レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

お義父さんと呼ばせて 第3話

2016年02月02日 22時53分53秒 | 2016年ドラマ


「激突!カレvs父」

内容
誕生日まで5日の美蘭(蓮佛美沙子)
父・紀一郎(渡部篤郎)は、家族だけで誕生会をすると言い始める。
それは、保(遠藤憲一)を排除することを意味していた。
早速、紀一郎は、真理乃(新川優愛)に美蘭を説得しろと命じる。

一方、保は、先日の大失態に落ち込んでいた。
様子のおかしい保に気付いた部下に、悩みを打ち明けたところ、
強気で行くべきと。。。そこへ、紀一郎から呼び出しの電話がかかってくる。

敬称略


微妙にピントがずれてるね。

そもそも、

父と恋人が同い年であることが、面白味なんでしょ?

その部分で楽しませようとしないで、

それ以外の部分で、楽しませようとするなんて。。。。意味が分からない。

それでいて、物語自体も、2人が同時に存在しない部分も多いし。

おかげで、何を描こうとしているかが分からなくなり、ブレまくってるよ。

まあ、おっさん2人で良いのか?という究極の問題は存在するが、

そういうドラマを作ったのだから、しかたない。

一部を除き、コミカルな印象は無いけどね!

やはり真面目すぎ。


全体的に、前回までよりは、多少マシだけど。

完全に破綻しかけていますね。

2人の対決だけを描けば良いだけじゃ無いのかな???????

今回の話が、そういう方向に進む“始まり”なら、良いんだけど。

可能性はあると思うだけに、

調整。。。いや、修正されることを期待します。


パーツは悪くないのになぁ。。。。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダメな私に恋してください ... | トップ | あさが来た 第105回 »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
お義父さんと呼ばせて #03 (ぐ~たらにっき)
『激突!カレvs父』
お義父さんと呼ばせて「激突!カレVS父」 (のほほん便り)
なんと、主役のエンケンさん、役者人生で初めて「愛してる」という台詞を言ったんですってね。ブラボー。 これまた可愛いおじさん達が楽しませてくれます 今回は、美蘭(蓮佛美沙子)の誕生日にまつわる、エトセトラ 保(遠藤憲一)の裸踊りの動画を、家族に見せ...
お義父さんと呼ばせて 第3話~「みいちゃん、愛してる!」「バカァ、あたしも!」 そしてギックリ腰(笑) (平成エンタメ研究所)
 男というのはいつまでたっても<子供>である。  保(遠藤憲一)と紀一郎(渡部篤郎)はスポーツクラブで壮絶バトル!  保が勝てば、美蘭(蓮佛美沙子)の誕生日会に参加できる。  種目は、  ランニングマシーン!  腹筋!  水泳!  ボルタリング!  ガキだな~...
お義父さんと呼ばせて (第3話・2016/2/2) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
フジテレビ・関西テレビ系・『お義父さんと呼ばせて』(公式) 第3話『激突!カレVS父』の感想。 紀一郎(渡部篤郎)は、5日後の美蘭(蓮佛美沙子)の誕生日を家族だけで祝うと宣言。その日までに、美蘭と保(遠藤憲一)に結婚を諦めさせようと意気込み...
「お義父さんと呼ばせて」2、3 ☆ (ドラマでポン)
加齢臭が…お肌がカサカサ…と出るたびに、お互い様の旦那とつっつきあいながら楽しく見ています(>▽<)でも純粋にドラマとしてみるならいまひとつ楽しくありません。予告や設定 ...