レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

あさが来た 第103回

2016年02月01日 07時47分09秒 | 2016年ドラマ


『ようこそ!銀行へ』

内容
設立した加野銀行は順調で、支店を増やすまでになっていた。
その手腕から、あさ(波瑠)は、実業家として名をはせ、全てが順調。
だったはずだが。。。。唯一の頭痛の種は、娘・千代(小芝風花)
顔を合わせれば、あさと千代のふたりはケンカばかり。
新次郎(玉木宏)は、呆れかえるが。。。

敬称略


順調に加野屋。..時代が変化していますね。

で、それらをナレーションを交えつつ、見せて、魅せながら。

“朝ドラ”らしいホームドラマですね。


間違いなく面白いのですが。

なんていうか。。。。フワッとした印象が(笑)

新次郎がいるから良いようなモノの。

主人公あさ。。。実業家の姿が、どうも中途半端で。

緊張感がなければならないのに、

ホームドラマが強すぎるのである。

あちらが立てば、こちらが。

こちらが立てば、あちらが。

難しい選択の時を迎えつつあるようですね。

今後のための設定などは、先週までで、ほぼ全て盛り込み済み。

あとは、スタッフ。..特に脚本家の腕の見せ所である。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族ノカタチ 第3話 | トップ | いつかこの恋を思い出してきっと... »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あさが来た (第103回・2/1) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第18週『ようこそ!銀行へ』『第103回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一...
世代の違い>『あさが来た』第103話 (何がなんだか…ひじゅに館)
“新しい女性”あさに対し 千代ちゃんは昔返り? …と思ってたら あの気の強さ ポンポン言う反抗ぶりは 寧ろ現代に近い Don't trust over thirty.の時代? つーか 新人類ちゅーヤツ? ってことは 千代ちゃんもまた“新しい女性”!? …ひじゅにですが...
世代の違い>『あさが来た』第103話 (もう…何がなんだか日記)
“新しい女性”あさに対し千代ちゃんは昔返り?…と思ってたらあの気の強さポンポン言う反抗ぶりは寧ろ現代に近いDon'ttrustoverthirty.の時代?つーか新人類ちゅーヤツ?って...
「あさが来た」 第18週 ようこそ!銀行へ 第103話 (トリ猫家族)
 時は1891年(明治24年)になっております。 『加野銀行は堺や神戸などに支店を増やし順調に成長していました』  女実業家として目立つ存在のあさ(波瑠)は新聞の取材を受け ...
NHK朝ドラ【あさが来た】 第103回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
加野銀行が順調に成長し、あさ(波瑠)は新聞に取り上げられる程、実業家として知られるようになっていた。そんなあさのことがおもしろくない娘の千代(小芝風花)は、あさとけんかばかりしていた。新次郎(玉木宏)はそんなあさと千代のことを心配に思って…。あさは加野...