レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

クロコーチ 第1話

2013年10月11日 23時13分23秒 | 2013年ドラマ

『三億円事件~昭和最後の謎!!45年前の完全犯罪に悪徳刑事が挑む…犯人は生きていた』

内容
45年前の昭和43年。。。。3億円が奪われる事件が発生した。

そして。。。平成25年
とある場所に、呼び出された黒河内圭太(長瀬智也)
そこにいたのは、県会議員の郷田文吾(石丸謙二郎)。。そして。。。女の死体。
「人殺すの初めて?後は俺に任せといてよ」
いろいろと作業をしながら、金を要求する黒河内。。。。。

翌朝、神奈川県警捜査一課の牛井孟(小市慢太郎)課長は、
布袋善治郎(長谷川朝晴)の布袋班の磯村哲也(川村陽介)
坪倉太一(遠藤要)嶋光男(金子賢)らとともに殺人現場にいた。
そこに警察庁から出向してきたばかりの警部補の清家真代(剛力彩芽)が現れる。
真代は、過去10年分の捜査資料を暗記していることもあって、
様々な情報をつぶやき、面々を唖然とさせる。
殺されたのは、桜木町グロリアのホステス赤松里奈だった。
その直後、県議会議員・郷田と里奈が写っている写真シールが見つかる。
容疑者。。。。かと思われたが、
そこに県警捜査二課の黒河内がやってくるのだった。
郷田の裏金を捜しにやって来たと告げる黒河内。
昨夜も、現場となった部屋を訪れ、郷田を揺さぶっていたという。
そこには、愛人の里奈もいたと。。。。証言。

その後、捜査本部が設置され、捜査一課だけでなく、
政治家絡みと言うことで、捜査二課もいた。
そんななか真代は、本部長の堂島則行(風間杜夫)
監察官の薬師寺誠(大地康雄)、管理官の五島要(東幹久)から、
“県警の闇”といわれる黒河内が疑惑の中心にいると告げられる。
その監視も兼ね、課をまたいでコンビを組むよう命じられてしまうのだった。

明らかに高価な車に乗る黒河内に驚く真代。
それからすぐ、様々な場所で、いろいろなモノを受け取っていく黒河内。
やがてそれが金田と気づいた真代は、告発すると言い始めるのだが、
すると。。。黒河内は、里奈殺しの犯人を教えると言い始め、
あるホテルの一室へ。。。。そこには、椅子に縛られた郷田がいた。
郷田が犯人だと告げた上で、
黒河内は、県知事・沢渡一成(渡部篤郎)と
沢渡の元秘書である県議・橋本俊治(小木茂光)郷田の3人の関係を話し始める。
そして8年前のウエブデザイナー遠山宗司一家3人殺害事件
と同時期に起きた女子高生、金本真美殺害事件という2つの未解決事件に、
沢渡が関係している可能性が高いと。。。。。。

黒河内からの、まさかの告白に困惑する真代。。。。

敬称略


原作は当然未読。

脚本は、いずみ吉紘さん

演出は、渡瀬暁彦さん

もしかしたら。。。この2人、手を組むの初めてかな??


そこはともかく


政治家達の弱みを握り、ゆすりなどを平然と行い続けるひとりの刑事。

県警の闇。。。。と言われる男が、未解決事件を解決していく。。。。

ということらしい。


よくある凸凹コンビモノだし、一種のダークヒーローモノ

まあ、お話次第では、かなり楽しめるかもしれません。

もちろん、

こう言った話の好みってのは、ありますけどね。

あ!どこかで見たような。。。ってのも、横に置いておきます。


今回を見た限りでは、脚本、演出。。。それぞれの“らしさ”が出ていて、

結構楽しめた感じかな。



『ドラマ』 ジャンルのランキング
トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごちそうさん 第11回 | トップ | 都市伝説の女Part2 第1話 »

