レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

真田丸 第4回

2016年01月31日 18時43分05秒 | 2016年ドラマ

『挑戦』
「真田徳川初対決〜敵は本能寺」

内容
天正十年。織田信長(吉田鋼太郎)に謁見するため
信繁(堺雅人)を連れ、諏訪へと入った昌幸(草刈正雄)
すでに入っていた信濃国衆の室賀正武(西村雅彦)から、詫びるしか無いと。
場合によっては。。。と覚悟を決める昌幸。

そんななか、昌幸、信繁は、徳川家康(内野聖陽)と遭遇する。
かつて昌幸により辛酸を嘗めた家康は。。。。

そのころ真田の里では、松(木村佳乃)が作兵衛(藤本隆宏)梅(黒木華)と
妙な動きをしているのを見かけた信幸(大泉洋)は、問い正そうとする。
きり(長澤まさみ)の機転で、難は逃れる。
実は、松、、、夫・小山田茂誠(高木渉)を匿っていたのだ。
信幸は、作兵衛に注意するが。。。。。。

そして昌幸は、家康、滝川一益(段田安則)を交えた、
信長、その嫡男・信忠(玉置玲央)による、裁きの場へと。。。

敬称略

 

草刈正雄vs内野聖陽

も、面白かったのだが。

丁寧にドラマが描き込まれているのが良いですね。

シリアスな部分だけでなく、コミカルな部分も、シッカリ描かれ

“今作らしさ”が見えた今回の話ですね。


特に驚いたのは、ここで、明智光秀を混ぜることで、

信繁に信長の姿を見せたことであろう。

で。。。。そういう話に。。。


分かっていたことだけど、思い切りましたね。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手裏剣戦隊ニンニンジャー46+... | トップ | 家族ノカタチ 第3話 »

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い4昌幸は信長との会談で見事に信長の心を掴んで真田家存続を成功させたが本能寺の変で再び形... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第4話は昌幸は信長と面会するために信繁を引き連れて諏訪に来ていた。その前に家康と対面し過去の因縁を絡めながら交渉の席で火花を散らす。そんな中信忠が ...
大河ドラマ「真田丸」 #04 挑戦 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
信長のところに出向いた昌幸と信繁。
大河ドラマ「真田丸」第4回 (日々“是”精進! ver.F)
龍のような目を持つ男… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601310001/ NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック [ 服部隆之 ]価格:3,240円(税込、送料込)
真田丸 第四回「挑戦」 (事務職員へのこの1冊)
第三回「策略」はこちら。前回の視聴率は初めて下降して18.3%。うーん、よくわからないな。あんなに面白かったのに。速報を久しぶりに熟読して、むかしの視聴率オタクとしてはやはり色々と面白かった。スマスマの30%超えは一種のイベントなので当然。「あさが来た」の...
真田丸 第4回「挑戦」 (あしたまにあーな)
前回までで信長に会う手はずが整った昌幸。信長に会うためにも熾烈な戦があることを今回目のあたりにすることが出来ます。信繁とともに信長の本陣に向かった昌幸にまず待ち構えていたのが家康との神経戦。昔三方ヶ原の戦いでぼこぼこにされた家康は昌幸のことをしっかりと...
〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第4回「挑戦」感想 ラスボス織田信長登場も、即死! (しっとう?岩田亜矢那)
真田昌幸と徳川家康の、 「キツネとタヌキの化かし合い」 お互い、先刻承知なのに、 平気な顔でボケた振り。 きっどさん、まだまだこれが出来ないんだな〜。 そんな虚々実々の駆け引きなんぞ、 一瞬に消し飛ばしてしまう、 吉田鋼太郎演じる、ラスボス織田信長の登場。 ...
「真田丸」4 ☆☆☆ (ドラマでポン)
あれれ、まだ小山田義兄ってご近所で匿っていたんですか?朝寝をする間に逃げろと言われてたのに……(><)そのピンチを『女子会です!』と切り抜けちゃうキリに大笑い。更に、 ...
【真田丸】第4回 「挑戦」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
昌幸(草刈正雄)は信繁(堺雅人)とともに、織田信長(吉田鋼太郎)との面会に向かう。 織田の本陣で、信繁はのちに生涯をかけて争うことになる徳川家康(内野聖陽)と運命的な出会いをする。 少しでも有利な条件で織田家臣になろうと真田家は策略をめぐらせるが、そこ...
真田丸「挑戦」 (のほほん便り)
まったく、この物語。序盤は、昌幸(草刈正雄)劇場ですね 織田に送った書状と、上杉に出した書状の件で、ネチネチ問われるのですが、鷹揚に構えて、ああ言えばこう応え、納得させる手腕は見事でした。さすが策士! 信繁(堺雅人)の垣間見た、信長(吉田鋼太郎)の...
真田丸 第4回「挑戦」〜昌幸VS信忠、家康、信長、その壮絶な戦いと駆け引き! (平成エンタメ研究所)
「これもひとつのいくさである。父の戦いぶりをしかと目に焼きつけておけ」  というわけで始まる昌幸(草刈正雄)のいくさ。  最初の敵は、徳川家康(内野聖陽)。  <武藤喜兵衛>をめぐるやりとり。  昌幸としては、自分が<武藤喜兵衛>だとは言えないんですよね...
真田丸 第4話「挑戦」 (昼寝の時間)
公式サイト 昌幸(草刈正雄)は信繁(堺雅人)とともに、織田信長(吉田鋼太郎)との
安土城へゆけ(堺雅人)金柑頭を叩いてみれば逆心謀反の音がする(吉田鋼太郎) (キッドのブログinココログ)
国家が制度であるとすれば階級は不可分の成分である。 戦国時代が下剋上と呼ばれるのは身分制度の存在を前提にしている。 室町幕府では天皇を頂く朝廷と足利将軍の支配する武家が庶民を支配していたわけである。 幕府崩壊によって・・・群雄割拠した戦国大名の時代は終焉...
真田丸、松は福の神?? (函館 Glass Life)
命がけの就活に出かけた昌幸と信繁 三方ヶ原の戦いでは散々に打ち負かされた家康が、ねちっこく昌幸に迫ってきます しかし、昌幸には勝算があったようです 徳川に内通していた穴山梅雪は降伏した後処刑された小山田信茂の事もあり内心 気が気でない様子でしたね その...
真田丸 第4回「挑戦」簡単ですが感想です。 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
まずは、ブログでもプロフでもコメントを下さった方々、ありがとうございますm(__)m今しばらくそのままにしてしまうのをお許し下さいませm(__)mで、今日ラストは大河感想ですが。いや、...
大河ドラマ 真田丸 第4回  感想 (架空と現実の雑記帳)
おちゃらけた場面が多々入る真田丸ですが、織田と上杉宛の2通の書状を巡る昌幸と織田信忠・徳川家康とのやり取り、特に家康との化かしあいは、しらばっくれたりカマをかけてみたりと、見応えありました。
【真田丸】第4回感想と関東・関西視聴率「挑戦」 (ショコラの日記帳・別館)
「挑戦」 第4回の関東の視聴率は、前回の18.3%より下がって17.8%。最低視
【真田丸】第4回感想と関東・関西視聴率「挑... (ショコラの日記帳)
「挑戦」第4回の関東の視聴率は、前回の18.3%より下がって17.8%。最低視聴率でした(^^;)落ちたとはいえ、今のところ、まだ視聴率、高いです(^^)関西と北海道の視聴率は、ま...