レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

刑事7人(3)第一話

2017年07月12日 22時00分34秒 | 2017年ドラマ


『開戦』
『警視庁最強のスペシャリストたちが帰ってくる…!』
内容
臨海エリアに片桐正敏(吉田鋼太郎)が中心に第11方面本部の設置が検討され、
準備室が作られた。
捜査一課12係の沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)青山新(塚本高史)
そこに機動捜査隊の天樹悠(東山紀之)
未来犯罪予測センターの山下巧(片岡愛之助)
そして東都医大の堂本俊太郎(北大路欣也)の参加が予定される。

そんななか、臨海エリアの倉庫で、天樹が、4人の遺体を発見する。
片桐の指示で、沙村達も動き始める。
直後、不審者を見つけた天樹が、追跡を開始するが。。。。。逃亡をゆるす。

その後の調査により、容疑者として桜田春樹が浮上する。

敬称略


脚本は、真野勝成さん

監督は、及川拓郞さん

 

ついに、第3弾である。


基本的に、ベタな刑事モノですので、

描いているコトなどは、それほど代わり映えはないだろう。

ただし、今シーズンが、大きく違うのは。

縦軸に“敵”を据えることにしたと言う事だ。

で、それが、天樹の過去に関わっていく。。。。。。らしい。

そういうことだそうだ。


たまには、そういうパターンもアリでしょう。

それが、吉と出るか。。。。そこが、今作に評価に繋がるのは、言うまでも無い。


気になったことは、大きく2点。

ひとつは、前述の設定を盛りこんだためか、

微妙に見せ方が違ってきていること。

このあたりは、慣れ次第かな。


で、2つ目は、結局。。。同じ部署の同僚にしたこと。

そう。結局。。。ですね。

これ、《2》で、もっとも、不自然さを生みだしていた原因ですので。

当然と言えば、当然ですね。

実際、“チーム”の印象が強くなり、捜査に一体感が生まれてきました。

 

さて、どうなるかなぁ。。。。

すでに、“こういうドラマじゃ無かったんじゃ?”という雰囲気がありますから!

延長ってこともあって、かなりグダグダだし。


次回に期待かな

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひよっこ 第87回 | トップ | 水曜ドラマ『過保護のカホコ... »

2017年ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。