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クロコーチ #01 (ぐ~たらにっき)
『三億円事件~昭和最後の謎!!45年前の完全犯罪に悪徳刑事が挑む…犯人は生きていた』
「クロコーチ」第1話 ホントはおまえ そんな顔じゃねえんだろ? (バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る))
誰が善で 誰が悪かは それは自分で判断するしかないと 私たちは知る
クロコーチ (第1話・10/11) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBSテレビ『クロコーチ』(公式) 第1話『三億円事件~昭和最後の謎!!45年前の完全犯罪に悪徳刑事が挑む…犯人は生きていた』の感想。 なお、チャード・ウー氏とコウノコウジ氏の原作漫画『クロコーチ』は未読。 神奈川県警捜査二課で選挙違反などを担当す...
クロコーチ (AKIRAのドラマノート)
初回の感想 
おもらしゲット! (虎党 団塊ジュニア ブログ 弐号機)
『MASTERキートン』、『20世紀少年』 『BILLY BAT』等で知られる漫画家 浦沢直樹のブレーンである長崎尚志が リチャード・ウー名義で原作を担当し 『週刊ヤングマガジン』に連載された 『アウト・ロー』のコウノコウジが作画で 『週刊漫画ゴラク』に連...
クロコーチ一話&都市伝説の女2一話感想 (NelsonTouchBlog)
■クロコーチ一話 一話はかなり面白い出来栄えでした。主人公の変人だけど、とてつもなく優秀な刑事という役柄がぴったしはまってた長瀬智也。今時そういえばこの丈のスカートみなくなったよなという姿の剛力彩芽。刑事ものとしてのスリル、人の裏側の部分とか、結構初回...
新ドラマ「クロコーチ」第1話 (日々“是”精進! ver.F)
おもらし… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310120002/ 【送料無料】クロコーチ(1) [ コウノコウジ ]価格:620円(税込、送料込)
【クロコーチ】 第1話 初回感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
まあ、実は僕ら目指すところは同じなんですよ。 3億円事件。 誰が善で誰が悪かは自分で判断するしかないの。 僕を告発するか。 それとも見逃すか。 これからよぉく考えていってね。 クロコーチ 第1話      クロコーチって…人の名前だったん...
クロコーチ 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
ホステスが殺害される事件が起きます。 どうやら、県会議員の郷田(石丸謙次郎)が愛人の女性を撲殺したらしい・・・ そこへ現れたのは、神奈川県警捜査2課の刑事・黒河内圭太(長瀬智也)でした。 黒河内は、どうやら郷田と裏取引をしたようですが・・・ ホ...
クロコーチ「三億円事件~昭和最後の謎!!45年前の完全犯罪に悪徳刑事が挑む…犯人は生きていた」 (のほほん便り)
それにしても、長瀬智也、ピュアピュア「はらちゃん」や、二面性を顔芸で演じ分ける「マイ★ボス マイ★ヒーロー」から、「タイガー&ドラゴン」「うぬぼれ刑事」まで、実に多彩に楽しめせてくれる俳優さんに成長しましたね。 原作は、原作は、未解決事件は有力者が雇っ...
【クロコーチ】初回(第1話)感想と視聴率 (ショコラの日記帳)
【初回視聴率は10/15(火)追加予定】「三億円事件~昭和最後の謎!!45年前の完全犯罪に悪徳刑事が挑む...犯人は生きていた」「クロコーチ」というのは、主人公の名前・黒河内(長瀬智也...
【クロコーチ】初回(第1話)感想と視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
【初回視聴率は10/15(火)追加予定】 「三億円事件~昭和最後の謎!!45年前
「クロコーチ」1 ☆☆☆☆ (ドラマでポン)
こんな警察はイヤだー(><) あの恐喝もこの監禁も、8年前の未解決事件2件を明るみに出す為。と、いいながらやりたい放題の黒河内刑事(長瀬智也)。清原選手の弟みたいになっち ...