レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

あさが来た 第99回

2016年01月27日 07時45分13秒 | 2016年ドラマ


内容
ある日のこと、あさ(波瑠)は、雁助(山内圭哉)の姿を見かけ、
先日の雁助、うめ(友近)のことを思い出す。

その後、新しくなった加野屋の経営は順調だった。
銀行設立への向けての準備も、平十郎(辻本茂雄)の協力で整いはじめていた。

そんな折、あさは娘・千代(鈴木梨央)を伴い、
新次郎(玉木宏)とともに東京の父・忠興(升毅)のもとへ。

そのころ、榮三郎(桐山照史)は、雁助の噂を聞き。。。。

敬称略


エピソード自体は、無駄なものを省きつつ、

盛り込まなきゃならないモノをシッカリ盛り込み、

かなり良く作られているとは思うのですが。

。。。。どれだけ、“回想”を盛り込むんだよ!!

さすがに、ここまで盛り込むとは思っていなかったので、

びっくりぽん!

まあ、“回想”だけじゃなく、盛り込んだモノは多いけどね。


大雑把に言えば、

3分の2が終了の今作。

“次”へ向けての準備を整えていかなきゃならないのだが。

ここまでの情報を、良く盛り込んだよね。

 

ジャンル:
きいて!きいて!
トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お義父さんと呼ばせて 第2話 | トップ | 相棒season14 第13話 »

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あさが来た (第99回・1/27) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第17週『最後のご奉公』『第99回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一してい...
NHK朝ドラ【あさが来た】 第99回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
あさ(波瑠)の努力で、加野屋の炭坑事業は、順調に伸びていた。あさは平十郎(辻本茂雄)の協力を得て銀行設立の準備を進めていた。そして、あさは新次郎(玉木宏)と娘の千代(鈴木梨央)と東京の父、忠興(升毅)の祝賀会に行く。千代を見た忠興は…。あさは銀行の神様...
心躍る業務>『あさが来た』第99話 (何がなんだか…ひじゅに館)
月・金・水と五代さん回想シーンが… 五代ロスな視聴者への気遣い? 五代人気をまだまだ利用しようとの算段? …ひじゅにですが何か? 「心躍る業務が沢山待ってます」by平十郎 五代さんの言葉を胸に躍進する加野屋。 加野商店設立。 炭鉱の拡大...
心躍る業務>『あさが来た』第99話 (もう…何がなんだか日記)
月・金・水と五代さん回想シーンが…五代ロスな視聴者への気遣い?五代人気をまだまだ利用しようとの算段?…ひじゅにですが何か?「心躍る業務が沢山待ってます」by平十郎五...
「あさが来た」 第17週 最後のご奉公 第99話 (トリ猫家族)
 さて、猫をかわいがっていた雁助はん(山内圭哉)・・・ 抱っこして台所へ連れていきましたぞ。 どうやらいつもこの野良猫に餌をあげているらしい。 「また猫に餌やってまし ...