO」真実の追及した先に真実を証言する法廷で元検事は自らの過ちを認め本当に起訴すべき被告に無期懲役の判決が下された (オールマイティにコメンテート)
「HERO」最終話は殺人容疑で送致されていた被疑者を久利生は冤罪の可能性がありながらもそれを承知で起訴して裁判に持ち込まれた。しかし肝心の事件を起訴した元検事は証言を求めて ...
「HERO」第11話(終) (日々“是”精進! ver.F)
通販番組の人、逮捕… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409230000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版 [ 木村拓哉 ]価格:19,758円(税込、送料込)
HERO(2014)最終回「前代未聞の裁判員裁判!久利生、検事生命をかけた決断・正義の為の最終決戦」 (のほほん便り)
最終回、というか、最終章は、特に前後編の延長と長かったので、賛否両論あったみたいですが、いかにもヒーローらしかったなぁ、と感じました。よく合間のショットに映し出される、天秤をもった女神像が象徴的で…それにしても、問題のリタイアした元検事、国分秀雄(井上...
HERO[2014] (第11話 最終回・9/22) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系『HERO[2014]』(公式) 第11話/最終回(30分拡大版)『前代未聞の裁判員裁判!久利生、検事生命をかけた決断・正義の為の最終決戦』の感想。。 口論相手を刺殺した南雲(加藤虎ノ介)の裁判が始まる。南雲と弁護士の松平(羽場裕一)は正当防衛で...
逃れられない罪と彷徨う罰を追いかけて司法試験(木村拓哉) (キッドのブログinココログ)
女事務官を必ず女検事にしてしまう男検事の話である。 寄り添いたいのではなく・・・本人になりたいという欲望はある意味、変態的だが・・・そこがいい。 真実は時に残酷なものである。 天寿を全うしようが・・・軍用機による爆撃で飛散しようが・・・死んだ人間の無残さ...
HERO 2014 最終回 (ぷち丸くんの日常日記)
殺人容疑で送致された南雲(加藤虎ノ介)は、過去に同じような傷害事件を犯していたと見られ、そのうちの1件では、別の容疑者が起訴され、刑罰が確定した後に病死していました。 検察の冤罪の可能性がある中で、南雲の第1回公判が開かれます。 裁判に臨んだ久利生(...
HERO 第11話(最終話) (ドラマハンティングP2G)
「前代未聞の裁判員裁判!久利生、検事生命をかけた決断・正義の為の最終決戦」9.22 ONAIR 最終話 30分拡大。夜10時24分まで放送   特捜部の捜査から外された久利生公平(木村拓哉)が、麻木千佳(北川景子)と戻った城西支部は揺れている。殺人容疑で送致された南雲...
【HERO(2)】最終回(第11話)感想と視聴率(2014年版) (ショコラの日記帳・別館)
【最終話の視聴率は、9/24(水)追記予定】 「前代未聞の裁判員裁判!久利生検事
【HERO(2)】最終回(第11話)感想と視聴率(2014年版) (ショコラの日記帳)
【最終話の視聴率は、9/24(水)追記予定】「前代未聞の裁判員裁判!久利生検事生命をかけた決断正義の為の最終決戦!」前回、15分拡大で、最終話、30分拡大でした。今期、視聴率の低い...
HERO最終話(9.22) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
通り魔事件の裁判を担当することになった久利生@木村拓哉は 被疑者南雲@加藤虎ノ助が過去にも通り魔事件を起こしていたことを提起、 そのうちの1件は別の男が犯人として起訴された後死亡していることから マスコミからも注目される裁判となる。 過去の事件を検証したい...
HERO 最終話:前代未聞の裁判員裁判!久利生、検事生命をかけた決断・正義の為の最終決戦 (あるがまま・・・)
スッキリ~♪(* ̄ー ̄)vヤッタネ!! 雨宮、そしてハリセンボンはるかの登場はあるのか?と期待の最終回! 2人とも出番は無かったけど、満足のいく最終回、そして今シリーズで ありました。 13年ぶりの久利生くんは、相変わらずの通販好き、そしてラフな服装もそのままで...