レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

極悪がんぼ 第壱話

2014年04月14日 22時05分24秒 | 2014年ドラマ

「人生どん底女が挑む、喧嘩上等、極悪ワールド!」

内容
恋人・茸本和磨(三浦翔平)の悪事に荷担してしまった神崎薫(尾野真千子)
働くアルバイト先で、怒突工事(中野英雄)のカードを利用し金を奪ってしまう。
だが、バレてしまい怒突に200万払えと迫られ、誓約書に署名。
ファミリーレストランに呼び出され、払うよう迫られるが、
茸本は逃げ、薫に、そんな金が払えるわけが無かった。
するとそこに、経営コンサルタントを名乗る男がやってくる。
金子千秋(三浦友和)と夏目大作(竹内力)だった。
直後、巻上輝男(宇梶剛士)が、矢敷聡美(夏菜)を連れてくるのだった。
金子は、薫と聡美に札束を見せ、これを渡せば、誓約書を取り戻せると説明。
返す当てもない2人は借用書にサインし、金と交換で誓約書を取り戻せた。

が。。。2人は、金子に連れられ、小清水経営コンサルタント事務所へと。
所長の小清水元(小林薫)がいたことで、
金子は、真矢樫キリコ(仲里依紗)の店に2人を連れて行き、交渉を始める。
提示されたのは、ある島でのコンパニオン。。。。

アパートに戻った薫と聡美。
すでに、茸本の姿もなく、涙する薫。
と、そこに小清水経営コンサルタントの冬月啓(椎名桔平)がやってくる。
2人を助けるというが、
提示されたのは、亀津井太郎(勝村政信)との偽装結婚。。。

敬称略


原作は未読。

ですが。。。田島隆&東風孝広さんが原作だと聞けば、

“そういう作品”だと、即座に理解しました。


脚本が、誰かでは無く。。。世界観が独特ですからね。

それだけで、十分である。


そして、この俳優陣。

個性派と言っても過言では無い、尾野真千子さんが、

その個性が薄れるほどの、超個性派揃いのキャスティング!

よくもまぁ、“月9”で、放送したよなぁ。。。って感じですね(笑)



最終的に、“どこかで見た”展開になっているのだけど、

そこは、良いです。

そういうものだから。


それなりに、楽しけりゃokでしょう。


あ。。。ちなみに。

今回の話を見ていて、言葉の説明テロップだけじゃ無く、

“犯罪行為です”ということを

《ウシジマくん》のようにテロップで流すかと、期待して見ていましたよ。

次から次へと。。。だったからね。

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホワイト・ラボ~警視庁特別... | トップ | 花子とアン 第14回 »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

極悪がんぼ #01 (ぐ~たらにっき)
『人生どん底女が挑む、喧嘩上等、極悪ワールド!』
極悪がんぼ #1 感想 (なんでもあり~な日記(カープ中心?))
あっという間に4月ですな!!!(遅い 溜まってる感想アップしていかなきゃですな(゜∀゜) 極悪がんぼ STORY1 月9っぽくなくて面白かったです~! 夜11時くらいにしてじっくりや ...
「極悪がんぼ」金から逃れられない女1男運に見放され多額の借金を背負った薫は裏社会で生きる覚悟をした (オールマイティにコメンテート)
「極悪がんぼ」は裏社会で多額の借金を背負った女が裏社会で犯罪まがいの行為で多くのターゲットから金を回収して行く極悪ストーリーである。借金したくてしたい人はいないが、金 ...
ドラマ「極悪がんぼ」第1話あらすじ感想「人... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
新しい月9の登場----------!!ってことで、今までにはない毛色の作品を登場させた月9。恋愛ものが鉄板だっただけに、この選択が吉と出るか!?ですけど、ドラマの出来としては私的...
ドラマ「極悪がんぼ」 第1話 あらすじ感想「人生どん底女が挑む、喧嘩上等、極悪ワールド!」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
新しい月9の登場----------!! ってことで、今までにはない毛色の作品を登場させた月9。 恋愛ものが鉄板だっただけに、この選択が吉と出るか!?ですけど、ドラマの出来としては私的には面白かったと思うけど世間に評価はどうでしょうね。 法的にもすれすれな所....
カーネーション(尾野真千子)と純と愛(夏菜)をダブルでえげつなく極悪がんぼ(仲里依紗) (キッドのブログinココログ)
「ナニワ金融道」「カバチタレ!」そして「極悪がんぼ」は独特の主題で共通世界を形成している。 それは「この世は金である」ということである。 しかし・・・「金」とは何か・・・という哲学から・・・「金を得るためにはどうすればいいか」という手引きまで・・・様々な...
ホワイト・ラボ一話&極悪がんぼ一話感想 (NelsonTouchBlog)
■ホワイト・ラボ一話 思っていたよりなかなかよかった。やばいなあ、月曜またふたつかよ。こんな時間になっちゃうよ。。 出演メンバー、その役割分担が、明確に分かれているので捜査内容が理解しやすい。テンポもよくてノリもよかった。科学捜査班という雰囲気もちゃん...
【 極悪がんぼ 】第1話 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
カタにはめられるのはこれが最後よ。 これからは、きっちりカタにはめたるわ! 極悪がんぼ 第1話      「新しい月9」とか、「こんな月9は見たことない」とか宣伝されているが、 どのチャンネルのどの枠だろうが見る方にとってはどうでもええ話。 ...
極悪がんぼ「人生どん底女が挑む、喧嘩上等、極悪ワールド!」 (のほほん便り)
また、月9さん、思いっきりのチャレンジ精神できましたね。テンポもコミック・ティストだし、第一、架空の金暮市(かねくれし)というネーミングからしてユーモラスですキャスティングも、バラエティ豊かで、豪華。(個人的には、三浦友和の金髪姿に驚いた。頑張れ、夏菜...
極悪がんぼ (第1話・4/14) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ系『極悪がんぼ』(公式) 第1話 初回15分拡大『人生どん底女が挑む、喧嘩上等、極悪ワールド!』の感想。 なお、原作漫画(原作:田島隆氏、作画:東風孝広氏)は未読。 薫(尾野真千子)は同僚で恋人の茸本(三浦翔平)のトラブルに巻き込まれ多額...
極悪がんぼ (Akira's VOICE)
初回の感想 
極悪がんぼ 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
フリーターの神崎薫(尾野真千子)は、元カレ・茸本和磨(三浦翔平)のせいで、一緒にお店をやろうとしていた資金を騙し取られてしまいます。 和磨はその穴埋めを何とかしようと、怒突(中野英雄)のクレジットカードを偽装してお金を作ってしまい、このことがバレて、...
【極悪がんぼ】第1話プチ感想と視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
「人生どん底女が挑む、喧嘩上等、極悪ワールド!」 初回(第1話)視聴率は、13.