レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

水曜ドラマ『母になる』第2話

2017年04月19日 22時48分27秒 | 2017年ドラマ

内容
児童福祉施設からの連絡で駆けつけた結衣(沢尻エリカ)
そこには、9年前3歳で誘拐され消息不明となった息子・広(道枝駿佑)がいた。
広を抱きしめる結衣。ようやく、明るいモノを見え始めるのだった。

一方、児童福祉司の木野愁平(中島裕翔)は、陽一(藤木直人)を訪ねるが、
緒野琴音(高橋メアリージュン)に追い返されてしまう。
そこで、愁平は、柏崎里恵(風吹ジュン)を訪ねるが、
琴音から連絡を受けた西原太治(浅野和之)に追い払われてしまう。

その後、再び陽一を訪ねた愁平は、広が施設にやって来たのは2年前だと告げる。

敬称略

 

さて、本格的に始まった今回。

物語としては、“再構築”になるのだろう。

ま。。。結末が、どこかは分かりませんが。


う~~~ん。。。

前回と同じで、丁寧さは感じるんだけどね。

でも、この丁寧さは、

扱っているネタがネタなので、“丁寧”というよりも“慎重さ”なのでしょう。

だから、ドラマとして考えると。

丁寧な描写として感じ取れるという一方で、

その展開の遅さに、奇妙な違和感を感じてしまうのだ。


奇妙な言い回しだが。

石橋を叩いて。。。いや、叩きすぎて渡っている感じだ。

そのせいで、

“いま何を描こうとしているのか”が、ハッキリと見えないということだ。


たとえば、“手紙”

今回の序盤で登場したのに、引っ張る、引っ張る。

当然、“もう一人の母”についても、引っ張ってしまっている。

そう。

すでに、視聴者は、前回を見た時点で、ある程度以上把握しているのだ。

だからこそ、この引っ張りは、かなり逆効果。


そう。だから感じるのだ。

結局、“いま何を描こうとしているの?”と。


極論を言えば、母と子の交流そして、父、祖母との交流を描くだけで、

この程度のネタなら、ドラマとして成立するのだ。

なのに、わざわざ、いろいろ盛り込み、引っ張るモノだから。。。。。

そうでなくても。

母と父は、何らかの理由で、離婚しているのである。

それだけで、十二分にドラマになるのに。


今回を見て、感じたのは1つ。

色々なコトを盛りこもうとする意図が、悪影響を及ぼしはじめている。

ってことである。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警視庁捜査一課9係(12)... | トップ | ひよっこ 第16回 »

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「母になる」母10年の空白2結衣は陽一と共に麻子からの手紙を読み広が結衣を他人と...... (オールマイティにコメンテート)
「母になる」第2話は広と10年ぶりに再会した結衣だったが、10年間の空白の時間はあまりにも色々な現実に直視しなければならなかった。結衣は10年間子供のいない生活をしてきた事に......
【母になる】第2話 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
沢尻エリカ、藤木直人、中島裕翔、道枝駿佑、高橋メアリージュン、藤澤遥、望月歩、浅野和之、板谷由夏、風吹ジュン、小池栄子… この記事のコメントやトラックバックはこち......
母になる 「愛しいわが子と再び暮らせる!育てた母が送った衝撃の手紙」 (のほほん便り)
結衣(沢尻エリカ)、陽一(藤木直人)夫妻は、誘拐事件後、破綻して、陽一は引きこもりがちの生活を送っていたのですね。そこまでダメージが大きかったとは… お気の毒に。そこ......
母になる (第2話・2017/4/19) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
日本テレビ系・水曜ドラマ『母になる』(公式) 第2話『愛しいわが子と再び暮らせる!育てた母が送った衝撃の手紙』の感想。 結衣(沢尻エリカ)は児童福祉司・愁......