レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

あさが来た 第89回

2016年01月15日 07時43分26秒 | 2016年ドラマ


内容
騒ぎが大きくなる中、五代(ディーン・フジオカ)が大阪へ戻ってくる。
そして商法会議所に商人を集めて謝罪、会頭辞任を告げるが、商人達は納得せず。
すると、あさ(波瑠)は、なぜ五代を信じる事が出来ないのかと商人を責める。
そして五代にも、説明して欲しいと詰め寄るのだった。
答えに窮する五代。そこへ新次郎(玉木宏)がやってくる。

敬称略


新次郎「よう分からん」

と言っていたわりに、商人達に説明が出来るって!?

ある意味、先週に引き続き、新次郎の凄さが見えたところだろうか。

で、榮三郎の成長も。


っていうか、なんだか。。。。“〜新喜劇”を見ているような展開で(笑)

まあ、今作らしさを登場人物を。。。商人を含め、それらを上手く組み合わせて、

表現したと言うべきかな。

都合が良すぎるのは、ドラマだから、こういうものだ。

なにせ、6日のうち、4日しか、物語が表現されていませんからね。

都合良く進まなければ、何一つまとまらない!

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナオミとカナコ 第1話 | トップ | わたしを離さないで 第1話 »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あさが来た (第89回・1/15) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第15週『大阪の大恩人』『第89回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと...
NHK朝ドラ【あさが来た】 第89回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
大阪に戻った五代友厚(ディーン・フジオカ)は、あさ(波瑠)、榮三郎(桐山照史)をはじめ商人たちに大阪商法会議所に集まってもらう。五代は、商法会議所の会頭を辞任すると言うが、訳を聞かないと納得できないし、もう信用できないと口々に言う人々。あさは、これまで...
手締め>『あさが来た』第89話 (何がなんだか…ひじゅに館)
昨日 「(新次郎さんの)話術…ちゅーか、知性や洞察力や冷静さ(?)が 五代さんのためにも用いられるかも?」 なんて書いたら まんまの展開だしたな!? 何か最近 まんまが多い気がする『あさが来た』 あれ? 前からだったっけ? …ひじゅにですが何か...
手締め>『あさが来た』第89話 (もう…何がなんだか日記)
昨日「(新次郎さんの)話術…ちゅーか、知性や洞察力や冷静さ(?)が五代さんのためにも用いられるかも?」なんて書いたらまんまの展開だしたな!?何か最近まんまが多い気が...
「あさが来た」 第15週 大阪の大恩人 第89話 (トリ猫家族)
 今日も今日とて、子供達のおままごとから目が離せない新次郎はん(玉木宏)・・・ 「お父ちゃん」千代(中川江奈) 「ん?何だす?」新次郎 「何でだす?お父ちゃんは何で働 ...