レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

火曜ドラマ『カルテット』第10話(最終話)

2017年03月21日 22時49分14秒 | 2017年ドラマ


「最後のまさか…さよならドーナツホール」
内容
警察に出頭した真紀(松たか子)
それにより、“カルテットドーナツホール”は終わってしまう。

1年後、別府(松田龍平)家森(高橋一生)すずめ(満島ひかり)は、
新しいバイオリンとして大橋絵茉を招くが。。。。
3人は、それぞれの道を歩み始めていた。


敬称略


最後まで、坂元裕二ワールドでしたね。

もう、どこに落としてくるのか、全く見えない状態で(笑)

 

それにしても、

今作って、よく、ここまで走りきりましたよね。

そもそも、

坂元裕二さんの作品は、独特の雰囲気と展開で、

好みの差が大きく現れる作品なのである。

そう。ハードルが高い!


しかし、今作。

雰囲気を残しつつ、ハードルを下げず、

。。。踏み台を用意してきた。。。っていう感じでしょうか。

そう。

ハードルは高いんだけど、

演出と俳優により、ハードルを越えやすくしてきたのだ。

正直、この方法。

個人的には、目から鱗が落ちた感じ。

独特の雰囲気を薄くしないって言うのは、ほんとうに凄いことです。


ここ数年だけで考えても、

話題性のある作品を、いくつも生み出してきているのだが。

しかし、独特の雰囲気を残しまくった作品は、

その特殊な設定などが話題になっても、

ハードルが高すぎて、万人受けしない状態だった。

まあ、
《Mother》のように、意外な方向へと進んでいった作品もありますけどね!

今作にしても、万人受けしているとまでは、いいませんが。

馴染みやすかったのは事実。

そうなったのは、演出と俳優の力なのは、間違いない。

ほんとうに、よく頑張った作品だと言えるでしょう。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« べっぴんさん 第141回 | トップ | べっぴんさん 第142回 »

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カルテット (第10話/最終回・2017/3/21) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBS系・火曜ドラマ『カルテット』(公式) 第10話/最終回『最後のまさか…さよならドーナツホール』の感想。 真紀(松たか子)はカルテットのメンバーの元へは戻らず、......
カルテット #10 最終回 (ぐ~たらにっき)
『最終回に最後のまさか…さよならドーナツホール』
カルテッド 最終話~四人が最後に到達した居場所と境地。それは自由で楽しくて、みぞ...... (平成エンタメ研究所)
 テーマはオーソドックスなものだった。 <居場所探し> <何かが欠けている者どうしの共感>  主人公たちの心の変化もあった。 <プロの演奏者としての成功から趣味の演奏者へ......
カルテット (Akira's VOICE)
最終回とまとめ
カルテット 最終話 (ぷち丸くんの日常日記)
罪を償うために、真紀(松たか子)は警察に行きました。 司(松田龍平)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)は、ずっと真紀を待っていました。 真紀は、マスコミから面......
「カルテット」~最終回 ☆☆☆☆ (ドラマでポン)
大団円、ホッとしましたね。受験生の娘が、これだけは見続けていた連続ドラマ。毎回あまりにあんまり盛りだくさんで、感想など書くことを放棄しつつ見守ってきた3ヶ月でした。 ......
アリスとリスとレモンとパセリとコーヒーとミルクと死と乙女と黒と白とグレー(松たか子) (キッドのブログinココログ)
変則的な「精霊の守り人II 悲しき破壊神」と「おんな城主 直虎」を除くと2017年の冬ドラマのレギュラー・レビューもこれで終わりである。 珠玉の名作がラストを飾るのもなかなかに清......